5月9日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



5月に入り、自然生態園を歩いていると、
ふわふわした感じの白い花が目に入るようになってきます。
コバノガマズミですね(ФωФ)
















a0059328_2016713.jpg



 【コバノガマズミ】小葉乃莢迷
  本州から九州にまで分布が確認されているスイカズラ科の落葉低木。
  低山地などの明るい林内などを好む。
  春の頃に枝の先に白く小さな花を沢山つける。
  秋には赤い実を付け、食する事ができ、その味は酸っぱい。
  葉には両面に星状毛があり、ビロード状の手触りが特徴。

  似た種にガマズミがあるが、
  ガマズミの葉は円形に近く、10cmほどあり、葉の柄が長いのに対し、
  本種の葉はひし形に近く、7cmほどと小さく、
  葉の柄が殆ど無いところから見分けが付く。

  名前の由来には諸説があり、良く解かっていない。
  有名なもので、ガマズミの幹が農作業などに使われる鎌の柄に利用され、
  染物などに利用されるため、"鎌""染め"が転じてガマズミと呼ばれる説がある。
  他の説には「ガマ」は"神"や"亀"が転じたもの、
  「ズミ」は酸っぱい実という意味の"酸実"が転じたものとも言われている。
  漢名で莢迷(キョウメイ)と書き、そのままガマズミと当てられている。
  本種はその仲間の内、葉が小型であるため、コバノガマズミと呼ばれる。

  スイカズラ科
  学名:Viburnum erosum
  花期:春



a0059328_20261219.jpg

















ふわふわっとした花が印象的でキレイですよね♪
花が一杯固まって咲いているので遠くからみてもしっかりと確認できるんですよね。

a0059328_20343257.jpg


スイカズラ科の仲間で真っ赤な実がなるのですが、
食用になり、甘酸っぱいらしいです(*´▽`*)
もちろん、野鳥たちも好んで食するみたいですけどね♪





a0059328_237189.jpg

4月26日 はれ


にゃんぱち はゆです♪





自然生態園と付き合うようになって、
イロイロな植物を覚えたと思う。



これって自画自賛Σ(√口 ̄∥)ノ



でも、ホントそう思うんです。

例えば、春に花を咲かせる植物を連想するとき、
一昔前の私は「タンポポ」や「桜」程度しか想像できませんでした。

でも、今は両手で足りないぐらいに植物の名前が出てきます。
だって、どれもこれも春に咲くんですから、
そして、その植物を見る事で春を感じるんですから。

















a0059328_2234792.jpg



 【クサイチゴ】草苺
  本州から九州にまで生息が確認されているバラ科の落葉低木。
  落葉とあるが、気温の低下により落葉を見せ、
  温暖な土地では常緑であることも多いと言う。
  日当たりの良い林緑などを好んで生息する。
  クサイチゴと呼ばれるが、木本植物である。

  名前の由来はその形状から。
  本来は木本植物であるが、あまり大きくならずに横に広がり、
  寿命も短いため、草のようなイチゴであるという意味でクサイチゴと呼ばれる。

  バラ科
  学名:Rubus hirsutus
  別名:ナベイチゴ
  花期:春



a0059328_22175917.jpg

















春をイメージする桜と同じバラ科ですが、
こちらは白色が美しいですね♪

以前にイバラも取り上げたことがありますが、
野に咲く白い花は清楚な雰囲気を感じることが出来ます(`・ω・´)

クサイチゴの実は花が終わると出てきます。
コレが甘すぎず、ほのかに香るので美味しいのです♪
沢山集めるとジャムも作れちゃいます(*´▽`*)










あれ・・・

結局、「食い気」で春を感じている はゆでした( ̄△ ̄;)ゞ
4月26日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



春に花を咲かせる植物で白い植物の代表といえば
やっぱり、ホワイトクローバーと呼ばれるシロツメグサですよね(*´▽`*)

前回紹介しました、ジシバリなどと似た草地を好み、
どちらも同じように群生しようと広がりますが、
二つが混生している姿はあまり見かけない気がします・・・なんでだろう?(´・ω・`)
















a0059328_19253850.jpg



 【シロツメグサ】白詰草
  日本全土に分布が確認されているヨーロッパ原産、マメ科の多年草。
  やや日当たりの良い背の高い草の少ない草地を好む他、
  葉の背が小さく、すぐに成長する事から、
  定期的に刈り取られている草地に多い。

