【門松】

1月2日晴れ・くもり



自然生態園のはゆです♪
新年も明け、自然生態園の入り口の【門松】も栄えます。

a0059328_23263873.jpg


門松は門扉に2つ飾りますよね(´・ω・`)
あれ、いつも不思議でした。
はゆのお家では祖父が「門松は2つ飾るものでは無い」と言い、
1つしか飾らなかったので、
何故、他の家で2つ飾るのか、不思議で仕方なかったのです(´・ω・`)

本当に1つしか飾ってはいけないのか?
何故、2つ飾るのか?
このお正月を機にちょこっと【門松】の由来について調べてみました。





 【門松】
 ~由来~
  その昔、中国では「長寿」を象徴する松をお正月に飾ったことが起源とされ、
  それが日本に伝わり、日本では天に延びる竹を添えて、
  新しい年を告げる神様が降りてきて安息所とした場所として
  お正月に飾られるようになった。

 ~木~
  松:「神を待つ」と掛けられ、一年中緑色の葉をつけることから長寿を意味する。
    地に大きく根を張ることから、神様がその地に腰を下ろす事を意味する。

  竹:天に向かい真っ直ぐ伸びる事から、誠実であることを現し、
    節が延々に延び続けることから、血の途絶えぬ、子孫繁栄を意味する。

 ~竹を斜めに切る理由~
  戦国時代の松平家(後の徳川家)が現在の形の原型を作ったと言われ、
  門松の松は松平家を意味し、門松の竹は宿敵の武田家を意味する。
  武田家を切り払う意味が込められ、
  竹を斜めに切られたのが始まりと言われるそうです。

 ~門扉に置く理由~
  元々、【門松】の門(かど)は庭園を表し、神が庭園に下りてくるための目印として、
  「庭園に松を一本植えるのが縁起物」としていたそうです。
  しかし、時代が経つにつれ、庭園のことを門(かど)と言わなくなり、
  「門(もん)に置く松」となり、神を迎え入れる目印として
  門扉に置かれるようになったと言う説があるそうです。

 ~門松を備え付ける日は26日から28日まで~
  門松はお正月のものと言うイメージがあり、
  近年31日備え付ける家も少なくないみたいですが、
  本来は「一夜飾り」と言われ行なってはいけないとされます。
  「神様が降りてくる場所を1日で作るなど、神様に対して失礼である」と言う事らしい。
  また、29日は「苦しみに待つ」「苦待つ」と言われ縁起が悪いとされるため、
  26日から28日の間に設置するのが一般的とされているそうです。

 ~笑う門には福来るの言葉の由来は門松~
  門松の竹を斜めに切るときに節を斜めに切ると、
  切り口が"▽"になり「笑顔」に見える所から
  門松を設置した家に対して「笑う門には福来る」と言うことわざが出来たそうです。

a0059328_23273864.jpg

(少し解りにくいですが、この門松も笑い顔になっています)
解り安い画像はこちらのブログ様の門松の写真です♪
 →murmur 2006 : 2006 門松





調べてみると、由来が一杯あることに驚き。
こんなに情報が出てくるとは・・・。
調べてみると、門松は元々庭に1本植わっている松の事だったのね。
でも、江戸時代には現在の門松の形式が出来ていたらしいし、
私の祖父はいつの時代の人なんだ・・・( ̄▽ ̄;)ヾ

a0059328_3551496.jpg






トラックバックさせていただきましたブログ様・リンク先。
 →murmur 2006 : 2006 門松とても可愛らしく、門松が笑っています♪
 →ヨシノブログ~Yoshi's Blog~ : ホイールで門松!面白門松でアイデア勝負★
 →Sabbathday's Page : 空もいっしょに門松。天まで門松っ!!!
by mikenekohanten | 2006-01-02 00:00 | 自然生態園風景