【イボクサ】

9月17日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



自然生態園の中はこの季節、
放棄された棚田のほとんどでミゾソバを観察する事が出来ます。
凄く多く広がってミゾソバ一色になることも多いのですが、
その中ミゾソバが広がる中で
ちょっと特異な形をした花が混じっている事があります。

















a0059328_2422621.jpg


 【イボクサ】疣草
  日本全土で生息が確認されている1年草。
  湿地を好み、水田や休耕田などで見る事が出来る。
  茎が株別れし、地面を這うように生えて淡桃色の花をつける。
  ツユクサの仲間であり、午前中に花を咲かせて午後には閉じてしまう。
  水田などではイネに巻きつくなどし、農家からは害草として認識されることが多い。

  名前の由来はその効能から。
  葉の汁をイボに塗ると、
  そのイボが取れると言われていることからイボクサと呼ばれる。
  ただし、その効能に関して実際の効果があるかは不明。

  ツユクサ科
  学名:Aneilema keisak
  別名:バカナス、疣取り草(いぼとりくさ)
  花期:夏~秋

a0059328_2551410.jpg

















凄く可愛いお花です(≧▽≦)
最初名前が解らなくて、お友達のしじゅうからさんに聞いたところ、
すぐに答えが返ってきました。

このお花も名前と花の可愛さ、可憐さが一致しないですよね( ̄▽ ̄;)ヾ

疣が取れる草でイボクサ。
こう言う効能があるとされているということは、
やはり水田の環境を好むところもあり、
人に近い位置での関係を持っていたのかも知れません(*゜―゜)





でも・・・
イボクサの効能、あまり効果は期待できないみたいです・・・