【管理人よりお知らせ】(更新情報)


  2007.10.23:記事の更新をお休みしました。
  2007.10.22:記事の更新をお休みしました。
  2007.10.7:記事の更新をお休みしました。






a0059328_22541343.jpg

最終バスが行ってしまった。





a0059328_22542389.jpg

象の頭。








  【始めに管理人から】   【当ブログの楽しみ方】
  【はゆのお友達リンク集】  【TAG-list タグリスト】
  TB拒否URL公開 コメント禁止ワード公開



自然生態園情報
湿地の谷でキセルアザミが花盛りですっ!!!
とっても可愛らしい、小首を傾げた花を観察できますよ♪
その他、園内では薄暗いところでコウヤボウキなどの開花も確認っ!!!
秋から冬へと季節が変わりつつありますね。

開花
 コウヤボウキ、キセルアザミ、スイラン、サワヒヨドリ、ヒヨドリバナ、
 ミゾソバ、アキノウナギツカミ、イヌタヌキモ、・・・他
観察
 マユタテアカネ、ミヤマアカネ、ヒメアカネ、リスアカネ、ミヤマアカネ・・・他



「自然生態園へ行こう の ブログ」最新の記事
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【アキノタムラソウ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【はゆのトンデモ地球論】その34
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【コガネグモ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ノギラン】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヨツボシテントウ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヤブジラミ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ツユクサ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ウツボグサ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヤマトタマムシ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【コミスジ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ウラギンシジミ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【イヌタヌキモ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【里山教室・草押し】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ユウスゲ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【カラスビシャク】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【アカメガシワ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ネジバナ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【クロハナムグリ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【クマバチ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ジュンサイの間引き作業】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【オオアオイトトンボ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ノハラナデシコ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【里山教室・田植え】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ツチアケビ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ツバメシジミ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【コマツナギ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ウバタマコメツキ】
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【はゆのトンデモ地球論】その33


 
アリさんの花便り
  →【アリさんの花便り・第14号】

 新記事を含む過去の花便り
  →【アリさんの花便り】



TAG
 植物
  ○赤/紫/青色の花 ○黄色の花 ○白色の花 ○その他の花、実
  ○春の植物 ○夏の植物 ○秋の植物 ○冬の植物
  ○キノコ  ○コケ

 動物(昆虫・生き物)
  ○春の昆虫 ○夏の昆虫 ○秋の昆虫 ○冬の昆虫
  ○春の生き物 ○夏の生き物 ○秋の生き物 ○冬の生き物
 その他
  ○俳句 ○ ○イベント ○里山管理



前月の検索ワードランキング

検索ワードランキング
順位 検索ワード アクセス数
1位 秋の昆虫 119 ・・・そろそろ秋の虫が音色を奏で始めたからですかね(≧▽≦)
2位 トノサマカエル 74 ・・・まだまだ活発に動いていますよね、カワイイんです♪
3位 アキノタムラソウ 46 ・・・晩夏を代表するムラサキのお花ですね(*゜―゜)
4位 夏の植物 46 ・・・夏の植物の何を探してたのでしょうか♪
5位 オナガミズアオ 27 ・・・やはり検索数上位に引っかかりますね・・・
6位 秋の生き物 26 ・・・これから沢山の生き物が出てきますよねっ
7位 アギナシ 22 ・・・今年もキレイな花と特徴的な葉、そして大きな実を付けました。
8位 トウバナ 21 ・・・意外と検索数の多いトウバナ・・・どうしてだろう?
9位 オオマリコケムシ 19 ・・・異様ですが、「生き物」なんですよね♪
10位 秋の植物 18 ・・・季節の変わり目、検索数が上がります♪

はゆさんのブログアクセスランキング(2006年12月12日)
↑ 891 位 http://seitaien.exblog.jp はゆ さん


都道府県別統計
1位 東京都 140 (20.26%)
2位 愛知県 79 (11.43%)
3位 神奈川県 60 (8.68%)
4位 大阪府 41 (5.93%)
5位 埼玉県 35 (5.07%)
6位 千葉県 25 (3.62%)
7位 茨城県 24 (3.47%)
8位 兵庫県 22 (3.18%)
9位 京都府 21 (3.04%)
18位 香川県 7 (1.01%)



