にょ~んっ
管理人・はゆです(・`ω´・)

今日は、2005年11月5日に開催された【脱穀をしよう!】で取れた
古代米がどうなったのか、その報告です(*゜―゜)


脱穀された古代米のモミは
2~3日の間、天気が良く乾燥された日に天日干しします。
a0059328_205553.jpg


ムシロの上にモミを広げて、写真の横に置かれている
地面をならすような形の道具「もみまぜ」をつかって平たくならして生きます。

雨が急に降り出したりすると、モミが湿気を吸っちゃうので、
すぐにムシロを3枚に折りたたんで屋内へ。

そんな感じで数日干してみて、
モミ殻を取って中の玄米をかじってみて「カリッ」って音がすれば、モミの天日干しは完了。





再び日を改めて、
今度は籾摺り(もみすり)をおこない玄米にします。

通常は木摺臼(きずるす)と言う道具を使うそうですが、
香川県では竹を編んだものに泥で重石を使った籾摺り機を使っていたそうで、
竹に泥と言う組み合わせから腐りやすく、
昔の人が使っていた道具が今はほとんど現存していないらしいのです。

そこで今回は農家かたにお願いして籾摺りを行ってもらったそうです。
その他、戦時中は一升瓶にモミを入れて木の棒ですり潰したり、
ゴマスリをするような道具を利用して籾摺りを行っていたそうです。

今回は、農家の方に通常のお米を籾摺りする用の電動の機械で行ったそうですが、
やっぱり里山文化の道具を使って籾摺りを体験してみたいですよね(*゜―゜)
もし、このブログを見て
私の家の納屋に、木摺臼が眠っているよ
倉庫においてても邪魔なだけだよ
って言う方いらっしゃいましたら、
是非、国営讃岐まんのう公園の自然生態園に寄付してあげてください
( ̄▽ ̄;)ヾ





おまけ

籾摺りされた玄米をつかって
スタッフさんが今年のお米の出来を試してオニギリを作ってくださいました。

a0059328_21355537.jpg


これは「黒米」と言う古代米を通常のお米に10%ほど混ぜて炊かれたもの。
黒米にはいろんな諸説が残っているみたいなんだけど、
もち米に混ぜると、紫色の綺麗なお餅が出来る事から「おはぎ」のルーツであるとか、
ご飯に混ぜるとやっぱりにキレイに色が付く事から
赤飯」のルーツとも言われているそうです。

この写真みてると、
すっごいキレイに色が付いています。
赤飯のルーツって言われるのも解る気がするね(*゜―゜)

味は普通に美味しかったです(☆∀☆)


なんだか、美味しいんだけど、凄く素朴で・・・
って、すっごいボキャブラリーの少ないコメントだなぁorz

こんなコメントしていると、エキサイトさんに文句言われそう( ̄▽ ̄;)ヾ
 参照ガイドブックのこんなフレーズにご用心!? | Excite エキサイト : ニュース
# by mikenekohanten | 2005-11-21 00:00 | 自然生態園風景
にゃぽりんっ
管理人・はゆです。

以前、自然生態園にも「干し柿」が干されていたことを記事にした事がありますが、
11月20日に自然生態園で【干し柿をつくろう!】と言うイベントが開催されたので
今日はそのレポートだったりします(☆∀☆)



【干し柿をつくろう】有料イベント
1セット柿6個で200円(≧▽≦)

一人1セットで参加しても良いし、複数で1セットでもokなのです(*゜―゜)

自然生態園学習室の板の間? に通されると、
昔ながらのムシロが広がっていてその上に藁が並んでいます。

ムシロの上に新聞紙を広げ、
柿を6個受け取り、さらに藁を受け取ります。
a0059328_22461179.jpg




早速、柿の皮を剥きます。
a0059328_22505536.jpg

と言っても、私はナイフとか包丁とか使えない人なので
ピューラ? と呼ばれるもので皮剥きしましたが(´Д`;)ヾ



a0059328_2253329.jpg

そして、講師の先生から藁綯いを教わります。
先生は簡単に手と足を使って綯っていくのに、私は全く縄になりません・・・orz
先生の話では
昔はわらじを綯ったりするのは当たり前だったからねぇ」だそうです。
経験の差と一言で言ってしまうには埋められない差を感じたり。