  日本に持ち込まれた手法経緯にはいくつか言われており、
  江戸時代にオランダからガラスを輸入するときに、
  衝撃を吸収するための緩衝材として使われてたものの種が逃げた説や
  明治時代に家畜の飼料として撒かれた種が広がった説がある。

  名前の由来はその利用方法から。
  先に述べたように江戸時代にオランダからガラスを輸入するときに、
  衝撃を吸収するための緩衝材として使われてた事から、
  箱に詰める草としてツメクサと呼ばれ、
  本種はその仲間のうち、白い花を咲かせるためにシロツメクサと呼ばれる。

  マメ科
  学名:Trifolium repens
  別名:ホワイトクローバー、花翹揺(はなげんげ)
  花期:春~秋



a0059328_19415331.jpg

















さて、学名のTrifolium repens
匍匐する3枚の葉と言うのが語源ですが、
稀に見られるのが 四葉のクローバ(≧▽≦)
幸せの四葉と言われるヤツですね。

キリスト教などでは四葉を十字架に見立てることから、
幸せの四葉と言う話が今に残っているそうです♪

1本、四葉の葉を見つけると、その付近には他にも四葉を見ることが出来るそうで、
逆に三つ葉しかない場所はどれだけ探してもまず見つからないそうです。

・・・と言うのにも理由があるそうで、
遺伝子的に四葉になり易い固体が居るんだそうです。

そこでとある方が四葉と四葉を掛け合わせて成長を見てみたところ、
その種から生まれてきた葉もまた四葉になりやすい事が解かったそうです。
更に掛け合わせることによって18枚葉までになった固体もあるとか・・・
そちらはギネスに申請し、公式記録を残しているそうですが・・・

4枚でも滅多に見つからない(見つけられる人は一目で見つかるそうですが)のに
18枚葉とか・・・ありえませんね( ̄△ ̄;)ゞ




随分昔に、四葉は成長途中の葉が踏みつけなどによって傷付き、
そのまま成長して出来た奇形・・・なんて話を聞いた事がありますが、
こういった研究成果が出ていると言うことは
やはり遺伝的なものなんでしょうか(*´▽`*)
4月25日 はれ


にゃんぱち はゆです♪





まだまだ、自然生態園で見ていない植物の花って多いですね。
今回紹介させていただく、このウワミズザクラも、
去年花が咲いているのを見逃した植物の一つでもあります。

なので、今年は蕾の頃からチェックしていたのです。
















a0059328_20372920.jpg



 【ウワミズザクラ】上溝桜
  日本全土に生息が確認されているバラ科の落葉高木。
  日当たりの良く、水分保有の高い低山地を好む。
  春の頃にまず葉を広げ、その後に小さな白い花を総状に咲かせる。
  夏の頃になると、赤から黒の実を付け、調理した後に食用になる。

  似た種にイヌザクラと呼ばれる種があるが、
  イヌザクラは本種に比べ花が少なく、
  花の下の茎に葉が見られないところで見分けることが出来る。

  名前の由来には諸説があり良くわかっていない。
  一般的には、その昔に亀甲占いに利用されたとされ、
  そのとき、木材の上部に溝を掘った事により、上溝桜が転じ
  ウワミズザクラと呼ばれるようになったと言う説がある。
  また、横向きの皮目が多く、老齢になると、
  幹の表面に多くの溝が確認できる事から
  表面に溝が出来る桜で上溝桜と呼ばれたと言う説がある。

  バラ科
  学名:Prunus grayana
  別名:金剛桜(こんごうざくら)、波波迦(ははか・古名)
  花期:春



a0059328_2104887.jpg

















名前の由来には諸説有りますが、
亀甲占いの材料に使われていた説が一般的に言われています。
でも、ちょっと強引な感じがしないでもないですよね?( ̄△ ̄;)ゞ


a0059328_2154754.jpg



私の知り合いのご年配の方は、
非常に木が硬い為、金剛桜と呼んでいたそうです。
ノコで大きな木を切ろうとすると、硬い為、
表面の方に溝を入れるだけで一苦労・・・

・・・で、上溝桜・・・なんて方が説得力ありませんか?



