カテゴリ:雑談( 129 )

1月3日・晴れ



にゃっち はゆです♪
今日は自然生態園では【あん餅雑煮を食べよう!】なるイベントがありましたが、
その傍らで、インタープリターボランティアさんが
一升瓶を使って籾を精米していましたので、写真でパチリ(≧▽)■*

a0059328_14565344.jpg


この一升瓶を使った精米方法。
戦時中。
配給品だった白米が取り消しになり、代わりに玄米が配給されるようになりました。

それでも、人々は少しでも白米を食べたいと願い、玄米を精米する方法として、
一升瓶に玄米を入れ、木の棒でサッキュサッキュと突付いていたそうです。
元々は江戸時代に徳利を使って行なわれていた方法ですが、
非常に時間がかかるため、当時の子供の仕事となっていたそうです。





a0059328_15182886.jpg

戦時中は玄米を精米するのに一升瓶が使われたそうですが、
多くの方から聞いた話の中では、
籾摺り~精米に掛けて、この一升瓶で行なっていたという情報も。

そこで、インタープリターボランティアさんが籾から白米まで
一升瓶で精米できるのかどうか確認するためにここで実践されていました(*゜―゜)






a0059328_1522214.jpg

一升瓶に自然生態園で取れた黒米を詰め込み。






a0059328_1522127.jpg

木の棒で叩き潰していきます。

すると・・・
凄く時間がかかりながらも、少しずつ籾が取れていきます。
ある程度の籾が取れたなら一度取り出して、
籾だけを風で仰いで飛ばして、再び一升瓶に入れて米突き。

繰り返していると徐々に籾摺りが行なわれていきます。





a0059328_15222288.jpg

数十分一升瓶で米突きされたもの。

茶色いままなのが籾。
黒くなっているのが籾摺りで出てきた黒米。

これってかなりの重労働・・・と共に時間がかかる作業・・・
昔の人ってこんなに頑張ってお米にしていたのか・・・(´・ω・`)

そして頑張って頑張ってできるお米が、ようやくお茶碗一杯・・・Σ( ̄□ ̄;)

食べ物の大切さ。
昔の人はこう言う所から習っていたのかも知れませんね(´・ω・`)






トラックバックさせていただきましたブログ様・リンク先。
 →Aatys-アーティーズ- | 文明と歴史の長さと重みを伝える
     :こちらでは石臼について語られています。
 
by mikenekohanten | 2006-01-03 01:00 | 雑談
1月2日・晴れ


にゃんぱち はゆです♪

以前自然生態園で作られた干し柿。
 →里山の風景・干し柿
 →【干し柿をつくろう!】





あの時の干し柿がどうなっていたかと言うと・・・(・`ω´・)
a0059328_22584832.jpg


白い粉が吹いてとっても美味しそう(*´ρ`*)
干し柿作りの上手な方のお話では干し柿にも食べごろがあるそうで、
白い粉が吹く前の乾燥度50%の"柔らか~い"干し柿や
少し白い粉が出てきだした乾燥度20%の"あんま~い"干し柿など。

好みでいつ食べるかは自由だそうです(・`ω´・)

はゆは柔らかい干し柿が大好きだったので、
出来頃になると早々に食べちゃいましたが(*´▽`*)
でも、凄くあま~くなった干し柿も良いですよね♪





干し柿は日本和菓子の源流ですよね。

一説には"羊羹は干し柿を元に作られた"と言う話や
その他、和菓子の味付けの見本は干し柿と言う話しもあるそうです。

昔の和菓子職人さんは
いかにして、干し柿の甘さをお菓子で表現できるのか。
それを追求していたそうです。

「和生菓子の甘さは干し柿をもって最上とする」なんて言葉も
お菓子職人さんの間では、今に残っているらしいですよ。
甘過ぎずの精神ですね♪(・`ω´・)

和菓子の、あの甘いながらに奥深い味わい。
そうやって言われると干し柿と通じるところがありますね(☆∀☆)






最近のお菓子って、ただ甘いだけのモノが多いです。
もちろん、お菓子大好きなはゆです。
甘いだけのお菓子だってすっごく美味しいけど・・・。
でも、日本古来のこう言ったお菓子も見直したいですね(*゜―゜)b