私の愛したシロ
 シロ
by mikenekohanten | 2007-10-31 23:59
にゃいでぁ はゆです♪



はゆのトンデモ地球論、第34回目です。
でも、読まれる前には注意があります。
はゆのトンでも地球論は第1回目から順番にお読みください(`・ω・´)

 →【はゆのトンデモ地球論】
















では、【はゆのトンデモ地球論】の第34回目に行きましょう♪
今回のテーマは「シガラミと先行投資的考え3」です。

















さて、前回まででシガラミと言う言葉の持つ意味を説明してきた。
これを私たちの生活に入め込んでみても面白い事が解かると思うのだが、
ここでは少し、子供たちに入め込んで考えて見たいと思う。





一昔前に「挨拶をしなくなった子供たち」と言うキーワードが随分流行ったように思う。
皆さんはこのキーワードを耳にした事があるだろうか?
近年になればなるほど聞かれなくなってきた事なのだが、
実はこの「挨拶をしなくなった子供たち」もシガラミを考えればその意味が見えてくる。










まず、子供たちの行動にシガラミを当てはめる前に、少し「挨拶」について考えよう。

挨拶とは何か。
いろいろな考え方はあるかもしれないが、
大きく言われることはコミュニケーションであると言えるだろう。

もう少し正確に言うなれば、コミュニケーションの導入部であると言える。

例えば、「おはよう」は「お早いですね・・・・」と言う言葉が短縮されたものだが、
本来であれば「お早いですね・・・」の後に日常会話などの言葉が続く。
つまり「あなたと会話します」と言う意思表示こそが挨拶といえるのだ。

例えば挨拶は「おはよう」「こんにちわ」「こんばんわ」以外にもある。
有名なもので言えば大阪では「もうかりまっか?」と言う言葉がある。
おそらく今、実際に使っている人は少ないのだろうが、
商業都市とも言える大阪ではコミュニケーションの導入部に
「おはよう」などの言葉よりも「もうかりまっか?」の方が
都合が良かったのだろうと想像することが出来る。
ちなみに、こう言ったコミュニケーションの導入部に成り得る言葉は地方にいくらでもある。
私は香川県の出身であるが、
香川では「なんがでっきょんな?」がコミュニケーションの導入部だ。
「何か出来ているのですか?」から会話に入るための導入部と言える。

また、私は挨拶が持つ意味の一つにコミュニケーション以外に、
仲間意識が大きく含まれると思っている。

先にあげた大阪の方言や香川の方言は、今でこそ通じる点もあるかもしれないが、
他の県に住んでいるものが行き成り言われても通じないだろう。
つまり、挨拶はコミュニケーションの導入部であると共に、
相手が自分の仲間であるのかを識別する方法でもあったのではないかと私は考えている。



続いて、「挨拶」と言う漢字の持つ本来の意味を見てみよう。
 「挨」は押しのける。
 「拶」は迫りよる。
つまり、競り合い押しのけあう姿が「挨拶」である。
これは元々、禅における問答から来る言葉で、
位の高い僧が修行僧に問答を行い、
返答から相手の考えを知り、その悟りの深さを試した行為から来ている。
ここから、問答をする事は互いに情報を交換する行為に繋がる事や、
互いに敵意が無い事を示す事、仲間である事の確認と言った意味合いから
「挨拶」を行なうようになったと言われている。

平たく言えば、互いが常に情報交換をする事で相手を知る為の手法と言える。
茶道などには一挨一拶と言う言葉で残っているのも頷ける。
一挨(一つ押す・一回、話を聞く)と一拶(一つ迫りよる・一歩相手に近づく)



