9月9日 はれ


にゃんぱち はゆです♪

a0059328_13253959.jpg
















高松の山の中を歩いていると、小さな花に出会った・・・。
小さな羽根を持った鳥が羽ばたいているように見えるこの花・・・
ミヤマウズラ















a0059328_13285720.jpg



【ミヤマウズラ】深山鶉
 日本全土に分布が確認されている、山地の陰地を好むラン科の多年草。
 管理されたアカマツ林の縁のような半陰を好む。
 花色は白色から淡紅色。
 花茎を伸ばし、上部に5から10個の花を1側方に偏って穂状につける。
 唇弁毛あり、唇弁の下部は若干へこむ。
 葉は互生、茎下部に付く。
 葉の形は卵形となり、個体差があるが、白い斑が見られる。

 似た種にヒメミヤマウズラやアオミヤマウズラ、
 また、ガクナンと呼ばれる種がある。
 
  ミヤマウズラ
   ・花数は多い。
   ・唇弁に毛が見られる。
   ・葉に斑紋がみられる。
   ・分布:日本全土 

  ヒメミヤマウズラ
   ・花数は少ない。
   ・唇弁は無毛。
   ・葉は小さく3cmほど。
   ・分布:本州中部より以北(亜高山)

  アオミヤマウズラ
   ・花数は多い。
   ・唇弁に毛が見られる。
   ・葉に斑紋は無い。
   
  ガクナン
   ・花数はやや少ない。
   ・葉の斑紋は殆ど見られない。

 名前の由来はその葉の紋様から。
 鶉の卵のように、葉に美しい斑が入り、
 比較的山野の薄暗い場所を好む事からミヤマウズラと呼ばれる。

 ラン科
 学名:Goodyera schlechtedaliana Reichb. fil
 花期:秋



a0059328_1419929.jpg
















さて、ミヤマウズラと言えば
葉の斑紋が美しいために乱獲され、数を減らしている子」と言われることが多いです。
もちろん、それ以外にも放棄された林が原因でどんどんと数を減らしているみたい。
手入れされたアカマツ林の陰地を好む傾向にあるみたいだけど・・・

さて、そのミヤマウズラの特徴とも言える葉の斑紋ですが、
この子には殆ど見られません。
以前、別の場所で見たミヤマウズラはもっとハッキリとキレイナ斑紋が入っていましたが・・・
一般的に花付きの良い固体は
斑が入りづらいとも言いますが、少し気なっています。

・・・と言うのも、ガクナンと呼ばれる固体があるのです。
上の説明引用にも少し出てきていますが、
植物学的にどのような位置づけにいるのか分かりませんが、
シュスランとミヤマウズラの自然交雑種と言われ、
花はミヤマウズラに告示し、葉がシュスランに近い特徴をもつと言う・・・。
ただ、以前そのように言われていたガクナンですが、
気になって図鑑やWebで調べてみても、
植物学的にどのような位置づけになったのか見つける事ができませんでした。

ここでは、斑紋の薄いミヤマウズラと言う形で紹介させていただきました。
もし、ガクナンと言う植物に関して有力な情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
コメント欄に一報入れていただけたらと思います。

















a0059328_14564639.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
11月13日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



自然生態園をのんびり歩いていると、
髭を生やした小さな花を沢山咲かせた植物に出会いました。
その植物の名前はヒヨドリバナ

a0059328_22591249.jpg


実はこの花・・・
自然生態園では沢山見る事が出来、
花期は夏の終わり頃ともっと早い時期なのですが、
記事にするのをすっかり忘れていました( ̄▽ ̄;)ヾ



偶然、通り道で花が咲いていることに気付いて、
「こんな時期まで花を咲かせてるなんて頑張っているなぁ」と思っていると、
ふと、『あれっ、私、ヒヨドリバナ記事にしたっけっ!?Σ( ̄□ ̄;)』と、思い出したのです。

















a0059328_2256247.jpg



 【ヒヨドリバナ】鵯花
  日本全土に分布が確認されているキク科の多年草。
  比較的日当たりの良い場所を好む。
  変種が多く確認され、葉の大きさや形など、
  見た目にも違う変異種が数多く見られる。

  稀に葉に斑紋が現れる種が見られるが、
  これはジェミニウイルスに感染したものと思われ、
  固体はやがて弱っていくと言う。

  似た種にサワヒヨドリやヨツバヒヨドリという種があるが
  本種は葉が対生で輪生しないことや
  葉に短い柄があることで識別する事が出来る。

  名前の由来はヒヨドリの鳴き声から。
  ヒヨドリが山から下りてきて沢山鳴く時期に花を咲かせるため、
  "ヒヨドリが咲かせる花"と言う意味でヒヨドリバナと呼ばれる。

