【ワレモコウ】

9月22日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



まだまだ日中暑い日が続きますが、
ゆっくりと秋めいた花が咲いてきました(・`ω´・)
秋を代表する花はいくつかありますが、
今回は少しへんちくりんな形の花を咲かせるワレモコウを激写♪

















a0059328_17502454.jpg



 【ワレモコウ】吾亦紅・吾木香
  日本全土に生息が確認されているバラ科の多年草。
  湿地の側や山地の草原などを好む。
  秋の頃に楕円の丸い花穂を付け、小さな花を上から順々に咲かせていく。
  若芽は食用になるという。

  名前の由来は諸説あるのだが、面白い説の一つに次の様なものがある。
  その昔、この花の花の色は何色であるのかを多くの人が論争したところ、
  赤、紫、茶色と様々な色が出て中々一つに決まらなかったと言う。
  しかしながら、紅の花とは言い難く、紅色では無いだろうと言う話しになった。
  するとどこからとも無く「我もまた、紅色だ」と言う声が聞こえた。
  議論していた人たちは「花が自ら紅色と言っている」と話し、
  この花は"自ら、我もまた紅色と言う花"だと、吾亦紅と名づけた。

  また、一般的には吾木香と呼ばれ
  木香とはインドではキク科の根を指し、木香に似た根をつける本種を
  吾(日本)の木香として吾木香と呼ぶと言われている。

  バラ科
  学名:Sanguisorba officinalis
  別名:我吾紅、吾亦紅,吾木香,我毛紅、割木瓜(読みはいずれもワレモコウ)
  花期:秋


a0059328_1811133.jpg

















自己主張のある花と言うのが名前の由来ですが、
中々面白い逸話が残っていますね(*゜―゜)

確か、"我も好う"なんて呼び方もするんですよね。
花言葉に"愛慕"とありますが、この言葉から来たのかも知れません(*´▽`*)