約半月音沙汰なくてゴメンナサイ_(._.)_
ある理由により管理人はゆがインターネットに接続できなくなっていました。
その理由は下に書きますが、
コメントくれていたのに返事が遅れちゃったりと、本当にごめんなさいです(´・ω・`)

本当はすぐにでも、
お友達のブログを見て回って、復活した報告のコメントをして回ったり、
12月分の記事を書き込みたいのですが、
12月30日(今)から家族で小旅行に出ることになっていて、
12月の記事の更新は新年を迎えてからになりそうです( ̄▽ ̄;)ヾ

それでも、見捨てずに見にきてください。

でわっ
旅行に行ってまいります。

ネットで知り合った全てのお友達、
このブログを見に来てくださっている皆様、
そして、あたたかく応援してくださったみなさんに♪

本年が良いお年でありますようにっ!!!!
でわっヽ(´―`)ノ









さて、ここでは少しばかりネットに繋がらなくなった理由を記載します。


その理由とは、
実はお家を少しばかりリフォームしたのですが、
その時の業者さんが電気系統の部品? の設置を行なうとかで、
はゆが居ない間にブレーカーを数時間落としていました・・・(´・ω・`)

そのために、
モデム、及びルータの設定が全て初期化されてしまったのです・・・orz



ネットに接続できなくなったことを知った私は
すぐにモデムとルータの設定を入れ直したのですが・・・繋がらないΣ( ̄□ ̄;)




なんでっ!?Σ( ̄□ ̄;)




理由が解らずにNTTにお電話。
ADSLモデムの説明を聞き、こちらの状況を伝え、問題がない事を確認。

続いて、ルータのメイカーに電話。
こちらも、ルータの説明を聞き、こちらの状況を伝え、問題がない事を確認。



何故、繋がらないっ!!!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻



ケーブルが途中で切れていないか、電話はちゃんとかかるのか
イロイロ試して見たけど、それも問題なさそう・・・


考えられる可能性はプロバイダー?
ということで早速プロバイダーに電話し、
プロバイダー異常でもない事を確認・・・。


原因わかんなくて、ネット禁断症状が出ていてパニクって居ました。


もう一度落ち着いてパスワードを入力してて・・・ふと・・・
「パスワードが間違っているんじゃないか?」と言う疑問点にぶち当たり
プロバイダーに再度電話をかけてみる

PB「ユーザIDとパスワードをお願いします」
私「"ユーザID"と"パスワード"」
PB「申し訳ございませんが、パスワードが間違っています」
私「えっ!?」
PB「パスワードはほぼ間違いないのですが、英数字が1文字抜けています」
私「(ナニ―――――っ!!!!!Σ( ̄□ ̄;)」
PB「心当たりはございませんか?」
私「わかりません・・・教えていただけませんか?」
PB「申し訳ございませんが、電話でお答えすることは出来ません。
   ハガキで郵送することは出来ますが、どうされますか?」
私「お願いします・・・orz」
PB「もしお時間があるようでしたら、英数字が1文字抜けているだけですので
   試してみては如何でしょう?」

私「(つまり、全パターンを入力してみろとっ!?Σ( ̄□ ̄;)!?」



こんな感じで
結局、パスワードを間違っていた私のミスで繋がらなかったのです・・・orz


今回、NTT、プロバイダー、ルータメーカに電話しましたが、
NTTの電話の対応の悪さにビックリ( ̄▽ ̄;)ヾ
逆に、プロバイダーの「時間があるなら全パターン試してみては?」と言う答えに
すっごいギャグセンスを持っている人だなぁ~と(≧▽≦)

そして、ネットに繋げれるようになるまでに、
連休でNTTやプロバイダーに電話が繋がらなかったことや、
おハガキを待っている時間なども含めて、半月も費やしてしまった・・・(つ_T)ノ