ちなみに、
はゆが「先生っ、藁が編めませんっ」って言うと、
先生が「藁は編むものじゃなく、綯う(なう)ものだよ?」と優しくツッコんで下さいました。



a0059328_22582418.jpg


綯った縄を少し緩めて「穴」を作り、
そこに柿の枝を通して、緩めた穴を少し絞り直すと干し柿の完成。
紐で括ったりするのかと思ったら、縄のヨリを利用して吊るすんだね~(*´д`)
凄く頭イイッ!!!!

a0059328_232579.jpg




【干し柿をつくろう!】体験イベントでならったのはここまで。
ここからは家に持って帰っての作業が残っています。

まず、干し柿に熱湯をかけて熱滅菌します。
これをする事で、干し柿の周りに薄い皮が張り、腐りにくくなると同時に、
殺菌も出来て一石二鳥なのですっ♪

a0059328_2365323.jpg


そして、雨が当たらない、風通しの良いところに干して終了♪
あとは、柿の様子を見ながら柔らかくなるとモミモミする。
そうする事で柿はより一層甘くなって、
さらに、タネが実と分離して食べやすくなるらしい(☆∀☆)
あめ色になったら食べごろ食べごろ
約2~3週間で完成っ!!!!

なんだかんだで、干し柿つくりを満喫しました♪
そして、干し柿の作り方も教わったのでもうお家でも作れちゃう( ̄▽ ̄)










そんなこんなでおまけ♪

干し柿作ってたら柿の枝が取れちゃった・・・
a0059328_23165819.jpg

って時の対処の方法♪



a0059328_23211676.jpg


こんな感じで平たいクイ(今回は竹を使いました)を差し込んで、
2本の藁で挟むようにして吊り下げます。

a0059328_23242363.jpg






・・
・・・




はい
3つ柿がぶら下がってますね(´・ω・`)
つまり、3つ枝が取れました・・・orz

あふーんっ(⊃д⊂)
# by mikenekohanten | 2005-11-20 00:00 | イベント
にゃぁ~~っ!!!
管理人・はゆです♪
今日は11月19日(土)に行われた
ボランティアさんの無料イベント
【里山発見ラリー】のレポートだよ(≧▽≦)





まずは【里山発見ラリー】の説明を。

【里山発見ラリー】とは、
広い自然生態園の中をオリエンテーションし、
各部署に隠されたクイズやミニゲームをクリアし、高得点を狙うと言うもの。

これ中々面白そう♪





このイベントに参加するにはまず自然生態園中庭で受付を済ませ、
名札と自然生態園地図と回答シートを受け取る(*゜―゜)

そして奥に進むとゲームスタート♪



a0059328_22394768.jpg

(写真掲載に置いて、顔が映っている所はで隠しています)

ここで【里山発見ラリー】のルールを聞きます♪

他にも数チームの参加者がいて、
その数チームと時間や得点を競いながらのゲーム。
ただしここでボランティアさんからの注意点。

このゲームは早すぎても遅すぎてもダメ」
「特定の時間が得点にプラスされる
」とのこと(・`ω´・)

ふむふむ、
つまり"運"もポイントとして作用されるって事か・・・ヽ(´―`)ノ




でわ、早速【里山発見ラリー】スタート(・`ω´・)
地図を見ながら第一問題地点へ。

a0059328_22472320.jpg


この札の下に問題が。

a0059328_2371760.jpg


開けてみると里山に関する問題やなぞなぞも♪
これが中々難しいっ!!!

