【オオスカシバ】

8月21日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



8月に入ってお天気の日が続き、人間は比較的まいっている様子でしたが、
それに反して生き物達は元気に活動をしている姿を観察する事が出来ました。

そんな中でふと目に留まったのが、
やけに忙しなく飛ぶ一匹の昆虫・・・
鶯色が美しい昆虫を見つけたのです♪

写真に撮って図鑑で調べようと思ったのですが、
その動きが思っていた以上に忙しなく、
なっかなか上手く写真に捉える事が出来なかったのです・・・

ようやく写真に撮らえる事が出来て、図鑑と照らし合わせてみると・・・
それがあのオオスカシバだと解かったのです(`・ω・´)
















a0059328_1712758.jpg



【オオスカシバ】大透羽
 本州から九州にまで分布が確認されているスズメガの仲間。
 幼虫の食草となるクチナシなどがある草地を好む。
 成体は体長6cm程度。
 成体は鶯色をし、腹部に赤と黒の帯が見られる。
 成体の羽化直後の羽根には鱗粉がびっしりと付いているが、
 羽ばたくと、その鱗粉は落ちて、羽根は透明になる。
 幼虫はアカネ科なのどの特定の植物を食する。
 成虫は各種花の蜜を好んで食する。

 似た種にリュウキュウオオスカシバと呼ばれる種があるが、
 本種の成虫には腹部に帯が確認出来るのに対し、
 リュウキュウオオスカシバの成虫には腹部に帯が無い点で識別できる。

 名前の由来はその羽根から。
 羽根が透明である事から、スカシバと呼ばれ、
 本種は、その種に比べて大型であるためにオオスカシバと呼ばれる。
 一般的なスカシバとオオスカシバは科目が違います。
 スカシバがスカシバ科に属するのに対し、オオスカシバはスズメガ科。


 スズメガ科
 学名:Cephonodes hylas
 活期:夏



a0059328_1751445.jpg

















実は、約20日程前にオオスカシバの幼虫を発見していました♪
先に8月3日の記事としていたのですが、成虫も見る事が出来ました(*´▽`*)

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【オオスカシバ】

オオスカシバは卵の孵化から幼虫、蛹、羽化までに1ヶ月ほど掛かるそうです。
となると、2週間とちょっと前に見つけた、このオオスカシバの幼虫がもしかすると、
この写真に写っている子の可能性もあるかもしれませんね(≧▽≦)

だとすれば、元気に羽化できて良かったです♪





a0059328_17104972.jpg


忙しなく飛び回る子で中々撮影させてもらえませんでしたが、
下手な鉄砲で当たったものの中にちょっとキレイなのがあったので、
8月のTop画像としても掲載していました(*´▽`*)

こうやって見ると、メジロカラーで可愛らしいですね♪
美しい鶯色に黒と白と赤の帯。
目の周りには白い紋が見えて、実に色鮮やかな子です。
とても、蛾の仲間とは思えないです( ̄△ ̄;)ゞ





成虫のオオスカシバは各種の花の蜜を好むそうですが、
クチナシの花はもちろん咲いていません・・・

となると、この子の目的は産卵だったのでしょうか(*´▽`*)
by mikenekohanten | 2007-08-21 16:55 | 昆虫・生き物他