【ナミハンミョウ】

8月26日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



今回紹介する昆虫はハンミョウの中のハンミョウ、ナミハンミョウです♪

今年はハンミョウの仲間としてニワハンミョウも確認できました♪
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ニワハンミョウ】

この固体が土色をして、控えめなのに対し、
ナミハンミョウは非常に色鮮やかな色合を見せてくれます♪

当ブログでも定期的に取り上げている他、
自然生態園では夏の頃に当たり前のように園路で確認できるので、
比較的身近な存在だったりします。

















a0059328_2223565.jpg



【ナミハンミョウ】並斑猫・(般虫)(務虫)・並芫菁
 本州から九州にまで分布が確認されている、ハンミョウ科の仲間。
 平地から低山地などの草の少ない林道などで見られる。
 成虫は赤、青、緑、黒のメタリックの美しい縁紋を持つ。
 成虫は特徴的な牙を持ち、交尾の時はこの牙を用いて♂が♀を掴む。
 食性は成虫、幼虫共に肉食で、アリやハエなどの小さな昆虫を捕食する。
 また、幼虫は穴を掘って潜み、穴の上を通った昆虫を捕食する。

 昔はハンミョウ釣りという遊びがあり、
 幼虫の巣穴に"ニラの葉"などを入れると、
 ハンミョウの幼虫がそれに噛み付いて釣る事ができる。
 また、そこからハンミョウの幼虫をニラムシと呼ぶこともあるそうだ。

 昔は毒のある虫として、嫌われていたそうであるが、
 毒を持つハンミョウは一部で、ナミハンミョウには毒は無い。

 名前の由来は良く解かっていない。
 一般的に言われる説としては、
 獲物を捕まえる動きが猫のように機敏で、
 背中に鮮やかな斑紋を持つことから斑猫とされ、
 本種はその中でも日本で一般的に見られる事から並斑猫とされたと言うが、
 この説は名前の後付であると言われる。 
 また、別の説に中国名の斑■(漢名)の読み音から
 ハンミョウとされ漢字を当てられた説や、
 英名のTiger beetleから漢字が当てられた説がある。

 また、別名「道教え」と呼ばれ、成虫は人が近づくと、一度飛んで距離を取り、
 やや離れたところでこちらを向いて止まる習性があり、
 その姿がまるで道案内をしているように見られる事から、道教えと呼ばれる。

 ハンミョウ科
 学名:Cicindela (Sophiodela) japonica
 別名:道教え(みちおしえ)、芫菁(げんせい)
 活期:春~秋



a0059328_22235416.jpg

















さてさて・・・
この日は本当に運が良かった・・・

ナミハンミョウは先の説明にもあるように「道教え」と言われ
中々近くで観察させてくれません。

道教え」と言う別称の由来ともなった行動。
ナミハンミョウに近づくと一度飛んで、一定距離を図って、
くるりと振り返りこちらを見るようにして止まります。
人が歩く道の先を先を行き、その先で人を待っているように見えるため、
まるで道を教えているように見える事から「道教え」と言うんです。

つまり、平たく一言で言えば・・・中々近寄らせてくれない子なんです・・・( ̄△ ̄;)ゞ







この日は運が良かったのか、ナミハンミョウが寝起きだったのか。
原因は良く解かりませんが、比較的大人しく撮らせてくれたんですよね(*´▽`*)
こうやって近くで見ると、牙が鋭く、身体に毛も生え、
色合と相まってか、毒々しくも見えますね(`・ω・´)
by mikenekohanten | 2007-08-26 21:55 | 昆虫・生き物他