【ヒヨドリ】

2月19日・はれ


a0059328_21332696.jpg





にゃんぱち はゆです♪















黄色いくちばし・・・って思ったら・・・





実は、ヤブツバキの花の蜜を食べ過ぎて、
口の周りにヤブツバキの花の花粉だらけ・・・
食べ方はあまり上品じゃない?

















a0059328_21332696.jpg



【ヒヨドリ】鵯
 日本全土で観察されるヒヨドリ科の留鳥。
 市街地や森林など、比較的観察されやすい。
 全長約30cmほど。
 頬は赤褐紋、体は全体的に灰褐色。
 メスも同色。
 *写真の嘴の黄色は花粉が付いているだけ。
 雑食性で、冬は花の果実や花蜜、夏は昆虫など。
 
 名前の由来は聞きなしから。
 「ピィーヨ」と鳴く声からヒヨドリと呼ばれた説がある。

 ヒヨドリ科
 学名:Hypsipetes amaurotis
 活期:春~秋(留鳥)



a0059328_2135248.jpg
















ヒヨドリって、いろいろな方から「嫌われている」印象があります。
バードケーキや果物などを庭に置いている家庭では
ヒヨドリよりメジロなどに来てほしいらしい・・・。

でも、メジロがおいしそうにミカンをついばんでいると、
横からヒヨドリがやってくると、メジロから食べ物を奪って一人で食べちゃうんだそうです・・・





なるほど・・・
漢字で書くと、「卑しい鳥」で「鵯」ですか・・・
写真でも、クチバシの周りに黄色い花粉をべっとりと・・・食べ散らかしています。
昔から、人々には嫌われていたのかもしれませんね・・・





個人的には、口の周りを汚して食べる姿も嫌いではないんですけどね♪















a0059328_2218175.jpg






ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です。




人気ブログランキングへ ←情報がお役に立てたら、ワンクリック!
by mikenekohanten | 2009-02-19 21:30 | 野鳥