  キク科
  学名:Eupatorium chinense
  花期:夏~秋



a0059328_23143364.jpg

















比較的日当たりの良い場所を好むヒヨドリバナですが、
自然生態園では日陰の薮の中にいる個体もチラチラと見られます。
どうしてかなぁ・・・って思ってみていると・・・
日当たりの良い場所にセイタカアワダチソウの群・・・Σ( ̄□ ̄;)
セイタカアワダチソウに押されて、
彼らが入ってこない日陰でホソボソと育っているのですね・・・ヽ(;´△`)ノ





さて、そんなヒヨドリバナですが、
自然生態園では そのヒヨドリバナのお仲間であるサワヒヨドリも見る事が出来ます。
実は、以前に当ブログではサワヒヨドリを紹介していたのですよ♪
非常に似た種なので、是非そちらとも見比べてみてください。

 参照
  →
自然生態園へ行こう の ブログ : 【サワヒヨドリ】

サワヒヨドリが淡い桃色をしているのに対し、ヒヨドリバナは基本的に白いです。
けれども、個体差があって、ヒヨドリバナの中には桃色の種もあり、
ヨツバではないヨツバヒヨドリのような種も・・・( ̄▽ ̄;)ヾ
ヒヨドリバナには変種が多いとされていることを見ても、
他の種との交雑を行ないやすく、変化がで易いと言う可能性があるかも知れません。





ちなみにですが、上の説明文で述べられている
ウイルスに感染した斑紋入りの葉はこちら(・`ω´・)↓

a0059328_2320434.jpg


一瞬、キレイに見えたりもします。
園芸品種の花々には葉に紋が入ったものも数多くありますし・・・
でも、このヒヨドリバナはウイルスにやられてしまっている種・・・なんですよね。

実は自然生態園では数多く見られるんです・・・
これを止める方法・・・ないのかなぁ(´・ω・`)
10月29日 くもり


にゃんぱち はゆです♪



当ブログの【アリさんの花便り】でもおなじみのアリさん
キッコウハグマの花が咲いていたよ」と教えてくださいました。

ふむ・・・キッコウハグマ??

はゆさん、実はキッコウハグマという植物を知らなかったので、
チェックしに行く事になったのですが、
アリさんと時間が合わなくって、アリさんから場所だけ聞いて自分で探すことに。
手に持つ図鑑で調べると、乗っていましたキッコウハグマ。





図鑑から確認するに凄く小さな花だと言う事は解っていたのですが、
現地に付いて見ると・・・見つかりませんΣ( ̄□ ̄;)

探せど探せど・・・

事前に、アリさんからは「5株ぐらいあった」という風に聞いていたのですが、
なぜか・・・見つからないのです・・・

















a0059328_22394133.jpg



 【キッコウハグマ】亀甲白熊・亀甲羽熊
  日本全土で分布が確認されているキク科の多年草。
  山地のやや乾燥した日陰を好む。
  花は、一つの花頭は3つの白い小花からなる。
  葉は角ばった心形をする。
  茎に蕾を多くつけるのだが、そのうち花を咲かせるのは極一部で、
  殆どの多くが花を咲かせず自分の花粉で受粉する閉鎖花と言う形を取り、
  なかなか花をつけない植物として知られている。

  名前の由来は種の頃に付ける白い綿毛から。
  中国やチベットに住む哺乳類のヤクの尾の内、白いものを白熊(ハグマ)と言い、
  日本では兜やヤリの飾りに使われる白い毛のボンボリを羽熊と呼ぶ。
  種子に付く白い綿毛をその白熊に見立ててハグマと呼び、
  そのうち、本種は葉の形、紋様が亀の甲羅のように見えることから、
  亀の甲羅に似た葉を持つ白熊と言う意味でキッコウハグマと呼ばれる。

  キク科
  学名:Ainsliaea apiculata
  花期:秋



a0059328_2331064.jpg

















後からWebや図鑑でよく調べてみて、
何故私が中々発見出来なかったのか、その理由が解りました。

この花は殆どが閉鎖花(日陰の固体ほど閉鎖花が多い)らしく花が咲いていなかった。
5株ほどあると聞いていたので、
すぐ見つかるだろうと踏んでいたのが間違いだったのです( ̄▽ ̄;)ヾ

実際、私は発見する事が出来たのですが、
たくさん蕾をつけているにも関わらず、
花を確認できたのはこの固体のみでした・・・(´・ω・`)