でも、
これも良い勉強になりましたっ

パスワードしっかり管理しなきゃなぁ( ̄▽ ̄;)ヾ

とまぁ、
長々とここまで読んでくださったみなさん
ご清聴ありがとうございましたっ★

良いお年をっ!!!! (≧▽≦)ノシ
by mikenekohanten | 2005-12-31 23:59 | お知らせ


2005年12月の自然生態園イベント
 【竹細工をしよう!】12月11日(日)
 【わら草履をつくろう!】12月18日(日)
 【うどんをつくろう!】12月25日(日)
 【ガイドウォーク】土曜日・日曜日・祝日

  *イベントの日時は変更する場合があります。
  *また、有料イベント、事前予約が必要なイベントがあります。
  *詳しくは国営讃岐まんのう公園にお問い合わせください。




自然生態園へ行こう、最新の記事
  →【リュウくん】
  →【自然生態園を食べる♪】
  →落ち葉のジュウタン
  →【ウスタビガ】
  →【スッポンタケ】

11月の記事
  →11月の記事一覧



<注意>
 この記事は12月31日までに破棄されてしまいますので、
 コメント・トラックバックにお気をつけください。
 (消えて困るコメントやトラックバックは別の記事にお願いします。)

by mikenekohanten | 2005-12-31 00:00 | お知らせ
12月28日・晴れ



今年最後の自然生態園風景となります。
自然生態園内の園路を歩いていると、
逆様池と呼ばれるため池のほとりに妙に目に付く"実"があります。

a0059328_20105513.jpg


紫色の目を引く実・・・
少し毒々しい感じもしますね。


 【ヤブムラサキ】薮紫
 クマツヅラ科
 学名:Callicarpa mollis
 花期:夏


【ヤブムラサキ】。
名前の通り、山の法面からひょっこりと紫色の実が顔を出しています。
ムラサキシキブと呼ばれる木の仲間で、
ムラサキシキブより見た目が劣る? から【ヤブムラサキ】と名づけられたそうです。
ムラサキシキブに比べ、【ヤブムラサキ】の葉には
さわり心地の良い、ビロードのような小さな毛がたくさん生えているので、
ヤブムラサキと簡単に区別が出来るそうです。

アップにするとこんな感じ。
a0059328_2022211.jpg


残念ながら冬なので葉が落ちてしまい、
ビロードのような手触りを確認する事が出来ませんでした( ̄▽ ̄;)ヾ

でもでも、
自然のモノでこんな鮮やかな紫色が出るって凄いですよね(*゜―゜)
一見、毒々しくも見えるけど、見慣れてくると結構綺麗かも?(≧▽≦)b
12月27日・晴れ



自然生態園の入り口の松。
この松に【雪吊り】なるものが行なわれていました。

a0059328_18504258.jpg




松などの"形が命"の木は雪が降って枝に雪が積もると、
木が重さに耐えられずに曲がっちゃったり、
ヒドイ場合は枝が折れちゃったりするらしい。

それを防止するために上から枝を縄で釣り上げて、
枝に負担がかからないようにする・・・。
腕を骨折した人が首から包帯を巻いているのと同じ原理ですね(゜∇゜)






でも、香川県なんかで雪吊りが見られるとは・・・
確かに今年は12月半ばから雪が降り、積もったりする日もあるぐらいだから・・・
役に立っているところ(雪が積もった日)があれば、写真に収めねばっ!!(≧▽≦)





トラックバックさせていただきましたブログ様・リンク先。
 →猫のようにのんびりと : 雪釣り:富山の雪吊。竹の頂上から真直に延びる縄が綺麗♪
 →気まぐれな写真館 : 雪吊り:東京の雪吊。今年は雪の積もった光景が見れる?
12月26日・晴れ



