【イチモンジセセリ】

9月26日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



チョウを撮影するとき、チョコチョコと動かれて、
なっかなか上手に撮影させてくれませんよね?

日向ぼっこしているときや眠っているとき、
吸水や吸蜜を行なっているときなどはまだ撮影し易いですが・・・
大抵、チョコチョコ動いて、近づくと逃げて・・・
まるで、遊ばれているようにも感じます。

チョウがとる、そう言った行動をせせるって言うのですが、
今回紹介するイチモンジセセリはまさに
その名前にせせるを付けられた、忙しないチョウと言えます♪

















a0059328_0122632.jpg



【イチモンジセセリ】一文字挵 
 日本全土に分布が確認されているセセリチョウ科のチョウ。
 食草となるイネ科などが多く育つ草地を好む。
 目が大きく胴体が大きく、羽根が小さなのが特徴。
 成虫は各種の花の蜜を食する。
 幼虫は葉を閉じて巣を作り、幼虫で越冬する。
 幼虫の食性はエノコログサやススキ、イネなどのイネ科の植物で、
 農家の間では稲の害虫とされることがある。

 似た種にチャバネ、オオチャバネ、ミヤマチャバネ等があるが、
 本種は他種に比べ触角が短く、
 後羽根に並ぶ白紋が真っ直ぐ一列に並ぶ点で識別が出来る。
  1)チャバネセセリは後羽根に並ぶ白紋が本種に比べ小さい。
  2)オオチャバネセセリは後羽根に並ぶ白紋が一列に並ばない。
  3)ミヤマチャバネセセリは裏後羽根の付け根に1個の白紋が確認できる。

 名前の由来はその行動から。
 忙しなく飛ぶ姿から
 「小刻みな動きを繰り返す」「繰り返し突っつく」と言う意味のある
 「せせる」と言う言葉を当てセセリチョウとし、
 本種はセセリチョウの内、羽根の裏側の白い斑点が
 一列に並んでいるためイチモンジセセリと呼ばれる。    

 セセリチョウ科
 学名:Parnara guttata
 別名:苞虫(ツトムシ:幼虫)、稲苞虫(イネツトムシ:幼虫)
 活期:夏~秋



a0059328_0193941.jpg

















可愛らしいチョウなのですが、
一般的にと勘違いされたりも。
頭が大きく、体がずんぐりとしていて、羽根が短く、
更に羽根が地味な色合をしている為ですね・・・

ただ、専門的にはチョウは
と言う大きなグループの中の1つであり、
チョウとを区別しない国も多いとの話。

a0059328_0383244.jpg


そう考えると、逆に蛾の仲間も可愛らしく思えてきますよね。


















えっ?
思えてきませんかっ!?Σ( ̄口 ̄∥)





a0059328_131185.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です。
by mikenekohanten | 2007-09-26 00:05 | 昆虫・生き物他