トラックバックさせていただきましたブログ様・リンク先。
 →訪問日記。 : 干し柿:「柿が赤くなると医者が青くなる」・・・名言っ!!!
 →Ryokusuian Hana : 干し柿、ちょっと豚みたい?:干し柿モチーフの和菓子♪
by mikenekohanten | 2006-01-02 01:00 | 雑談
にゃぽんち、はゆです♪

今日はちょっと珍しいコケの紹介です。
コケとは、説明の必要がないと思うけど、
じめじめした場所にうっそうと広がるアレ。

コケと言われれば「どこにでもあるもの」なんてイメージが強いですが、
そのコケの中にも絶滅の危険にさらされている種も存在します。

【オオミズゴケ】
レッドデータブック環境省カテゴリー絶滅危惧I類
(香川県レッドデータブックには記載されていませんが、年々数を減らしているそうです)

a0059328_0211227.jpg



香川県の某所に生息していた【オオミズゴケ】です。

ところが、ここ数年、なぜかこの【オオミズゴケ】の生息地に
"笹"が大量に出てくるようになりました。
【オオミズゴケ】の生息地である湿地が乾燥してきたのかもしれません。
笹が大量に出てくることで
笹が影を作り、【オオミズゴケ】の発育の妨げになっています。

そこで、笹を刈り取り日の光が入るようにしてあげることで、
この【オオミズゴケ】を守ろうと言う事になり、
早速、付近を覆っていた笹を刈り取りました。
これで少しでも【オオミズゴケ】が守れたら良いんだけど(・`ω´・)

a0059328_1113856.jpg


アップにしてみると凄く綺麗な幾何学? 的な模様をしていますね♪


さて、
この絶滅危惧されている【オオミズゴケ】の理由として
大きく言われているのは3つだそうです。

ひとつめ。
低地の湿地に主に生息していたこの【オオミズゴケ】は
湿地開発により生息地を減らしてきたそうです。
これが大きな理由だと思われます。

ふたつめ。
【オオミズゴケ】は非常に保水性に優れていて腐りにくく、
園芸などのコンポストに利用されているそうです。
コンポストって言うのは「園芸用培養土。配合土」
最近では"ガーデニング"というものが流行っているけど、
絶滅危惧の恐れのあるものを無理に使わなくても・・・( ̄▽ ̄;)ヾ
自生種、絶滅危惧種を守る上でも、
自然な環境で生息している【オオミズゴケ】は使わないであげてください・・・
(園芸店などでは海外種や栽培されたものを販売したりしているそうです)

みっつめ
最近の環境の変化により、湿地帯の乾燥化が進み、
生息地にダメージをあたえて順々に数を減らしているそうです。
湿地帯の乾燥化・・・?
原因はいろいろありそうだけど、
やっぱり温暖化が原因なのかな・・・(´・ω・`)



この3つの原因を考えてみても、
オオミズゴケも他の絶滅危惧種の例に洩れず、
人間の開発や行動によって数を減らしているという事ですね・・・
by mikenekohanten | 2005-12-05 00:00 | 雑談
にゃぱ~んっ
はゆです(≧▽≦)

今回は自然生態園を少し離れて、
ボランティア外部研修をレポートしたいと思います♪



国営讃岐まんのう公園・自然生態園のボランティアの皆さんは
1年に1度、自主的に外部研修を行なっています。

外部研修とは、
外の「インタープリター活動」を行なっている団体を視察し、
情報などを交換しあう場を設け、
さらに高いレベルのインタープリターになるためのお勉強会なのです(・`ω´・)

a0059328_4122099.jpg

そんな訳で、早速バスに乗り込み目的地へ



今回ボランティア外部研修先に選ばれたのは
淡路景観園芸学校です。

ここ淡路景観園芸学校は名前の通り学校なんだけど、
キャンバス内を一般に開放しています。

そして、淡路景観園芸学校の卒業生がボランティアとして
キャンパス内を案内してくださるアルファメイトというサービスを行なっています。
これは自然生態園のインタープリターと近いサービスになるのかな。



a0059328_413932.jpg


淡路景観園芸学校に到着すると、
午前中は簡単に淡路景観園芸学校の概要説明を聞きます。



a0059328_4134373.jpg


通常の園芸学校が教える造園や園芸、土木などに加え、
その空間などもトータルで演出するための建築や生活景観などを教えているのだとか。
卒業生はアルファグリーンネット(AGN)と呼ばれる団体に所属し、
駅前の植栽などを行なったり、町道作りを行なったりと幅広く活動されているそうです。



a0059328_4142339.jpg


なるほど~
卒業生は凄く精力的に活動しているんだ~(・`ω´・)