にゃふぃ~っ はゆです♪

クリスマスも済んじゃったから、
残すところは「大掃除」「大晦日」「お正月」の準備ですね。
大掃除・・・苦手だなぁ( ̄▽ ̄;)ヾ



さて、
自然生態園でもお正月らしい植物を見る事が出来ます。






a0059328_2135112.jpg

これは【十両】と呼ばれるもの。
千両・万両はお正月の縁起物とされていますが、
十両だって負けていませんっ♪(゜∇゜)

 【ジュウリョウ/ヤブコウジ】十両・藪柑子
 ヤブコウジ科
 学名:Ardisia japonica
 別名:山橘(やまたちばな)
 花期:夏(実は秋~冬)

元々は山橘と呼ばれていた種。
山の小さなミカンって意味かな?
赤い実を見ると到底ミカンには見えないんだけど・・・( ̄▽ ̄;)ヾ
それが、【ヤブコウジ】藪柑子と名前を変えました。
藪の中の小さなミカンという意味で藪柑子・・・。
山から藪にランク下げられました・・・?( ̄▽ ̄;)ヾ

同じヤブコウジ科の万両と比べると明らかに実が少ないです。
艶やかさはでは負けちゃうけど、
でも、お正月のお飾りとして重宝されているみたい。(*゜―゜)







a0059328_2243261.jpg

こちらは【コシダ】と呼ばれるもの。

 【コシダ】子羊葉
 ウラジロ科
 学名: Dicranopteris linearis Und.

【コシダ】って言うのは【ウラジロ】より小さなシダって言う意味。

【ウラジロ】って言うのは、お正月の御鏡様のみかんや御餅の下にあるあのシダ(゜∇゜)
【ウラジロ】は葉の分岐が2枚で年々段々に出来る。
葉の分岐が2枚ということで「夫婦」を現し、それが段々に出来てくることで、
祖父祖母~父母~子と、代々その家系が続いていくと言う縁起モノ。
種がたっくさんできるから子孫繁栄なんて意味もあるらしい。
さらに葉の裏を見ると「白い」。
だからウラジロって呼ばれるんだけど、
「家族が共に白髪になるまで元気でいる」と言う意味も含みみたい。
良い所尽くめの【ウラジロ】

【コシダ】【ウラジロ】に比べ葉の分岐が多く6枚。
縁起物としては使えない?
でも、ご近所のお年寄りのお話を聞く限りでは
【コシダ】も【ウラジロ】同様にお正月のお飾りとして使っていたんだとか。
【コシダ】は【ウラジロ】と良く似ているから混同して使われるようになったのかな?

今回は【コシダ】しか見つからなかったけど、
【コシダ】と【ウラジロ】は良く似た環境の中で育つらしいから、
探せば【ウラジロ】も見つかったかな?






自然生態園でもお正月のゆかりの植物を見つける事が出来ました(*゜―゜)
こう言うのを探して周るのも楽しいですね♪


国営讃岐まんのう公園・自然生態園では
動植物の採取は禁止ですっ!!!

(インタープリターボランティアや職員などが、生態系を維持したり、
        インタープリターを行なう上での採取は認められる事があります)





トラックバックさせていただきましたブログ様・リンク先。
 →Lettre @ LaLa Soleil:千両と万両の名前の由来が解り安いです。
 →建築設計事務所-花日和:「千両万両有通し」って関西圏の言葉だったのですね。
 →★ 山野草デジカメ日記★:白い色の万両がとても綺麗です♪
12月25日・晴れ



にゃっきん はゆです♪

今日は自然生態園で【ガイドウォーク】があったのだけど、
インタープリターボランティアの方が見つけた、チョウのさなぎ。

a0059328_061260.jpg



インタープリターボランティアさんのお話では
「ヒョウモンチョウと言うチョウのさなぎではないかな?」との事。



 【ヒョウモンチョウ】豹紋蝶
 動物の豹のような紋様の蝶。

 タテハチョウ科
 学名:Brenthis daphne
 活動期:7月~8月(チョウの時期)



