【オオハナアブ】

9月22日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



この季節になると自然生態園のアチコチで見られるようになるサワヒヨドリ
そのサワヒヨドリの花の上をくるくると回りながら、
蜜を集めている黒色と黄色の小さな昆虫・・・

始めはミツバチの仲間かな? と見ていたのですが、
カメラを覗いてずずずぃっとアップにしてみるとどうやら印象が違うのです(`・ω・´)
















a0059328_23401730.jpg



【オオハナアブ】大花虻
 日本全土で分布が確認されているハナアブ科のアブの仲間。
 ため池や湿地のある草地を好む。
 成虫の♂は左右の複眼が付き、♀の左右の複眼は離れる。
 成虫の食性は各種、花の蜜。
 幼虫は水生。
 幼虫の食性は水底に積もった腐食した植物など。

 名前の由来は体型から
 アブの仲間のうち、花の蜜を好む事からハナアブとされ、
 ハナアブの仲間のうち、腹部が丸みを帯び大きく見えることから
 大きなハナアブと言う意味で、オオハナアブと呼ばれる。

 ハナアブ科
 学名:Phytomia zonata
 活期:春~秋



a0059328_23442664.jpg

















正体はハナアブの仲間のオオハナアブ
実際はそれほど大きくないのだけど、
腹部がぽっちゃりとしていて、通常のハナアブよりやや大きく見えます(`・ω・´)

日本全土に分布が確認されている事もあり、
寒さにも暑さにも強いようで、
春は早春から、秋は晩秋まで
とても長い期間、その姿を確認する事が出来るようです(≧▽≦)





a0059328_022396.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
by mikenekohanten | 2007-09-22 23:37 | 昆虫・生き物他