午前中の講義が終了すると待ちに待ったお昼ご飯(≧ρ≦)
本日は淡路景観園芸学校内の食堂でお弁当を頂きました♪



a0059328_4144563.jpg


カフェテリア「風の詩」

"食堂"って言っちゃうのが申し訳ないぐらいに綺麗なところで、
内装を見ても「さすが園芸学校」と思わず言っちゃいそうになるぐらいです。

そして出てきたお弁当(・`ω´・)


a0059328_4202750.jpg


キャンバスの食堂で出されるお弁当。
どんなのが出てくるのかと思ったんだけど、すっごく美味しかった―→ッ(≧▽≦)b






さて、少し脱線したところから、お話をボランティア外部研修にもどして(≧▽≦)



午後からはアルファメイトさんが
淡路景観園芸学校内を案内してくださいました。


↓屋上菜園と呼ばれるもの。
a0059328_424528.jpg

いろいろなお野菜が育てられています。



↓園内をぐるりと周ります。
a0059328_4214635.jpg
a0059328_4215528.jpg
a0059328_422149.jpg

a0059328_422772.jpg





↓こちらは園芸学校入り口。
a0059328_4241261.jpg

大きな木が立派です♪




↓園芸医療と呼ばれる施設。
a0059328_4242238.jpg

a0059328_427465.jpg

体の不自由な患者さんなどが、バリアフリーの環境にある花壇で
園芸を通して心身ともに治療していくのだとか。
凄く興味深いです(*゜―゜)





園内はすっごく広く、手入れされています。
まるで日本では無い風景が広がり、
「里山」と言う自然を管理している自然生態園とは
趣旨が違うということもあるんだろうけど、凄く新鮮なイメージを受けました。


a0059328_426053.jpg

a0059328_4261950.jpg


↓これは盆栽?
a0059328_4262420.jpg

こうやって見ると雰囲気が違って見えて楽しいですねヽ(´―`)ノ



a0059328_4265642.jpg
a0059328_42713.jpg


↓木の種類によっては、こんな風に平べったく育てることも出来るらしい。
a0059328_427838.jpg

こう言うのもとても面白い気がする(≧▽≦)
でも、自然な環境を考えると磔にされているみたいに見えなくも無い? ( ̄▽ ̄;)ヾ




園内は淡路景観園芸学校の生徒さんたちが勉強もかねて手入れしているんだとか。

勉強する場として活用し、
さらに一般の来園者に見てもらうことで多くの意見を取り入れる事が出来る。
生徒は向上心に繋がるし、一般の来園者はゆっくり庭を見て回ってくつろげる。

これって自然生態園にも取り入れたり出来そうかも?(・`ω´・)



園内をぐるりと回り、帰って来ると、
今度はアルファメイトさんたちとの意見交換会。


a0059328_4272945.jpg


自然生態園インタープリターボランティアさんは積極的に質問し、
アルファメイトさんの実情や考え方、活動内容などを聞き出していきます。
全国に数多くある、アルファグリーンネットの支部との繋がりや活動など、
とても興味深く、自然生態園に取り入れたいと思えるアイデアもいくつか出ていました。

ボランティア外部研修。
非常に勉強になる1日でした♪(≧▽≦)





おまけ


a0059328_431485.jpg


これは淡路景観園芸学校に置いてあったパネル。
AGNを紹介するためのパネルなんだけど、
良く見ると…

まんのう公園自然生態園が写っています(≧▽≦)
実はAGNさんも外部研修で自然生態園に来られた事があるそうです。
さらに、AGNの一員さんには
自然生態園インタープリターの資格を持っている方も(・`ω´・)
(距離的な問題でなかなか自然生態園のボランティア活動は難しいみたいですが)

