【ゲーム:カードフラッグス】

【カードフラッグス】


反射神経系カードゲーム。
私が高校生の時に、学校で流行ったゲームの改良版。
休み時間にさっくり遊ぶことで、
良い眠気覚ましになった記憶があります。
子どもキャンプでも、トランプとペットボトルで
十分に白熱したバトルが楽しめるので、重宝しています。



トランプ×1組
ペットボトル×1個



2人~6人程度



ルール
●アバウトルール
 手札を1枚ずつ出していき、同じ数字が出ればフラッグを取る。
 手札が無くなったプレイヤーが勝ち。

●事前準備
 1)プレイヤーは円形に座ります。
 2)フラッグ(ペットボトル)を真中に置きます。
  *極端に小さな子が混じる場合は、
  *どのプレイヤーでも手の届く位置に調整してください。
 3)全てのプレイヤーにカードを均等に配ります。
  *配られたカードを見てはいけません。
  *余ったカードはフラッグの下に置きます。
 4)配られたカードをプレイヤーはシャッフルし、反時計回りのプレイヤーに渡します。
 5)受け取ったカードを裏返しにして山の状態で各プレイヤーの前に置きます。


●ルール
 0)一番最初は、最も年齢の若いプレイヤーがスタートです。
  *それ以後は、お手付きをしたプレイヤーがスタートです。
 1)手番のプレイヤーがカードを1枚出す。
 2)これを時計回りに繰り返す。
 3)同じ数字のカードが出たら、同じ数字同士でフラッグを取りあう。
 4)取り損ねたプレイヤーが場に出ている全てのカードを引き取る。
 5)手札の無くなった人の勝ち。

●その他
1)特殊カード
「K」
・「K」が場に出た場合、場に出ている全てのカードをフラッグの下に置きます。一度流れて、次のフラッグを取り損ねたプレイヤーが全てを引き取ります。

「Q」
・「Q」が場に出た場合、次にフラッグが取られるまでの間、次カードから「同じ数字」+「同じスート(マーク)」でフラッグを取らなければなりません。スートは4種しか無いのですぐに取る瞬間が回ってきます。

「J」
・「J」が場に出た場合、全員でフラッグを取りあいます。フラッグを取ったプレイヤーを除いて、最も手持ちカードの少ないプレイヤーが場に出ているカード全てを引き取ります。

「ジョーカー」
・「ジョーカー」が場に出た場合、「カードフラッグス」と言いながら全員で一斉にカードを場に出し、同じスート(マーク)同士でフラッグを取りあいます。4人以下プレイで取りあうプレイヤーがいなかった場合は再度行います。逆に取りあうプレイヤーが複数いた場合は、取りあったプレイヤー間で、「J」のルールに準じてカードの引き取り者を決めます。



●ゲームの特徴
・スピーディに行えば行うほど混乱します。大人同士でも白熱すること間違いなしです。プレイヤーの年齢が低い場合はルールを簡単にしたり、スピードを緩めることで十分に楽しめます。



●ゲームの感想
・プレイヤー間で力量に差がある場合は配慮が必要。(子どもキャンプの場合、小学校6年生と1年生では力量に差がありすぎるので・・・キャンプでは全員が楽しめるということを前提におこなっていますから)でも、ルールは分かりやすいので、小学1年生ぐらいの小さな子からでも十分に参加できますよ!



人気ブログランキングへ ←情報がお役に立てたら、ワンクリック!
by mikenekohanten | 2011-10-22 13:06 | 遊び