a0059328_2152528.jpg




ちなみに、始めにも述べたとおり、
私は昨年、このウワミズザクラの花を見逃していたのです。
こんなにキレイなのに、全く気づかなかったのです。

自然生態園で見られるウワミズザクラって結構大きくなっているのが多いんですよね。
で、花は新しい枝の先につける為、基本的に木の上の方に付けちゃいます。
結構頻繁にウワミズザクラの下を通りかかっていたのですが、
頭の上のキレイな花に気づかなかったのです・・・

















これがホントの上見ず桜

















・・
・・・(゜∇゜)
















お後がよろしいようで・・・・チャンチャン
4月25日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



春になると、香り高い花々がイロイロと咲いてきますよね。
自然生態園でも、沢山の香りを楽しめます♪

そんな中でも、一際甘い香りが感じられるのがアキグミでしょうか(≧▽≦)
















a0059328_2035371.jpg



 【アキグミ】秋茱萸
  日本全土に分布が確認されているグミ科の落葉低木。
  日当たりの良い平地から低山地などを好む。
  葉は互生*¹し、8cmほどの楕円形の形状となり、全縁*²
  春の頃、葉腋*³に白色から黄色の花を多く付ける。
  果実は晩秋の頃に赤く熟し、食用にもなる。

  変種にマルバアキグミと呼ばれるものがあり、
  海岸付近に生息する種に葉が丸みを帯びるモノが見られる。

  名前の由来は定かでは無いが、一般的に言われるものとして、
  広島弁などではイチゴの事をグイミと言い、
  香川県ではノイバラの事をグイと呼ぶように、
  棘のある木の実という意味を指す方言に多く、
  ここから棘のある実をグイミとして言われたのが訛りグミになったと言われる。
  本種はその中でも、秋に実ることから、アキグミと呼ばれる。
  漢字の茱萸は漢名の流用である。

  グミ科
  学名:Elaeagnus umbellata
  別名:胡頽子(ぐみ)、棘実(ぐいみ)
  花期:春
  実期:秋



a0059328_20435778.jpg

















この甘~い香りに酔っちゃいますよね♪
良く見ると沢山の昆虫が集まってきているのも解かって、
美味しいものは人だけではなく、
色んな生き物がわかっているんだなぁと思ったりも(≧▽≦)

ここから、秋に掛けて実っていくのですよね。
あぁ~、秋が楽しみ(≧ρ≦)
4月17日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



自然生態園で春見られる植物のうち、
とっても心躍る植物をいくつか確認する事が出来ます(*´▽`*)

それは「ノイチゴ」





以前もいくつか紹介しましたよね(`・ω・´)

 自然生態園へ行こう の ブログ : 【ナガバモミジイチゴ】
 自然生態園へ行こう の ブログ : 【クサイチゴ】

その中でも、ちょっと異質な名前をつけられたイチゴのご紹介です(`・ω・´)
















a0059328_21552019.jpg



 【ニガイチゴ】苦苺
  本州から九州にまで分布が確認されているバラ科の落葉低木。
  日当たりの良い山地で、乾燥した土地を好む。
  葉は通常3つに切れ込むが、深くなく、浅い。
  葉の縁は大きな鋸歯*¹の中に小さな鋸歯が見られる。
  春の頃に白い小さな花を付け、やがてキイチゴに似た実を付ける。

  似た種にミヤマニガイチゴと呼ばれる種があるが、
  ミヤマニガイチゴは葉が深く3つに切れ込む事で見分けることが出来る。

  名前の由来はその実の味から。
  キイチゴの仲間であり、実は非常に甘いのだが、
  中の核になる部分が非常に苦く、後味が悪いため、
  苦い苺でニガイチゴと呼ばれる。

  バラ科
  学名:Rubus microphyllus
  別名:五月苺(ごがついちご)
  花期:春



a0059328_22291494.jpg

















自然生態園は採取禁止ですから食べる事出来ませんが、
お友達の家の裏山で見つけていただいたことが有ります。
味は凄く甘くて美味しいです♪
中の核の部分が苦いと言うことですが、
甘みだけをささっと頂けば、苦味はそれほど気になりませんよ(*´▽`*)

キイチゴといえば、自然生態園ではナガバノモミジイチゴが有ります。
花の形は非常に似ていますが、咲き方が少し違っていて、
ナガバノモミジイチゴは花を下に向けて咲かせるのですが、
このニガイチゴはちゃんと上向きに咲かせるみたいです(≧▽≦)

a0059328_2226529.jpg


これだけ沢山の花が咲いていたら、
きっと実がなる頃にはこの辺りに沢山の赤色の宝石が・・・(*´ρ`*)