でも、3択問題が多かったので、わからないのはヤマカン(´Д`;)ヾ




変り種問題では、こんなのもあったよ
a0059328_2257165.jpg

この黒いの、厚紙で折られたカラスの折り紙(*゜―゜)
ちょっとカワエエ(≧▽≦)ノ

このカラスが使われた問題。
「次のチェックポイントまでにこのカラスがルート上に何羽隠れているでしょう?」

もちろん、必死で数えましたっ!!!
森の木にこっそりぶら下がっていたり、
かと思うと、道の下の小さな小川から顔を覗かせていたり・・・

このカラスかぞえが一番難題で一番面白かった♪





a0059328_2344312.jpg




ここは"関所"
ここではボランティアの方が"逆様池"の名前の由来を教えてくれました。
約5分間ぐらいの説明だったんだけど・・・

この説明が終わるまで次に進めないっ!!!!
これはタイムロス?Σ( ̄□ ̄;)




全10問の問題を終えゴール地点へ行くと・・・

a0059328_2385798.jpg


なんとゴールに11問目の問題がっ!?Σ( ̄□ ̄;)

しかもその問題の答えがスッゴイ難しい・・・
これは遊んだ人にしか解らないんだけど、「記憶力を問われる問題」でした・・・orz
私の苦手なタイプの問題っ!!!!ヽ(;T-T)ノ




こんな感じでクイズが終了すると、
最後に"学習室"と言う自然生態園の建物の畳の部屋で
問題の答え合わせ と 里山についてのちょっとしたお勉強♪

a0059328_232002.jpg


私の得点は200点満点中・・・126点(・`ω´・)
高いのか、低いのか・・・





てか、一番下だったので低いんだと思います(´Д`;)ヾ





こんな感じでイベント終了♪
終わった後はボランティアの方から
参加賞のペロペロキャンディを戴きました♪

頭を使いながら、 体を使いながら、
里山の勉強をしながら、 自然の勉強をしながら♪

これはスッゴイ楽しかったです♪
ボランティアさんのお話では年に数回企画しているらしいので、
今回参加できなかった人、
私の記事を見て気になった人は是非是非来年参加して欲しいのです(・`ω´・)
# by mikenekohanten | 2005-11-19 00:00 | イベント
自然生態園でトンボを発見しました♪(☆∀☆)




a0059328_2057498.jpg





このトンボ何て言うトンボかな?

ウスバキトンボっぽく見えるけど、
未成熟のアキアカネっぽくも見えたり・・・

誰かトンボの見分け方教えて~ヽ(;´д`)ノ
# by mikenekohanten | 2005-11-16 20:43 | 教えて下さい
にゃ~っ!!!
管理人・はゆです(・ω・)

本日は自然生態園メインイベントでもある、
【ガイドウォーク】を体験してきたのでご報告です♪






まずは、【ガイドウォーク】についての説明♪

自然生態園には
昔の里山の風景を再現した、
貴重な動植物が自生している谷が広がっています。

ガイドウォークはそんな自然生態園の谷を
ボランティアの人が無料で解説しながら案内してくださるイベント
なのですっ!!!
基本的に土曜日曜祝日は必ずと言っていいほど開催されています。

 開催されていない日もございますので足を運ぶ際には、
   国営讃岐まんのう公園にお電話でご確認ください

まぁ、
自然生態園に来て【ガイドウォーク】に参加しないのは
大阪に行ってたこ焼きを食べない、東京に行って東京タワーに登らない、
香川県に来て讃岐うどんを食べない、ぐらいに来た意味の無い行為(・`ω´・)
是非、是非、参加してほしいのですっ!!!!



さて、
自然生態園のボランティアのみなさんは
毎月、テーマを持って自然生態園を案内してくださいます。

日本には四季があり、自然生態園にも四季があります。
また、雨の多い月もあれば、ペッカペカに晴れが続く日もあります。
自然生態園の中の動植物は全て自生しているものなので、
その季節やその時の温度、環境によって見れるものが全く変わっていきます。

そこでボランティアの皆さんは
何度も自然生態園を歩き、その月に応じたテーマを設定しているのです。


11月のテーマは【森の美術館】
色とりどりに紅葉していく山々と足元に広がる綺麗な落ち葉を
心のキャンバスにしっかりと描きながら、自然生態園を歩いて回ります(*´д`)b


自然生態園の中庭でガイドウォークに申し込むと、
早速ボランティアの方が自然生態園の奥にある観察園を案内してくださいます。

でも、
観察園に入る前に少しだけ注意事項も♪



a0059328_22474743.jpg

随分寒くなったけど、
まだまだ日中に太陽が照ると暖かかったりします(*゜―゜)
すると、ちょー危険なスズメバチ
猛毒を持っているマムシヤマカガシがひなたぼっこしてることもあるそうで・・・
そんな危険な生き物と遭遇した時の対応方法を教えていただきました♪



a0059328_22511983.jpg

この自然生態園にはたっくさんの生き物がいるらしいです。
タヌキさん野うさぎさんやリスさん
さらにはイノシシさんまで!?Σ( ̄□ ̄;)