面白い名前をしています。
Webを見ていると、
名前の由来を"白い花を白熊に見立てて"と書いてあるサイトがありますが、
なんだか普通に南極の白熊を想像してしまいそうで・・・ヤヤッコシイですね( ̄▽ ̄;)ヾ

















a0059328_23381983.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です。
10月24日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



自然生態園の畑ではサツマイモが植えられているのですが、
そのすみっこにちょこっと生えている植物・・・

真っ黒な色の実を付けるその植物の名前はアメリカイヌホオズキ
















a0059328_20204945.jpg



 【アメリカイヌホオズキ】亜米利加犬酸漿・亜米利加犬鬼灯
  日本全土で分布が確認されている北アメリカ原産帰化植物の1年草。
  日当たりの良い場所を好む。
  有毒物質を含む。

  似た種にイヌホオズキがあるが、
  本種は花びらが殆ど反り返らず、花びら色が白色~薄青色であるものが多く、
  実に光沢があり、実の付く場所が一箇所から出るのに対し、
  イヌホオズキの花びらは反り返り、花びらの色は白色で、
  実に光沢は無く、実の付く枝が
  それぞれ個別につくところで見分ける事が出来る。
  また、似た種にオオイヌホオズキと呼ばれる種があるが、
  見分けることは非常に困難であるという。
  
  名前の由来には諸説あるのだが、一般的にカメムシが好むことから
  カメムシの古名である"ホウ"が"付く(好く)"が転じてホオズキと呼ばれ、
  本種はそのホオズキに花が似ているが、
  食用にはならない事から、犬(要ぬ)酸漿と呼ばれ、
  アメリカ原産のためアメリカイヌホオズキと呼ばれる。

  ナス科
  学名:Solanum americanum
  別名:馬鹿茄子(ばかなす)
  花期:夏~秋



a0059328_20582330.jpg


a0059328_20584131.jpg

















光沢のある黒い実。
ちょっと美味しそうにも見えるのですが、有毒だそうです・・・
ホオズキの仲間は食用になるものが多く、美味しいけど、
イヌホオズキの仲間は有毒なので食べちゃダメ(・`ω´・)



にしても、
このイヌホオズキの仲間は似た種が多く、
見分けるのも大変なようです・・・

このアメリカイヌホオズキもなんとかここに収まりましたが、
ホントにわかりませんでした・・・(´・ω・`)
10月19日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



いつものように自然生態園を歩いていると、
北の谷でシロバナの可愛らしい花に出会いました。

おっ
っと思ってよく見るとなんだか違和感が・・・

その花の茎をたどって見ると、枝分かれしたもう一方には
あのセンダングサのひっつき虫"が付いていますっ!!!





すぐに図鑑を引っ張りだして探して見ると・・・
ありました・・・"シロバナセンダングサ"





実はセンダングサは
アメリカセンダングサかコセンダングサしか見た事が無かったため、
シロバナのセンダングサなんてイメージできなかったんです( ̄▽ ̄;)ヾ

















a0059328_2124511.jpg



 【コシロノセンダングサ】小白之栴檀草・子白之栴檀草
  本州から九州にまで分布が確認されている
  北米原産の帰化植物、キク科の1年草。
  平野部から低山地の乾燥地を好む。
  花は夏の終わりから黄色い頭状花を枝先に付け、
  白い舌状花を数枚付ける。
  葉は対生をし、羽状複葉で、小葉は3~7枚になる。
  鋸歯があり、葉の両面は微毛を持つ。
  茎は上部で多数分岐する。
  種は線形をし、先端に2~4本のトゲ。

  似た種は数多くあるが、じっくりと観察すれば同定する事が出来る。

  コシロノセンダングサ・シロノセンダングサ
   ・舌状花はハッキリとし、白色
   *コセンダングサの変種とされる。
   *舌状花以外は基本的にコセンダングサと変わらない

  コセンダングサ
   ・舌状花なし
   ・種は線形、トゲ2~4本
   ・総包はヘラ状になり、やや反り返る
   ・葉は複葉となり、小葉3~7枚

  アイノコセンダングサ
   ・舌状花は小さく、白色
   *コセンダングサの変種とされる。
   *舌状花以外は基本的にコセンダングサと変わらない

  アワユキセンダングサ
   ・舌状花は大きく、白色
   *コセンダングサの変種とされる。
   *舌状花以外は基本的にコセンダングサと変わらない

  ハイアワユキセンダングサ
   ・茎の下部が地面を這うように広がる
   ・葉は基本複葉3枚
   *アワユキセンダングサの変種とされる

  タチアワユキセンダングサ・オオバナノセンダングサ
   ・茎は直立
   ・葉は基本複葉5枚
   ・種は線形、トゲ2本
   *アワユキセンダングサの変種とされる