自然生態園は採取禁止ですけどね( ̄△ ̄;)ゞ
4月17日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



さぁ、今回も自然生態園で見られるスミレのご紹介(*´▽`*)
実は自然生態園内で見られるスミレは
今のところ確認されているだけで、この6種類だそうです♪

















a0059328_1248543.jpg



 【ニョイスミレ】如意菫
  日本全土で生息が確認されているスミレ科の多年草。
  人里から低山地の湿地帯などを好む。

  *見分け方*
   花びらは全体的に白く、。
   通常、側弁(花びら5枚の内、中央に対する2枚)は有毛。
   距は短い。
   中央のシベはカマキリの頭状の形をしている。
   葉は心形をし基部がウサギの耳のように深くなる。
   翼は見られない。
   茎は緑色をする。

  名前の由来には諸説あるのだが、一般的なものに
  スミレの花を真横から見たとき、大工道具である"墨壺"のように見ることから、
  "墨を入れるもの"として墨入れが転じて"スミレ"となる説である。
  また、他の由来に幾重にも入る花びらの脈が墨を水の上に垂らした時に生じる
  "墨流し"に見えることから、"墨を入れる"が転じてスミレとなった説や、
  その筋が"入れ墨"に見えることからスミレになったっと言う説もある。
  本種は葉の形状が仏具の如意に似ている事から、ニョイスミレと呼ばれる。
  また、別名でツボスミレと呼ばれる事があるが、
  坪(庭先)に咲くスミレということで意味でツボスミレと呼ばれる。

  スミレ科
  学名:Viola verecunda
  別名:坪菫(ツボスミレ)
  花期:春



a0059328_13261267.jpg

















a0059328_13354834.jpg


側弁には毛が生えている事が確認できます♪

このニョイスミレの花の特徴としては
花が少しつぶれたように見える事でしょうか?
固体差や地域差はあるそうですが、花びらが強く反り返る種などもあるそうで、
この種類は大体、花がつぶれたようになるようです。

















a0059328_13384971.jpg


距は説明にもあるとおり、短いですね。
色も白く、茎は緑色をしています(`・ω・´)

このニョイスミレは前回紹介したナガバノタチツボスミレ同様、
地上茎がある種類ですね♪
正式には有茎種と呼ぶそうです(ФωФ)
















a0059328_13433769.jpg


名前の由来となった、葉の形状。
仏具の如意の先っぽに付けられた装飾に似ている為にこのように呼ばれるみたい。

この"如意"とは「意の如く」と言う意味で
想いが何でも叶う」と言う意味です。
西遊記に出てくる孫悟空が持っていた如意棒も、
"思いのまま長さを自由に変えることが出来る棒"から来ているわけですね♪

ちなみに仏具の如意とは、棒の先に飾りをつけた物ですが、
これを「孫の手」と表現する人が稀に居ます。
実は次のような笑い話が残っているためです

 あるお坊さんが背中が痒くなって、その仏具を使って背中を痒いた。
 痒いところに手が届く、これは正に意が如くだ。

そこから、その棒の先に飾りをつけた仏具を如意と呼んだとか・・・
ホントかウソか知りませんが、そんな話も聞いた事があります( ̄△ ̄;)ゞ

また、別名にツボスミレと言う呼ばれ方をします。
どちらも同じぐらい使われていて、
自然生態園ではツボスミレと呼ばれる事の方が多いです・・・

一般的なWebではニョイスミレと呼ばれる事が多いですが、
標準和名は恐らくツボスミレの方だと思います(ФωФ)

















さてさてさて、スミレといえば面白い話が3つあります。

 1.閉鎖花。
 2.種の飛ばし方。
 3.アリとスミレの関係。

実は、この3つの面白い話が揃ったとき、
スミレが巧妙に自分の子孫を残そうとしている事が解かるのと同時に、
何故日本各地に50種類を超えるスミレがあるのかが解かるのです。





前々回は1の閉鎖化の話、
前回は種の飛ばし方の話をしましたので、
最後にアリとスミレの関係のお話をしたいと思います♪





前回のお話で、
スミレの種は出来るだけ遠くに、広く飛ばされる事となりました。
しかし、スミレの種は更に遠くへ旅に出る事になります。

スミレの種を旅に導くのは・・・アリ。

実はスミレの種にはアリが好む物質が付いています。
アリの前に採れたてのスミレの種を置くと、
スミレの種についている白い塊に喰らい付いて離れない姿を見る事が出来ます。

エライオゾームと呼ばれる物質なのですが、
これはアリにとってご馳走であるという事は間違いないようです。



アリがご馳走を見つけたらどうするか?