その証拠に南の大地の果樹園がたっくさん掘り返されていました。
これイノシシさんが若い木の根を食べてるんだそうです・・・。
イノシシさんは基本的に夜行性らしいので、
残念ながらお昼には会うことは出来ないらしいのですが、
・・・う~ん。
あってみたいような~あいたくないような~(´~`;)ヾ



a0059328_2255635.jpg

こちらはマツボックリ
でも、よく見るとかじられた跡が?
ボランティアの方のお話では「リスがかじった跡かも?」らしいです(´▽`*)
ちゃんと最後まで食べるとエビフライみたいな形になるらしいですよん¥



a0059328_22584576.jpg

奥に進むと池と休憩所に出ました。
この休憩所は「アズマヤ」と呼ばれるものでかやぶき屋根らしいです。
こんなところでほんの少しの休憩。
なんだかホンワカしちゃいます♪(*゜―゜)b



a0059328_23168.jpg

そしてこのアズマヤから見えるのは「逆様池」と呼ばれる溜池。
ジュンサイと言う、高級料亭などで使われる材料がたくさん池に浮いています♪
さらにこの逆様池はいろんな生物の宝庫で
夏などはたくさんのトンボを見ることも出来るそうです(・`ω´・)



a0059328_234368.jpg

これはイナバの白兎で有名の「ガマの穂」です。
逆様池から南へ谷を上っている時にたくさんなっていました。
なんだかフランクフルトっぽく見えて美味しそうヽ(´ρ`)ノ



a0059328_2364450.jpg

これは若い松。
6歳。
年齢の数え方も教えてくれました♪
マツの枝は、1年に1段増えるそうです。
つまり、下から枝の生えている段を数えていくと、
下から段は6段あるので、6年目を迎えたマツです(*゜―゜)フムフム



a0059328_2311997.jpg

スッゴイ綺麗な紅葉をしている木を発見っ(☆∀☆)
綺麗だなぁ~ と思って触ろうとすると危険っ!!!!!!
この木は実はウルシの木だそうで、触るとかぶれてかゆかゆに((((゜д゜;))))
でも、ホント綺麗な紅葉でぃす♪

私はウルシのこと良く知らないけど、漆器ってこれを使うんだっけ?
だとしたら、綺麗な色合いが出る訳が解るきがするね(≧▽≦)



a0059328_23135936.jpg

中央の大きな木と周りの数本の木。
実は同じ種類の木らしいんだけど、少し印象が違います。
中央の木は根元から枝分かれが何本もあるのに、
周りの木は枝分かれせずにまっすぐ一本でのびています。

これって不思議(・`ω´・)

ボランティアさんの話では
これは里山としてこの山に人が住んでいた証拠だそうです(・ω・)

この木は一度人間の手によって伐採されました。
伐採された木は切られたところから新しい芽が出て生えていきます。
真ん中の木だけ枝分かれしているのは、
人間が昔この木を切りそこから新しい芽が生えてきたって事らしい・・・

これは勉強になるっ!!!!!!!!



a0059328_23214699.jpg

この木の中央には小さな穴があるの解るかな?
これ、今は中、モノケノカラなんだけど、元々はキツツキが穴をあけて住んでたらしい。

私、キツツキの巣とか始めて見たよΣ( ̄□ ̄;)

ちゃんと人が作った鳥の巣っぽく穴が開いてるの。
キツツキって凄いっ!!!



a0059328_23245097.jpg

これは"サルノコシカケ"
これも名前は知っていたけど見たのは初めてな気がする(*゜―゜)
木から直角に、まるで猿の椅子みたいに生えている・・・
サルノコシカケって名前の意味が良く解るなぁ(≧▽≦)


こんな感じで
自然生態園の中をゆっくり見て回ります。
今回私が歩いたルートは
30分コースで自然生態園の3分の1ぐらいをのんびり回るコースでした(≧▽≦)