  センダングサ
   ・舌状花は黄色
   ・種は線形、トゲ3~4本
   ・総包は尖り、反らない
   ・葉は複数回の複葉となり、鋸歯はハッキリし、小葉は7~11枚

  コバノセンダングサ
   ・舌状花はなし~黄色
   ・種は線形、トゲは3~4本
   ・総包は反りかえらない
   ・葉の鋸歯は鈍い。

  ホソバノセンダングサ
   ・舌状花はなし~黄色
   ・種のトゲは2本
   ・葉は複葉になり、深く裂け、線形

  キンバイタウコギ
   ・舌状花は黄色~橙色
   ・種のトゲは2本
   ・葉は先の尖った被針形で、稀に深く3裂に裂ける
   *園芸品種として「ウィンターコスモス」と呼ばれる
  
  キクザキセンダングサ
   ・舌状花は大きく黄色
   ・種のトゲは2~4本
   *園芸品種として「ウィンターコスモス」と呼ばれる   

  アメリカセンダングサ
   ・舌状花なし~稀に小さく黄色
   ・種は扁平、トゲ2本
   ・総包は大きく、葉状になる
   ・葉は複葉、鋸歯はハッキリする。
   ・茎は赤みを帯び、四角く角ばる

  タウコギ
   ・舌状花なし
   ・種は扁平、トゲ2本
   ・総包は大きく、葉状になる
   ・葉の鋸歯は鈍い
   ・茎は赤みを帯び、角は無い。

  名前の由来は葉の形から。
  樹木のセンダンに葉の形が似ているためにセンダングサと呼ばれ、
  本種はコセンダングサの変種であり、白い花びらをつけるため、
  シロノコセンダングサと呼ばれていたのが転じて
  コシロノセンダングサになったと言われる。
  また別の説にシロバナセンダングサと名づけていたが、
  シロバナセンダンと言う別の花が既にあったため、混乱を避けるため
  コシロバナセンダンと呼ぶようになり、更に呼びやすく短縮されて
  コシロノセンダングサと呼ばれるようになった説がある。

  キク科
  学名:Bidens pilosa L. var. minor (Bl.) Sherff
  花期:秋


a0059328_2157097.jpg

















くっつき虫だけ見てるとセンダングサなんですよね・・・

a0059328_21582471.jpg


でも、花を見るとやっぱり違和感が・・・




私が持っている図鑑にはシロバナセンダングサと書かれていましたが、
一般的にはコシロノセンダングサ、もしくはシロノセンダングサと呼ぶそうです。
この2種には違いがあるのかなぁ・・・
答えが見つかるまでにはもう少し時間がかかりそうです( ̄▽ ̄;)ヾ
10月16日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



自然生態園の南の台地の谷間を歩いていると、
対面の法面に白い花がたくさん咲いているのを発見っ(☆▽☆)

対面側なのでいまいち何の花か解りませんっ!!!

でも・・・やっぱり調べるっきゃないですよねっ♪
ぐるりと谷を回り越え、対面側に出てみるとそこには白いキク科の植物が(・`ω´・)
















a0059328_22342564.jpg



 【イナカギク】田舎菊
  本州から九州にまで分布が確認されているキク科の多年草。
  基本的に山地の日当たりの良い場所を好むのだが、
  セイタカアワダチソウなどに押される形で、日陰に咲いていることも多い。
  秋の頃に白い花をつける。

  似た種にシロヨメナと呼ばれる種があるが、
  イナカギクは花びらが丸みを帯び、葉が厚いのに対し、
  シロヨメナは花びらが細く、葉も細くて先がひょろ長い。
  また、全体的な印象はイナカギクが頑丈で、シロヨメナが細く弱そうに見えます。
 
  名前の由来は、
  自然の多く残る山野に分布することから、
  田舎の方に多い野菊と言う意味でイナカギクと名づけられた。

  キク科
  学名:Aster ageratoides
  別名:ヤマシロギク
  花期:秋



a0059328_22563916.jpg


















最初、シロヨメナだと思っていたのですが、
お友達のさっさんと一緒に調べてみて、
どうも、全体的な印象や葉の形がイナカギクに近いと言う判断に。

判別の難しい植物のひとつだと思います・・・



でも、ぐるりと遠回りして見た甲斐がありました♪
秋の頃に見られる花は随分と減ってきますから、なんだか嬉しい気分に(*´▽`*)