写真のさなぎはどうやら【ツマグロヒョウモンチョウ】のさなぎみたい。
真っ黒な体に、キラキラするトゲが特徴(*゜―゜)
ヒョウモンチョウのさなぎは
コウモリのように、ぶら下がっているのも特徴的らしいね。

さなぎの間にぐっすりと休んで、夏には立派に羽ばたいてo(≧▽≦)o
12月25日・晴れ



12月25日。
空は晴れ。

今日は自然生態園でガイドウォークが行なわれていたので、
一緒について周ってみました(*゜―゜)
a0059328_23561259.jpg

何度かガイドウォークを記事にしているんだけど、
実はガイドウォークって言っても毎回同じではありません。
もちろん、四季や周るルートによっても内容が変わってくるんだけど、
大きな違いは「ガイドウォークをしてくださるインタープリターが変わる」事だったりします。

みんな自然が好き、ボランティアする事が好き。
そんな方々がボランティアに参加して下さっているのですが、
みんなそれぞれに専門分野がいろいろ違う。

鳥に詳しいインタープリターボランティアさんも居れば、
植物に詳しいインタープリターボランティアさんも居るし、
昆虫に詳しいインタープリターボランティアさんも。
案内してくださるボランティアさんが代われば、中心になる話も変わってくる。

そして、それに季節の変化が加われば・・・

ほぼ無限大にガイドウォークを楽しめるっ!!!(≧▽≦)



自然生態園のガイドウォークは1回じゃないのです。
何度も通うことで毎回違った発見が出来るのですっ!!!(≧▽≦)ノ








さて、早速本日のガイドウォークですが・・・
a0059328_23571973.jpg

なんとっ!?
サンタクロースの格好をしていますっ!?Σ( ̄□ ̄;)

そう言えば、今日は12月25日。
クリスマスだったのね( ̄▽ ̄;)ヾ






さて、そんなこんなでガイドウォーク開始です(*゜―゜)
a0059328_00832.jpg

今回のガイドウォークのお客様は小さな子たちだったけど、
インタープリターボランティアさんの投げかける問題に、
しっかり注目して答えを探していました(≧▽≦)






不意にインタープリターボランティアさんが園路外れに足を進めます。
なんだろう?
みんなゾロゾロとついていくと・・・。
a0059328_002383.jpg

インタープリターボランティアさんが指を指します。
垣根のところに何かあるらしい。







よぉ~~~っく見てみると・・・
a0059328_061260.jpg


これは何かのサナギかな?
白くとんがったところが、
光の加減で、ダイヤモンドみたいに輝いたり、金色に輝いたりしてます。
昆虫さんが持つ宝石みたいで綺麗ですね(*´▽`)b






続いて、インタープリターボランティアさんは南の台地の中へと入っていきます。
本当は園路から反れているので入っちゃダメなところだけど、
インタープリターボランティアさんが一緒で
ガイドウォークとして設定されている場所なら、入ることも可能。



さて、
南の大地に入ると、インタープリターボランティアさんから
「宝物が落ちているかも知れないから、探してみて」と宝探しを持ちかけられました。

こんなところに"宝物"?(´・ω・`)
みんなできょろきょろして見たけど、良く解らない。

はゆさんは早々にギブアップ( ̄▽ ̄;)ヾ
すると、サンタボランティアさんが地面でおもむろに見つけたものを見せてきました。
a0059328_091827.jpg

丸っこくて、小さくて、黒いモノ。
丁度、正露丸より少し大きい感じ。

ボランティアさんのお話ではなんと、「野うさぎさんのうんち」だそうです。

でも、うんちだといってバカには出来ません。
実は、生き物たちのフンは
フィールドサイン」と呼ばれとっても大切なものなのです。

その地域にどんな生き物が居るのか。
その生き物はどんな食べ物を食べているのか。
こう言ったものから確認することが出来るのです(・`ω´・)

早速、みんなで野うさぎさんのうんちを触ってみます。
a0059328_025552.jpg

もちろん、素手で触っちゃうとちょっと汚いので、
ビニール手袋を装着して見ます。

触った感じはどうだったのかな?
臭いはあるのかな?