通常は1時間コースとかあるらしく、
体験する前は「1時間も歩くなんて、疲れそうだなぁ~」と多くの方が言うらしいけど、
実際に歩いて帰ってくると、逆に、
「もう終わり? あっと言う間だったぁ~」ってみんな言っちゃうらしい(*゜―゜)

実際に私が体験した時も本当にあぁ~~~~っと言う間でした(≧▽≦)



自然生態園のガイドウォークはスッゴイ楽しいので、
まんのう公園・自然生態園にお越しの際は、是非参加して欲しいでぃすねぃヽ(´―`)ノ
# by mikenekohanten | 2005-11-14 00:00 | イベント
管理人・はゆです。
今日は里山と呼ばれる自然生態園についてお話したいと思います。




現在、自然生態園がある場所は
元々、人間が住んで暮らしていた場所でした。

田んぼや畑を営み、山の木を伐採し、
自給自足で生活していたそうです。

しかし、国が豊かに、便利になるにつれて
山に住んでいた人たちは山を降り、町に行ってしまいます。

そして人が暮らすことで整備されていた山は
どんどん荒れ山は本来の「野生」の姿へと戻っていきました。




やがて、
その広い広大な山を利用してまんのう公園が建設されるようになった時、
この、人が住んでいた跡地に「多くの貴重な動植物が生息する事」が解り、
大切に保護し、皆さんに見ていただく事になったのですが、
どの様にして保護するか」が問題になりました。

多くの専門家の方や昔からこの土地に詳しい地域の人たち、
また、こう言った自然を愛する人たちとの話し合いの結果、
昔にこの地で人が住んでいた時の風景に戻すのが一番適している
と言う話になりました。




その"風景"とは【里山】だったのです。

里山とは、人間と自然が良い関係を保ちながら
一つの自然の形として共存していた風景なのです。




里山といわれて"ピン"と来る人は少ないと思います。
私も初めて言われた時は良く解りませんでした。

一番簡単な説明は
某テレビ番組でTOKIOというアイドルグループが、
「DASH村を作る」と言う企画の元、里山の暮らしを再現しています。

 参照『DASH村』





自然生態園には自然の谷が広がり、多くの貴重な植物や昆虫を見る事が出来ます。
田植えなどを昔の姿のまま体験する事が出来ます。
竹細工やわら草履を作ったり、里山での技術を体験する事が出来ます。
うどんを作ったり、干し柿を作ったり、里山での生活を体験する事が出来ます。

そこには今は失われつつある古きよき時代が再現されています。
一つのテーマパークとして公開されていますが、
昔の良き時代を知っている世代はそれを思い出す、
昔の良き時代を知らない世代はそれを知る、良い場だと思います。

もし香川県に遊びに来る事があれば、
是非国営讃岐まんのう公園にまで足を運んでいただけたらと思います。

そして、自然生態園でのんびりと自然の声に耳を傾けてもらえたらと思います。
# by mikenekohanten | 2005-11-13 00:00 | 雑談
管理人・はゆです。
11月12日土曜日にふれあい広場で遊んできたのでそのご報告♪



ふれあい広場って言うのは、
国営讃岐まんのう公園の芝生広場に
すっごく稀に設置される「動物と触れ合える広場」だったりします。
うさぎさんだったり、羊さんだったりするんだけどね(≧▽≦)


このふれあい広場、普段はまんのう公園にはありません(´Д`;)ヾ


この日はまんのう公園は秋祭りを行っていて、
そう言ったイベント事があるときに、ふれあい広場も設置されたりします。(*゜―゜)

今回のうさぎさん羊さん
四国ニュージーランド村と言うテーマパークから出張だそうです。


a0059328_23214484.jpg

羊さんは2匹♪(≧▽≦)



a0059328_23201437.jpg

こちらは顔の白い羊さん。
芝生を食してます(*゜―゜)



a0059328_23213110.jpg

エサをあげてる女の子。
他にもたくさんの子供たちが餌をあげてたので少しお腹一杯!?



a0059328_23213726.jpg

こちらは顔の黒い羊さん。
シロさんは可愛かったけど、クロさんはカッコイイですねぇ(・`ω´・)



a0059328_23215593.jpg

やぎさんと変わってうさぎさん♪
実際に抱っこさせてもらいましたっ!!
抱っこしたまま写真を撮るのが難しかったです(´Д`;)ヾ



a0059328_23214939.jpg

こちらの白いウサギさん。
足がすっごくピクピク痙攣していたので、
何かと思えば・・・

ウサギさんの足と足の間に黒い点が見えますか?

