【アキノタムラソウ】

7月20日 くもり


にゃんぱち はゆです♪



今回ご紹介するのはアキノタムラソウです♪
アキノタムラソウは去年も記事にしました(*´▽`*)

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【アキノタムラソウ】

このアキノタムラソウが見られるのは自然生態園では現在、
去年の記事にも書きました調査区画でしか見る事が出来ません。



自然生態園の一角に試験的な調査の行なわれている区画があります。
在来種のみを優先的に残し、外来種(特に繁茂しやすいもの)を重点的に除去する。
そうすることで見られる野生種の変化を調査している区画です。

始めはセイタカアワダチソウとススキしかない草地だったのが、
今年で3年を超え、多くの在来種が増えました。
こうやって優先的に残してあげないと数を減らしていく在来種・・・

そんな中で去年も撮影したアキノタムラソウ
アキノタムラソウは多年草なので、
根っこが残って翌年も同じ場所から花を咲かせるのですが、
今回撮影した場所は、前回撮影した場所とは別の場所に生えていたもの。
去年は恐らくそこで確認していなかったので、
順調に育ってきて新しく花を咲かせた子なのでしょうね(*´▽`*)
















a0059328_21241128.jpg



【アキノタムラソウ】秋乃田村草、秋之多紫草
 本州から九州にまで分布するシソ科の多年草。
 山野の明るい草地を好む。
 花は淡い紫色をし、唇形花を数段に分けてつける。
 花は梅雨の時期から咲き始め、秋の頃まで咲き続ける。
 葉は対生し、3~7枚の奇数羽状複葉となり、長い葉柄がある。
 茎は四角く、シソ科の仲間に多い特徴を持っている。

 似た種にハルノタムラソウ、ナツノタムラソウと呼ばれる種がある。
 ハルノタムラソウは主に山の谷間を好み
 背丈は小さく白い花を咲かせ、花期が春と言う点で識別が出来る。
 ナツノタムラソウは雄しべが特徴的に突き出す点で識別が出来る。

 名前の由来に付いては諸説があり、不明であるとされることも多い。
 一つの説に、紫色の花を多く付ける為に"多紫草"と呼ばれていたのだが、
 本種とは別の科にあるタムラソウと区別するために
 アキノタムラソウと呼ばれるようになったとされる説である。
 この時にキク科の田村草と混同され、
 漢字も"多紫草"から"田村草"に変わったとされる。

 シソ科
 学名:Salvia japonica
 花期:夏~秋



a0059328_2151539.jpg

















やはり、キレイです♪
日本のサルビアと呼ばれるそうですが、
日本的な風情がありますよね(*´▽`*)

自然生態園で一目ぼれして好きになった子の1種ですが、
残念ながら私は自然生態園以外の野生で見た事がありません(´・ω・`)

唯一の救いと言えるのは自然生態園内の調査区では
本当に1株ずつ、
まさに1年に1株と言う増え方ですが、
それでも一歩ずつ増えている点でしょうか。

大切にしたい種。

何を行ないたいのか、何を守りたいのか。
それを明確にしなければ、恐らく見えてこないのでしょうね。





私が見たいのは、以前ある方が語った言葉。
藪から抜けた先一面に広がるサワヒヨドリとキセルアザミ、物凄い数だった
私はまだ淡い記憶の端を見せていただいたに過ぎません。
だから、その風景を見たいのです(`・ω・´)