こう言った、
「団体」の垣根を越えた活動や繋がりっていうのは
情報交換する上でも非常に大事になるモノ。
しっかりと繋いで広げていきたいですね(≧▽≦)
by mikenekohanten | 2005-12-04 00:00 | 雑談
管理人のはゆです。
こちらのブログの常連さんでもある凹さんの記事に
「結構当たる?」ストレス診断なるものがあったので
はゆさんも挑戦してみることにしましたっ(・`ω´・)

参照
 →(あがり症)アイリス相談室。





そして、はゆさんの診断結果です。

 はゆさんの診断結果
 あなたの心のストレス度 48 %

 はゆさんの診断結果です

 はゆさんは
 失敗に対する恐怖心が強く、不安な気持ちにさいなまれやすいです。
 その反面「しっかりとやらなければ!」という気持ちも強く働くため、
 緊張や力みや強く生じてしまうことが多いです。
 又以前、失敗した時と同じ状況に立たされると、そこから避けたり、逃げてしまいたくなり、
 極度に緊張して悪循環になることもあるようです。
 またこの場合、失敗のことが強く頭に残り、どんどん自信を喪失してしまうこともあります。
 失敗することはたしかに嫌なものですが、そこから何かを得ることも出来るものです。
 失敗することに恐れずに失敗から何かを学びとっていく気持ちを持っていきましょう。

 そして

 はゆさんは
 他人からの目を気にするあまり、
 「どう思われているか」「変に思われていないか」という気持ちが強く、
 周囲の人たちがつまらなそうな顔をしていたり、
 いらだった雰囲気を感じると気持ちが焦り、力みから緊張が生じやすいです。
 うまくできない自分に対しても腹が立つことが多く、
 うまく出来なかったことに対して過剰に意識しすぎて
 自らお悩みを高めてしまうことがあります。

 又、

 はゆさんは
 素直、従順なタイプで周囲の人からは人気もあり、
 目上の人には特に可愛がられるタイプです。
 ただ、自分の気持ちよりも、周囲の人や他人のことを優先し、
 自分の素直な気持を抑え込んでしまう傾向があり、ストレスを内に溜め込みやすいです。
 相手に不快感を与えるくらいならば
 それを出さずによい子を演じようとして疲れることも多いです。
 又、たとえ心が疲れきって泣きたいくらいボロボロの状態のときであったとしても、
 そういう状態であることに周囲は気づきにくく、一人で思い悩んでしまうことがあるようです。 

 そして

 はゆさんは
 自分では特に意識はしていなくても、日々の生活の中で自然といろいろなことを学び、
 吸収できるためよい方向に向かいやすいです。

 又、

 はゆさんは
 人間関係ではやや受身の面や消極的な一面もありますが、
 一つ一つ冷静に判断しながら前向きに物事を考えることが出来、頭の回転も速いです。

 又、

 はゆさんは
 親から感情的に怒られることが多かったので、
 無意識に自分の自由な行動にストップをかけてしまう面があります。
 人との関係においても、なぜか緊張気味になることが多いです。

 陥りやすい精神的なお悩み

 好調、不調の波を感じることがあり、
 不調なときの自分を感じたときには嫌な気持ちになり、憂鬱になることがあるようです。
 不調のときでも無理をして頑張ろうという気持ちが強く、
 時々心が疲れてしまうこともあるようです。

 <こんなお悩みはありませんか?>
  ・人前でのあがり症
  ・人に気を遣いすぎて疲れてしまう
  ・緊張、不安感





自己診断と照らし合わせてみると、

 私はミスに対する恐怖心すっごく大きいです(その癖ポンポンミスして起こられますorz)
 失敗すると、確かに最後まで記憶に残っていますね。
 小さな頃の失敗談とか未だに思い出しては沈むこともあります。
 私的には「警め」として「忘れない」と言う意識もありますが。

 周囲の目は非常に気になります。
 なんと言うか、「変な人に見られても全然平気だけど、悪い人には見られたくない」
 そんな意識が強いです(非常に解りにくいですね( ̄▽ ̄;)ヾ)

 私は素直ではないと思います。(単純ではありますが(゜∇゜))
 >目上の人には特に可愛がられるタイプです。
 (この診断結果…凄く心当たりがあるんですが( ̄▽ ̄;)ヾ)
 >そういう状態であることに周囲は気づきにくく、一人で思い悩んでしまうことがあるようです。
 自分自身が出来るだけ周りに悩んでいることを悟られないようにしていることはあるかも。 
 もちろん、自分でどうしようもない時は友達に相談してグチっちゃう事も結構あるorz