抱っこされているのに・・・「うんち」してる・・・Σ(√□ ̄;)ノ
# by mikenekohanten | 2005-11-12 00:00 | 雑談
ふと、面白いキノコを見つけたので思わず写真をパシャり(*´д`*)



a0059328_18213014.jpg




このキノコ、なんだか、
木のテーブルの上に並べられた食器に見えませんか?

食器の中には黄色いスープ。
私には、森の小さな妖精さんのオードブルっぽく見えます(*゜―゜)b

このキノコが何の種類なのかは良く解らないけど、
とてもかわいいですヽ(´―`)ノ
# by mikenekohanten | 2005-11-11 00:00 | 自然生態園風景
キノコって辞書で調べても良く解りません。

基本的にキノコは「胞子の形」で区分訳するそうですが、
プロでもキノコを見分けるのは至難という話しも良く聞きます。


a0059328_18213014.jpg



もし、このキノコの詳細が解る方、
偶然このキノコを見ちゃったら、教えて下さいっ!!!
# by mikenekohanten | 2005-11-11 00:00 | 教えて下さい
管理人・はゆです。
今日は自然生態園から少し離れて
竹風庵橋開通のお知らせです。



国営讃岐まんのう公園に遊びに来たことのある人、
さらに、自然生態園に遊びに来たことのある人ならご存知だと思いますが、

自然生態園は非常に立地条件が悪いところにあります。


実は、現在自然生態園があるところは、元々、駐車場になる予定でした。
けれど、調べてみると逆様池と呼ばれる池を中心に
非常に珍しい動植物が生息している地だと言う事が解り、
この自然を愛する人たちが「何とか壊さずに残したい」と提案し、
公園も「ならば、多くのお客様に見ていただこう」と言う形になり、
急遽予定が変更になりました。



これにより、自然が守られた訳ですが、
急遽予定が変更になったこともあって、
まんのう公園本体から自然生態園と言う区画が非常に解りづらい位置に設置され、
公園に来られたお客様が気軽に足を運ぶ事が難しい位置にあったりするのです。

実際に、
公園に来られたお客様で
自然生態園というものがあるのを知らない」と言う人もいれば、
自然生態園に行きたかったけどルートが解らなかった」や
自然生態園への道が解らないから車道を歩いてきた」と言う危険なお客様も・・・(´Д`;)ヾ



そこで、今回、この【竹風庵橋】が架けられることになったのです。
まんのう公園芝生広場から竹風庵・自然生態園に行くには
一度エントランス(入り口)付近まで戻るか、
駐車場まで車で出て、自然生態園の駐車場に車をとめるしかなかったのですが、
この【竹風庵橋】が完成した今では
まんのう公園芝生広場から竹風庵・自然生態園まで
エントランス(入り口)まで戻らずに歩いて移動が出来るようになったのです♪



竹風庵橋がどれだけ作用するかはまだ解らないけど、
たくさんの人に自然生態園に来ていただいて、
自然の風景をゆっくりと見てもらえたらなぁ~ と思いますね(*≧▽≦)b


a0059328_1494583.jpg



ちょっと立派過ぎる橋かも・・・?(´Д`;)ヾ
# by mikenekohanten | 2005-11-10 00:00 | 雑談
自然生態園にも「干し柿」がかかりました。
里山の風景―ッ って感じがするね♪

a0059328_20473877.jpg






若いカップルが触って
「うぉ、この柿ホンモノやっ!!!」なんてこと言っていたのが凄く印象的でした( ̄ー ̄)
# by mikenekohanten | 2005-11-07 00:00 | 自然生態園風景
ってことで、管理人はゆです♪