ここから見ても、やはり「挨拶」がコミュニケーションの導入部として大切である事、
また互いの人間関係を円滑にするところが見え隠れする。
これが「挨拶」の本来の意味だと言えよう。










さて、本題に戻ろう。
少し前に言われていた「挨拶をしなくなった子供たち」だが、
本当に挨拶をしなくなったのか? と問えば、それは嘘となる。
子供たちはちゃんと挨拶をしているのだ。
学校に行けば、親しい友達に「おはよー」と挨拶している。
以前、仕事柄、小学校に出入りする事が多かったが、
登校時の子供たちの賑やかな挨拶の声は私自身が良く知っている。

では、子供たちが挨拶をしているのであれば、
「挨拶をしなくなった」とはどういうことなのか?

この「挨拶をしなくなった子供たち」と言う言葉は
正確には「子供たちが挨拶する相手を選び始めた」ではないだろうかと思う。

先のトンデモ地球論33で述べたことだが、
正のイメージのシガラミ負のイメージのシガラミの関係である。

挨拶をしなくなったと言われる子供たちに、この正と負のイメージを当てはめると、
友達同士の挨拶はまさに正のイメージのシガラミにあたる。
互いが情報交換を行い得ることで互いが得をする存在なのだ。
即ちなのである。

では、挨拶をしなくなったのは?
負のイメージのシガラミで言えば、「挨拶をする必要のない相手」となる。

挨拶を行なうのは先にも言ったとおりコミュニケーションの導入部と言える。
つまり、コミュニケーションを取る必要がない相手に挨拶をする必要はないのだ。

近所の子どもが挨拶をしても返事をしない、と言うのであれば、
その近所の子どもはあなたに対して「挨拶する必要がない」と思っているのである。

もちろん、小学生の子供がそこまで深く考えているとは思わない。
だが、親しい友達には積極的に挨拶をする姿を見れば解かるだろう?
正のイメージのシガラミ」はであるが、
負のイメージのシガラミ」は苦(またはどうでも良い事)であるのだ。

人生経験の少ない子供たちは容易にを選ぶ。
自らの意思でを選ぶものは少ない。

こう考えれば「挨拶をしなくなった子供たち」と言うのは間違いで
正確には「子供たちが挨拶する相手を選び始めた」と言う事が解かるのだ。










この結論が出れば、逆に一つの疑問点が浮かんでくるだろう。
それは「では、何故昔の子供たちは挨拶をしていたのか?」である。

それは・・・言うまでもなく簡単な事だと言える。
昔の子供は負のイメージのシガラミを持っていたからだ。

昔の子供たちを取り巻く環境、近隣の環境を見れば、それらがすぐに理解できる。
昔は「町内会」や「婦人会」、「農会」や「子供会」などの地域ぐるみの付き合いが強かった。
近所に住む人たちが家族ぐるみの付き合いをしているのはもちろん、
近所に住まない人であっても、どこの誰であるかを把握しているケースもあるだろう。
そこで親は子供たちの躾として、挨拶の徹底をしたのだ。
知らない人でも挨拶をする。
地域ぐるみでの付き合いを円滑に進めるためには、その躾は必要不可欠だったのだ。
更に、子供たちは子供たちで、その負のイメージのシガラミを知っていた。
遠くの場所で悪戯をしても、大抵その悪戯行為を行なった事は親の耳に入ってくる。
つまり、どこで誰が見ているか解からない状況だからこそ、
子供たちもまた知らない人にも挨拶をしていたのだ。










諺に「旅の恥は掻き捨て」と言う言葉がある。
旅をしていてお金がなくなったら物乞いをしてでも国へ帰る」と言うのが
本来、使われるべき意味合いであるが、
現在においては一般的に
旅先でどのような恥ずかしい事をしても、羽目を外しても、
そこに留まるのは一時的なことであり、自分を知るものもいないから
恥を掻いても、捨てて帰れる
」と言う意味で使われる。