 私はそんなに頭の回転速くないです。
 まぁ、「何ごとにも前向きに考える人だねぇ」とは良く言われますが(゜∇゜)

ストレス度は48%だけど、これって高いのかな、低いのかな。
個人的に全然ストレス溜めない系の人なので低い方だと思うんだけど…。
それとも、知らないうちに溜めちゃってるのかな。
自己診断と照らし合わせてみても、結構当たってるのかな→ッ!?(≧▽≦)
by mikenekohanten | 2005-11-29 22:48 | 雑談
お友達に山歩き大好きな人がいるのですが、
その友達が「面白いもの見つけたから見に行こう」と言って私を山に連れ出しました。



まぁ、いつもの事ですが(´・ω・`)



んで、
香川県の某山の中でこんな綺麗なお花が(゜∇゜)!!





a0059328_21152681.jpg






これは【リンドウ】といわれるお花らしい。
昔の「里山」の文化に依存した生態系をしていたらしく、
昔の田んぼや畑の付近の草地に生息していたみたい。

でも、その昔ながらの「里山」の風景が無くなり徐々にその個体数を減らしているんだとか。

環境省さんのレッドデータブックには載っていないんだけど、
香川県のレッドデータブックには準絶滅危惧(NT)で表記されています。
なので、綺麗な花なんだけど生息されている場所はヒミツです( ̄▽ ̄;)ヾ
ただ、その生息地は「里山」が放棄され林から森へと戻りつつあるので
そのうち、このリンドウもこの場所から姿を消します。

また、数が減っているのに綺麗な花だから、
香川県レッドデータブックに載っているのを知らない人がつい摘んじゃうんだとか・・・(´・ω・`)

なんだか悲しい・・・(´・ω・`)





そう考えると、
自然生態園では「里山」と言う環境を維持することで
そこにある貴重な植物たちを守っている・・・

人に見せるための作られた環境でも、
自然の生態の一部を守っていると言う面では生態保護に貢献しているんだなぁ~(・`ω´・)
by mikenekohanten | 2005-11-24 00:00 | 雑談
管理人・はゆです。
今日は里山と呼ばれる自然生態園についてお話したいと思います。




現在、自然生態園がある場所は
元々、人間が住んで暮らしていた場所でした。

田んぼや畑を営み、山の木を伐採し、
自給自足で生活していたそうです。

しかし、国が豊かに、便利になるにつれて
山に住んでいた人たちは山を降り、町に行ってしまいます。

そして人が暮らすことで整備されていた山は
どんどん荒れ山は本来の「野生」の姿へと戻っていきました。




やがて、
その広い広大な山を利用してまんのう公園が建設されるようになった時、
この、人が住んでいた跡地に「多くの貴重な動植物が生息する事」が解り、
大切に保護し、皆さんに見ていただく事になったのですが、
どの様にして保護するか」が問題になりました。

多くの専門家の方や昔からこの土地に詳しい地域の人たち、
また、こう言った自然を愛する人たちとの話し合いの結果、
昔にこの地で人が住んでいた時の風景に戻すのが一番適している
と言う話になりました。




その"風景"とは【里山】だったのです。

里山とは、人間と自然が良い関係を保ちながら
一つの自然の形として共存していた風景なのです。




里山といわれて"ピン"と来る人は少ないと思います。
私も初めて言われた時は良く解りませんでした。

一番簡単な説明は
某テレビ番組でTOKIOというアイドルグループが、
「DASH村を作る」と言う企画の元、里山の暮らしを再現しています。

 参照『DASH村』





自然生態園には自然の谷が広がり、多くの貴重な植物や昆虫を見る事が出来ます。
田植えなどを昔の姿のまま体験する事が出来ます。
竹細工やわら草履を作ったり、里山での技術を体験する事が出来ます。
うどんを作ったり、干し柿を作ったり、里山での生活を体験する事が出来ます。

そこには今は失われつつある古きよき時代が再現されています。
一つのテーマパークとして公開されていますが、
昔の良き時代を知っている世代はそれを思い出す、
昔の良き時代を知らない世代はそれを知る、良い場だと思います。