簡単ですよね?
巣に持ち帰るという行動を取ります。

この行動により、アリの巣まで運ばれるスミレの種。
しかし、アリにとって必用なのはエライオゾームと言う物質だけなので、
それを食べてしまったら、スミレの種はただのゴミです・・・。

捨てられるか、放置されるか、
ともあれ、スミレの種は
自分が想定するよりも更に遠くまで運ばれたという事になります。





さて・・・一般的にここまでの事しか言われていませんが、
ここからが実は重要なのです・・・、





アリが巣にスミレの種を運ぶとき、
エライオゾームが種から剥がれない事を前提で話をすると、
アリの巣は、スミレの種ポケットとなっている事が解かります。

その巣に生息する働きアリが行動でき得る範囲のスミレの種を
巣に持ち帰る可能性が高いという事です。

即ち、イロイロなDNAを持ち合わせたスミレの種が
特定の場所に集められているという事になります。

これが芽吹き花をさかせたら・・・どうなるのか・・・?





スミレの面白い話、その2の種の飛ばし方でお話した事に繋がります。
閉鎖花によって作られたクローンでも少しでも遠くに飛ばす事によって、
次の世代で多くのDNAを取り込もうとしていたわけですが、

アリが更にそのイロイロなDNAを持つ種を近い範囲に集める事で、
次にそのスミレたちが別の固体との他家受粉をしやすい環境になり、
更に、生態系的に強いDNAを残していく事に繋がるのです。










スミレの生息が日本各地にまで及ぶのはこうやって種を広げてきたから。
そして、日本各地で50種類を超えるスミレの多岐に渡る進化があるのは、
そう言った、常に多くのDNAを取り込み、
広く強く生き抜いてきた事に他ならないのです。

だからこそ、スミレは50を超える種類のほか、
「アイノコ」なんて呼ばれ方をする中間種なども多いのでしょうね(*´▽`*)
4月10日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



さて、前回、ヤハズエンドウことカラスノエンドウを紹介したわけですが、
カラスノエンドウと対を成して紹介される植物を、今回は紹介したいと思います♪

カラスノエンドウと必ずといっていいほどセットで紹介される植物ですので、
ご存知の方も多いかも知れませんね(*´▽`*)

っと、その前に、前回のヤハズエンドウの記事をおさらい(`・ω・´)

 自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヤハズエンドウ】















a0059328_163668.jpg



 【スズメノエンドウ】雀野豌豆
  本州から九州にまで生息が確認されているマメ科の越年草。 
  日当たりの良い草地を好む。
  秋に芽生え、春の頃に薄っすらと紫かかった白い花を付ける。

  近縁種にカラスノエンドウやカスマグサが上げられるが、
  本種は花が小さくて色も薄く、果実はぶら下がり、毛が密生する。
  さらに1つの果実の中には種子を2つしかならない事で識別する事が出来る。

  名前の由来は近縁種にあるカラスノエンドウに比べ小型である事から、
  カラスより小さな鳥のスズメを当てて、スズメノエンドウと呼ぶ。

  マメ科
  学名:Vicia hirsuta
  花期:春



a0059328_1614476.jpg

















カラスノエンドウとスズメノエンドウ。
見てみれば全然違っていて見分け方の必要は無いかも知れませんが、
明確な見分け方として言われるのは、花の数と種子の数でしょうか。

a0059328_21374338.jpg


まず、カラスノエンドウは花の数が短い花柄に2個程度しか花を付けませんが、
スズメノエンドウは花の数が、長い柄の先に4個ほど花を付けます。
それとは逆に、カラスノエンドウの種子は果実の中に最低6個から10個程度あり、
スズメノエンドウの種子は果実の中に2個しかありません。


でも・・・
見た目で一目瞭然なので、この2種を迷う事はなさそうですね♪





もちろん、
次回は「カスマグサ」の紹介ですよ(*´▽`*)

  自然生態園へ行こう の ブログ : 【カスマグサ】