いろいろと観察できます。



最後にはちゃんと手を洗ってガイドウォーク終了。
生き物のうんちなんて汚くて嫌厭するところだけど、
こう言うのも情報収集する上で大切な事を知ったはゆさんでした( ̄▽ ̄;)ヾ


今回のガイドウォークのサブタイトルは「そして、だれもいなくなった・・・かな?」
冬の山は木々が葉を落とし、昆虫たちは姿を消し、
空に野鳥が見えるぐらいにしか感じていなかったけど、

よく探してみると、
昆虫は来年の春に向けてさなぎになってたり、
動物たちも「居なくなった」ようで、実は活動して
その証拠になる「うんち」をのこしていました(* ̄▽ ̄)

目を凝らして、感を働かせて見てみると、
居なくなったようで、生き物の息吹をちゃぁ~んと感じ取ることが出来るんですね♪









おまけ♪
a0059328_0282921.jpg

ガイドウォークを終えたサンタボランティアさんが
なにやらゴゾゴゾとあったかそうなモノを取り出していました。



良く見ると紅茶? (*゜―゜)_旦
a0059328_028399.jpg

「美味しいよ、一杯飲んで見る?」と言われ頂いてみると、
少し、苦味のキツイハーブティ(・`ω´・)

実はこれ、サンタボランティアさんの手作り「ドングリティ」でした(≧▽≦)
灰汁を上手く取る事が出来れば、風味のある美味しい紅茶になるみたい。
ドングリティは飲んだ事無かったからすっごく良い経験になっちゃいました(*´д`*)
by mikenekohanten | 2005-12-25 00:00 | イベント
12月25日・晴れ



この日、インタープリターボランティアさんが
自然生態園の田んぼの畦を直していました。

a0059328_22202191.jpg


以前の記事でも何度か取り上げた事がありますが、
自然生態園(まんのう公園も)を荒らす害獣・・・イノシシさん。
(本当は害獣なんて呼びたくないけど(´・ω・`))

イノシシさんが水の張られた田んぼを"ヌタバ"にして荒らしちゃいます。
自然生態園では通常の農法で行なわれるお米作りではなく、
"不耕起栽培"と言う方法を取っています。

不耕起栽培では冬のうちに田んぼに水を張ります。

ちゃんと水を張り、水深がある程度深ければ、
イノシシさんもヌタバにはしないらしいのですが、
自然生態園に来るイノシシさんは水深の浅い畦を壊すものだから、
そこから水が洩れて、せっかく溜めた水もダダ洩れに・・・(つ_T)

そして、水深が浅くなれば、イノシシさんにとって絶好のヌタバなのです。




何度も何度も畦を直しては、イノシシさんに破壊され。
何度も何度も畦を直しては、イノシシさんに破壊され。

それでも、インタープリターボランティアさんは一生懸命に畦を直します。
じゃないと、来年の田んぼ、不耕起栽培ができないから・・・(´・ω・`)






そんな中、職員さんから朗報が。

自然生態園の田んぼの周りを
ぐるりとイノシシ柵がされているのですが、もう古くなってボロボロ(´・ω・`)
これが近いうちに修復されるそうです(≧▽≦)
しっかりとイノシシ柵が完成されたら、田んぼの被害もなくなるっ!?ヽ(´―`)ノ






さて、
再びカメラを田んぼに戻してみると・・・

a0059328_22282323.jpg


畦を直そうと田んぼに入れた鍬に氷がΣ( ̄□ ̄;)





アップにしてみるとこんな感じ。
a0059328_22305415.jpg


氷、結構分厚い?
1cmぐらいありそうかも(゜∇゜)!





