【アリさんの花便り・第14号】

【アリさんの花便り・第14号】・1月28日

自然生態園も、少しずつ春の気配を感じるようになってきましたが、
暖かくなるにはまだ少し先のようです。

a0059328_21495760.jpg


27日の南の台地では紅梅の花も咲き出し、タンポポの花をみることが出来ました。






【冬芽と葉痕】

冬になる前に葉を落とした樹木、葉の落ちた「あと」はどのようになっているのかな。
葉の落ちたあとは「葉痕」といい、木の種類によって形が違います。
いろいろな形の中には思わず笑ってしまうようなものも有ります。

a0059328_21521091.jpg

a0059328_21522596.jpg

a0059328_21523716.jpg

a0059328_21524791.jpg


春のために準備しているものに、冬芽があります。
冬芽と云っても既に夏頃から準備を始めています。
葉痕と冬芽の組み合わせも、ひと味違った感察の対象になります。

a0059328_21525976.jpg

a0059328_21531073.jpg

a0059328_21532396.jpg


写真のもの、貴方には何に見えますか。
2月のガイドウォークに参加して頂くと、出会うことが出来ると思います。 







管理人・はゆです♪

ニセアカシヤの"顔"。
はじめに見たときはトゲが宇宙人を連想させましたが、
中央の"顔"の部分だけを見ていると、おさるたんに見えてきますね(*´▽`*)
個人的にはニセアカシヤの4枚目の写真が・・・田中邦衛さんに見えます( ̄△ ̄;)ゞ

こうやって見ると、全部違う顔をしているんですね(*゜―゜)