もし香川県に遊びに来る事があれば、
是非国営讃岐まんのう公園にまで足を運んでいただけたらと思います。

そして、自然生態園でのんびりと自然の声に耳を傾けてもらえたらと思います。
by mikenekohanten | 2005-11-13 00:00 | 雑談
管理人・はゆです。
11月12日土曜日にふれあい広場で遊んできたのでそのご報告♪



ふれあい広場って言うのは、
国営讃岐まんのう公園の芝生広場に
すっごく稀に設置される「動物と触れ合える広場」だったりします。
うさぎさんだったり、羊さんだったりするんだけどね(≧▽≦)


このふれあい広場、普段はまんのう公園にはありません(´Д`;)ヾ


この日はまんのう公園は秋祭りを行っていて、
そう言ったイベント事があるときに、ふれあい広場も設置されたりします。(*゜―゜)

今回のうさぎさん羊さん
四国ニュージーランド村と言うテーマパークから出張だそうです。


a0059328_23214484.jpg

羊さんは2匹♪(≧▽≦)



a0059328_23201437.jpg

こちらは顔の白い羊さん。
芝生を食してます(*゜―゜)



a0059328_23213110.jpg

エサをあげてる女の子。
他にもたくさんの子供たちが餌をあげてたので少しお腹一杯!?



a0059328_23213726.jpg

こちらは顔の黒い羊さん。
シロさんは可愛かったけど、クロさんはカッコイイですねぇ(・`ω´・)



a0059328_23215593.jpg

やぎさんと変わってうさぎさん♪
実際に抱っこさせてもらいましたっ!!
抱っこしたまま写真を撮るのが難しかったです(´Д`;)ヾ



a0059328_23214939.jpg

こちらの白いウサギさん。
足がすっごくピクピク痙攣していたので、
何かと思えば・・・

ウサギさんの足と足の間に黒い点が見えますか?

抱っこされているのに・・・「うんち」してる・・・Σ(√□ ̄;)ノ
by mikenekohanten | 2005-11-12 00:00 | 雑談
管理人・はゆです。
今日は自然生態園から少し離れて
竹風庵橋開通のお知らせです。



国営讃岐まんのう公園に遊びに来たことのある人、
さらに、自然生態園に遊びに来たことのある人ならご存知だと思いますが、

自然生態園は非常に立地条件が悪いところにあります。


実は、現在自然生態園があるところは、元々、駐車場になる予定でした。
けれど、調べてみると逆様池と呼ばれる池を中心に
非常に珍しい動植物が生息している地だと言う事が解り、
この自然を愛する人たちが「何とか壊さずに残したい」と提案し、
公園も「ならば、多くのお客様に見ていただこう」と言う形になり、
急遽予定が変更になりました。



これにより、自然が守られた訳ですが、
急遽予定が変更になったこともあって、
まんのう公園本体から自然生態園と言う区画が非常に解りづらい位置に設置され、
公園に来られたお客様が気軽に足を運ぶ事が難しい位置にあったりするのです。

実際に、
公園に来られたお客様で
自然生態園というものがあるのを知らない」と言う人もいれば、
自然生態園に行きたかったけどルートが解らなかった」や
自然生態園への道が解らないから車道を歩いてきた」と言う危険なお客様も・・・(´Д`;)ヾ



そこで、今回、この【竹風庵橋】が架けられることになったのです。
まんのう公園芝生広場から竹風庵・自然生態園に行くには
一度エントランス(入り口)付近まで戻るか、
駐車場まで車で出て、自然生態園の駐車場に車をとめるしかなかったのですが、
この【竹風庵橋】が完成した今では
まんのう公園芝生広場から竹風庵・自然生態園まで
エントランス(入り口)まで戻らずに歩いて移動が出来るようになったのです♪



竹風庵橋がどれだけ作用するかはまだ解らないけど、
たくさんの人に自然生態園に来ていただいて、
自然の風景をゆっくりと見てもらえたらなぁ~ と思いますね(*≧▽≦)b


a0059328_1494583.jpg



ちょっと立派過ぎる橋かも・・・?(´Д`;)ヾ
by mikenekohanten | 2005-11-10 00:00 | 雑談