今日は自然生態園で
【ネイチャークラフト】というイベントがあったのでレポートしちゃいますっ♪




ネイチャークラフトって言うのは"自然のモノを利用して作品を作る"と言うもの。
今回は落ち葉を押し花状にしているものを使って、
ランチョンマット/マウスパット/コースターなどを作りました♪

参加費は1作品につき100円



さて、

自然生態園の中にある学習室が会場。
入り口で厚手の紙とランチョンマットの作り方、小さな箱を受け取ると中に入ります。
すると、中にはたっくさんの落ち葉が並んでいました。Σ(゜д゜|||)


a0059328_23374256.jpg




いろんな色でいろんな形の落ち葉がいっぱい。
スタッフの方がこの自然生態園やまんのう公園に落ちていた、
いろんな木の落ち葉を広い集めて、さらに押し花(葉?)にしてくれていました。

自分の好きな色、作りたいモノをイメージして落ち葉をチョイスしていきます♪



テーブルの上は小さなアトリエです。



a0059328_2356522.jpg




作りたい作品をイメージすると、
白いキャンバスの用紙に落ち葉を重ねて作品を作りあげていきます。



a0059328_0112372.jpg




ボンドで用紙に貼り付け、作品の形が完成すると、次はノリ付け。
ここから先はスタッフの方が手際よく作業し、形にしていきます。


まず、作品の表面にスプレーノリを吹きかけ、
新聞紙の上からローラでなぞり馴染ませます。



a0059328_023277.jpg




続いて、
透明で厚手のビニールシートをノリを拭きつけた面に貼り付け、
ローラでしっかりと空気を抜きながらくっつけます。



a0059328_0235523.jpg




そして、ノリが乾いたら、
カッターを使って大きさを揃えカットします。
4角は丸く切り取ります。



a0059328_02525100.jpg





最後に、裏側にまんのう公園のスタンプを押し付けて作品完成ですっ!!!



a0059328_0284182.jpg




作りたい作品をイメージするまでには
少し時間がかかっちゃったけど、
作りたい作品のイメージが固まると、
ほんの30分程度であっさりと作れちゃいました♪



下の写真は
ネイチャークラフトに参加されていた方の作品。



a0059328_0303532.jpg

雪うさぎをイメージして作られたランチョンマット。シンプルイズベスト(*´д`)b



a0059328_0313299.jpg

これからのシーズンにクリスマスツリー♪ 玄関とかの飾り絵にも使えそうだね










コースターなどは職場で使えば目を引きます。
手作りのぬくもりも、自然のぬくもりもあるし、
一つの作品としても完成されています♪

材料費を考えると、とても100円で作れるものでもないし、
お手軽に体験できたネイチャークラフトはとっても楽しかったです(*゜―゜)
また、参加したいなっ★
# by mikenekohanten | 2005-11-06 00:00 | イベント
今日は自然生態園で【脱穀をしよう!】と言うイベントがありました♪

自然生態園の中で育てていた古代米と呼ばれるお米の脱穀が体験出来るイベント。
しかも、ただの脱穀じゃなくて、
昭和初期に実際に使われていた【足踏み式脱穀機】と言う
普段は自然生態園の中の展示室に展示されていて触れることが出来ない貴重な展示品に、
実際に触って脱穀を体験できちゃうのですっ!!!(≧▽≦*)

って事で、
今日は【脱穀をしよう!】の体験レポートだよ♪
















a0059328_1528544.jpg

これが【足踏み式脱穀機】
上からムシロがかけられているから少し解りにくいかな?



a0059328_16275763.jpg

ってことで上のムシロをとってみました。
(本当はこのままだとモミが飛散るので、ムシロをかけた状態で作業をします)

足を踏むペダルがあって、
それを一所懸命、タイミング良く踏むと、
真ん中のドラムがぐるぐる回転。
そこにイネを突っ込むと先のモミだけがパラパラと下に落ちる仕組み。



実際に足踏み式脱穀機に挑戦してみると、これが中々難しい。



まず、ペダルを踏むタイミング。
クルクルと手前から奥に向かって回るようになっているんだけど、
タイミングを間違えると逆周りに(´・ω・`)

