【ザリガニ:外来種が日本固有種を捕食 北大で実験-科学:MSN毎日インタラクティブ】

こんな記事を見かけた。

参照
 →
ザリガニ:外来種が日本固有種を捕食 北大で実験-科学:MSN毎日インタラクティブ

一度蔓延ってしまうと、「絶滅」させるのは難しい。
いや、絶滅させる事は簡単かも知れないけど、
特定の固種のみを絶滅させるのは無理なんだと思う。

なにより、ウチダザリガニ自体は何にも悪い事をしてない。
生きていく上で食べ物を食べている。
その時、効率良く枯れるものを食べているに過ぎない。

悪いのはやっぱり、持ち込んだ人間・・・なのかな。






貴重種となっているニホンザリガニ。
ウチダザリガニがどう言う経緯で日本に来たにせよ、
捕食関係で居なくなってしまうのなら、やっぱり自然の摂理なのかも。

なら、貴重種も外来種もまとめていなくならないように、
彼らの住みよい(彼ら自体の個数が少なくならないように)環境を壊さない事が、
一番均等の取れた保守方法な気がします・・・。

うーん、難しい。
by mikenekohanten | 2006-03-13 17:57 | 雑談