a0059328_2246610.jpg

田んぼの氷にカメラを置いて『カシャッ!!!』
氷がガラスみたいに、太陽の光キラキラしてる(☆∀☆)





a0059328_2253745.jpg

凄く水面まで透き通っている。
全く風の吹いていない日みたいに「し―――んっ」ってしている(*゜―゜)
落ち葉をビタッと閉じ込めちゃったみたい(・`ω´・)





そして、田んぼのすぐ側を見ると・・・
a0059328_22542825.jpg

霜柱が立っていました。
ずず――――――ッとアップにしてみると、凄く幻想的に見える(*゜―゜)

霜柱がどう言う原理で出来るのか解らないけど、
写真を見ると、地面からにょきにょき生えてきて、
土を押し上げているように見える(☆∀☆)






そしてこちらにも冬の足跡。
a0059328_22575533.jpg

落ち葉が落ちているだけだけど、
白い霜がついて、見てるだけで寒くなっちゃう((((( ̄□ ̄;)))))






そして・・・
冬は時として命も奪う。
a0059328_22594039.jpg

これはコウロギなのかな?
こんな時期に・・・なんて思うけど(´・ω・`)

その戯骸はついさっき命を絶ったばっかりのように生々しい。







冬は綺麗だけど、時として命も奪う。
これも自然の中に生きる摂理なのかな・・・。
12月24日・くもり



にゃぃっちゅん はゆです♪

肌寒い日、
ふと、窓ガラスの網戸で羽根を休ませている蛾を発見。
インタープリターボランティアさんの話では「冬の蛾」との事。



a0059328_1938583.jpg




調べてみると、どうやら【ウスズミカレハ】みたい。

 【ウスズミカレハ】薄墨枯葉
 学名:Poecilocampa tamanukii
 チョウ目カレハガ科
 活動期:冬

ふかふかの毛に包まれる姿は、まさに「冬の蛾」ですね
頭に付いている触角は、コウモリの耳みたいにも見える(・`ω´・)


羽根を広げると黒薄く透き通っていて「薄墨」で枯葉蛾の一種。
インタープリターボランティアさんが言っていた「冬の蛾」と言うだけあって、
晩秋から冬にかけてだけ羽化し、交尾、出産を終えると、短い命を遂げるらしい。


そんな貴重な【ウスズミカレハ】の交尾も写真に捕らえることに成功♪

a0059328_20294718.jpg

寒い中なのに、お熱いぞぅ (≧▽≦)ノシ このぅ
12月23日・くもり



にゃぁぃ はゆです♪

今日は朝からハッキリしない天気。
小雨がぱらついたり、少し太陽が顔を覗かせたり。

なぁ~んとなく、自然生態園の奥のほうまで足を進めてみると、
少し面白い木々を見つけたので思わず写真でパシャり *■(―`)ノ



a0059328_23302095.jpg



なんだか、蝶々がいっぱい止まっているみたいに見えない?
セピア色でオシャレな木。
すっごくカワイイ。(*´▽`*)





でも・・・ちょっと不思議。
蝶の羽のように見えるのは「花」なのかな?
花びらって、あんな風に枯れるものなのかな?(´・ω・`)



この木の名前の判別が出来なかったので、
職員さんに調べていただいたところ、
【ノリウツギ】と言う名前だと解りました。


 【ノリウツギ】(糊空木)
 ユキノシタ科
 学名:Hydrangea paniculata
 別名:ノリノキ(糊の木),サビタ
 花期:夏


和紙を漉くときの糊が
この木の皮から取れたので「糊の木」と呼ばれるようになり、
ウツギに似ているところから
【ノリウツギ】と呼ばれるようになったそうです。


さらに、
はゆが疑問に思っていた「蝶の羽」見える「花びら」のようなもの。
ボランティアさんに聞いて見たところ、
花びらではなく、ガク片だそうです。

でも、通常のお花の外側に付いているガクとは少しイメージが違いますね。

装飾花なんて言われ方もしているみたい。
確かに、ガクより花びらに見えるよね(*゜―゜)