【ミヤマカミキリ】

7月16日 はれ


a0059328_20141685.jpg





にゃんぱち はゆです♪



今日は自然生態園の学習室にて・・・
子供達が「なんかおっきいムシがいる~」と騒いでいました。

「何だろう?」と、
私もその中に混じってみたのですが・・・

















a0059328_20141685.jpg


 【ミヤマカミキリ】深山髪切・深山天牛
  北海道から九州まで、日本全国で確認できる大型種のカミキリムシ。
  大きいものになると体長6cm程にもなる。
  くすんだ深緑色をし、胸部の背中にシワがあるのが特徴。
  捉まれると、大型のカミキリムシ特有の「ギィギィ」と言う威嚇音を出す。
  ただし、鋭い顎を持ち、噛み切る力も強いため掴む時は注意すること。

  成虫の食性はカブトムシやクワガタと同じく、
  クヌギなどの樹液を主にし、夜間に活動する。
  幼虫はクヌギやコナラ、クリなどの生木の中に寄生する。

  似た種にクワカミキリが居るが、
  触角の紋様や食性がクワやビワであることから区別がつく。

  名前の由来は
  "結髪を元結の所から切る魔力があるという想像上の虫"とされ
  "髪を切る虫"でカミキリムシと呼ばれる。
  (噛み切り、紙切りなど、由来には諸説がある)
  本種はクヌギやコナラなどを好むため、人里から離れた雑木林を好む。
  その姿から"深山に見られるカミキリ"でミヤマカミキリと呼ばれる。
  また、天牛と書く場合があるが、
  これは中国の漢名が元になり、そのまま当てられている。

  カミキリムシ科
  学名:Mallambyx raddei
  別名:山髪切(ヤマカミキリ)
  活期:夏

















まず・・・ムシ嫌いのはゆさん。

随分と克服してきたとは言え・・・
このサイズの昆虫には恐怖を覚えました・・・((((゜△゜;))))

大きさは軽く6cm

と言うと、小さく聞こえてしまいますが、
大型のカミキリムシは横幅も、広く、厚さもあるため、
想像以上に大きく見えるハズです・・・
そして、巨大な牙・・・

もう、恐怖で恐怖で・・・(⊃△⊂)
(でも写真に納めましたが)



予期せぬところでカミキリムシ第5段となっちゃいました( ̄▽ ̄;)ヾ
こんな大きな種もいるのですね・・・
by mikenekohanten | 2006-07-16 20:09 | 昆虫・生き物他