つまり、前者も後者も平たく言えば、
旅先では自分を知るものがいないから
少々恥ずかしい事をしても問題ないという意味だ。

これを反して言えば、
地元では自分を知るものが多くいるから、
恥ずかしい行為をしないようにしなければいけないという意味に変わる。

こういった諺を見ても、昔の人が「地域」に対してどのような思いなのかが解かるだろう。
それが子供たちの挨拶にまで気を配る躾になっていたのである。
そしてそれは地域のシガラミと言えるのだ。










では、再び話を"表"に戻そう。
何故、今の子供たちは容易に負のイメージのシガラミを捨てる事が出来たのか。

まさに地域ぐるみの付き合いと言えるシガラミが欠如したのだ。
だから親たちも、子供たちの知らない相手への挨拶に対する躾が弱くなり、
子供たちも親から強く躾けられないため、
自ら負のイメージのシガラミを背負わないのだ。

簡単な話だ。
あなたは隣人の家族構成がわかるだろうか?
隣人がどのような仕事をしているか解かるだろうか?

一つ例えを出そう。
昔は同じ町内の人が亡くなれば、
御通夜や御葬式に町内に住む人たちが借り出された。
もちろん、御葬式にも顔を出した事だろう。
今も田舎に行けばその様な地域はある。

だが、今の時代、
同じ町内の人が亡くなって御通夜や御葬式に借り出される人がどれほどいるだろう。
身内でも知人でもない同じ町内の人の御葬式に顔を出す人がどれほどいるだろう。

先に説明したように「挨拶」は「コミュニケーションの導入部」である。
そして「挨拶」から得るのは「互いの情報」である。
つまり、隣人の情報を全く知らないと言うことは、
隣人と「コミュニケーション」が取れていないと言う事。
即ち、「コミュニケーションの導入部」といえる「挨拶」が隣人と出来ていないと言うことだ。



親が負のイメージのシガラミを捨てようとしている現在に、
子供たちが負のイメージのシガラミを捨てたとしても、それは当然の結果であると言える。

そして、近年、挨拶しなくなった子供たちの話すら聞かなくなってしまった。
最早、挨拶をしない事自体が当たり前となりつつあるのだろうか。

















次回に続く

















・・・ところで、
近年のテレビニュースを見ていると
結構「恥」な事をやっている人が多いと感じる・・・
旅の恥は掻き捨てと言う言葉はもう使えない時代かもしれない。
旅に出るまでもなく、自分を知る近隣がいないのだ・・・。
by mikenekohanten | 2007-10-31 18:52 | 雑談
10月21日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



以前、里山教室の稲刈りとほだ掛けの記事を書いたのですが、
実はこのほだ掛けには後日談があるのです・・・

 里山教室の稲刈りとほだ掛けはこちらから
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【里山教室・稲刈り】















実はお友達のさっさんから
ほだ掛けに掛けている稲がスズメにやられている」と連絡を受け、
どれほどの被害が出ているのか・・・と、
カメラを持って自然生態園の田んぼに訪れたときでした。

















a0059328_0462182.jpg


離れた所から、望遠カメラでパシャリッ(`・ω)■*
上の写真にどれだけスズメが写っているか解かりますか?

















a0059328_0474979.jpg


あっちゃぁ~
こりゃ沢山、ほだ掛けに群がっています・・・

まぁ、スズメにしてみれば、
すぐ近くに御飯が沢山あるのだから・・・集まりますよね?( ̄△ ̄;)ゞ
農家の方がスズメと戦ってきたと言うのもわかります・・・





もう少し、アップで撮影しておこうと・・・
そろ~り、そろ~りと近寄ってみると・・・

















あっ 逃げられたっ!!!Σ( ̄口 ̄∥)

a0059328_0535942.jpg

















えっ!!!

a0059328_11456.jpg


こんなに居たのっ!!!





そか・・・
片面に17匹で、裏面にも居たのか・・・





コレは・・・脱穀するまでにお米がなくなってしまう・・・((((゜△゜;))))
by mikenekohanten | 2007-10-21 00:42 | 雑談