【ヤブムラサキ】

6月5日 はれ


にゃんぱち はゆです♪




自然生態園では秋の頃になると、
紫色のキレイな実を付ける植物があります(*´▽`*)
名前をヤブムラサキと言って、ヤブの中からひょっこりと
紫色のキレイな実を出す植物だったりします。

今回は、その植物の花の頃の美しい姿を紹介ですっ!!!
















a0059328_2195797.jpg



【ヤブムラサキ】藪紫
 本州から九州にまで分布が確認されているクマヅツラ科の落葉低木。
 低山地の林のやや日陰を好む。
 初夏の頃に紫色の小さな花をいくつも付ける。
 葉は単葉で対生とし、不明瞭な鋸歯が見られる。
 葉の表は短毛、裏は星状短毛(短い毛のビロード)状になる。
 葉腋から花は初夏の頃に紫色の小さな花を付ける。
 花序にも毛が見られる。

 似た種にムラサキシキブと呼ばれる種があるが、
 本種には全体的に毛が多く見られるのに対し、
 ムラサキシキブにはそう言った短毛が見られない点で識別できる。

 名前の由来は実の色と、その形状から。
 冬になると、紫色の実を数多く付ける姿から紫重実(ムラサキシキミ)とされ、
 その音が転じて平安時代の女性作家の紫式部が当てられた。
 本種はその仲間の中でも、花や実の付が悪く、
 全体的に毛が見られる事から、ヤブの中のムラサキシキブという意味で、
 ヤブムラサキと呼ばれるようになる。

 クマヅツラ科
 学名:Callicarpa mollis
 花期:夏



a0059328_21395015.jpg


















秋の頃に色鮮やかに変化する実が特徴的で、
昔から日本人に愛されてきた植物だと言いますが、

中々どうして、

花も可愛らしいですよね♪



ちょっと毛深い感じがしますが、葉のビロード感などは個人的に好きです(*´▽`*)




ムラサキシキブとヤブムラサキの明確な見分け方は
上の記事の通りで"毛"ですが、
個人敵には、そのほかに、
ヤブムラサキは花を下向きに付けるような気がします。
名前の由来はもしかすると、「日を避ける花」で"ヤブ"なのかもとおもったりも(*゜―゜)