逆に回ると巻き込まれて怪我をする事があるので非常に危険
このタイミングを取るのがすっごく難しかった。(´Д`;)ヾ

足踏みに慣れてくるとイネを突っ込むんだけど、
ペダルを踏みながら上手にモミを取るのも難しい・・・。

昔の人はこんなに難しい作業をやっていたんだ~ヽ(;´д`)ノ

















a0059328_16163338.jpg

こちらは【千刃】
刃の先に稲穂をかけて引っ張ると、
モミだけが下にパラパラと落ちる仕組み。
非常に単純だけど良く出来ている(*゜―゜)



a0059328_16413475.jpg

こんな感じでモミを取ります♪


使い方を教えてくださった職員さんのお話では
「千刃は本来小麦をこくために使うもの」だそうですが、
今日は稲穂をこいています。

これが「千刃こき」と言う作業です♪
















稲穂からモミをとったんだけど、
モミの中に細かい稲カスなのどのゴミが入っちゃっています。

そこで昔の人は【箕(ミ)】と言う道具を使ってモミとゴミを分けます。



a0059328_1731627.jpg

箕にゴミも混じったモミを入れて
ワッサワッサと振るいます。
すると、重たいモミは箕の下に溜まり、
軽い稲カスなどのゴミは箕の上のほうに出てきます。

出てきたゴミは風が吹くと、ぱぁ~っ と舞い上がって地面に落ちる。



昔の人って本当に頭が良いなぁ・・・Σ(゜▽゜)!



自然生態園の展示室には【唐箕】 って言う機械があったりも。
今回はこの【唐箕】は使われていなかったんだけど、
これも触ってみたかったな―っ(*゜―゜)

【唐箕】の 現物が気になる人は国営讃岐まんのう公園・自然生態園へ行こう(・`ω´・)

















【脱穀をしよう!】のイベントにはたくさんの人が来ていました。
小学生より小さいお友達も昔の人の脱穀体験を楽しんでいたし、
ご年配の方も昔を懐かしんで体験されていました♪(≧▽≦)b

この後も、【足踏み式脱穀機】は自然生態園の展示室に展示されていますが、
実際に触れて体験出切るのは1年を通してこの日だけ。
今回体験しそびれた人は、来年こそ体験してみよう♪

以上っ
はゆの【脱穀をしよう!】レポートでしたっ♪ (*゜―゜)ノシ
# by mikenekohanten | 2005-11-05 00:00 | イベント

このブログは香川県内の植物や昆虫・生き物、
また香川県内の自然観察系のイベントなどを取り上げて行きます。

このブログの管理人・はゆは
自然生態の植物や昆虫、生き物などに強く感化され
このブログを作成しようと思い立ったのですが、

ブログも素人。
生態系に関する知識も素人。
全ての知識を全くと言って良いほど、持ち合わせていません。

間違いや勘違い、
至らないこと等があるでしょうが、
是非指摘してあげてください。

また、記事ごとにコメントを書き込めるようになっています。
コメントがあれば次の記事への励みにもなりますので、
一言でもコメントを残してくだされば、とても励みになります。

よろしくお願い致します。

管理人・はゆ

 →【当ブログの楽しみ方】
 →【トラックバックを行なう場合】
 →【著作権に関して】
# by mikenekohanten | 2005-11-04 00:00 | お知らせ
9月28日 くもり



にゃんぱち はゆです♪



ちょっと古い記事ですが、思い出したようにここに記事にします。
ここに記載している記事はH17.9.28の事です。
(この記事はH18.12.1に書かれています・・・1年以上前の話だ・・・)
ちょっと写真はショッキングなので、
昆虫は全然平気って方のみ、先に進んでください(・`ω´・)

















空はくもり模様。
雨が降りそうで、蒸し暑い一日。
この日、自然生態園の北の谷では、ちょっとした下刈り作業が行なわれていました。

実は、はゆさん。
その下刈り作業のお手伝いをしていたのですが、
北の谷の斜面の方から妙な""を耳にしたのです。

文字にするのは難しいですが、
「ぷむぎゅぅ」という甲高い音。

「何か生き物?」なんて思ってみたのですが、しばらくは作業に没頭。
しかし、その変な音はしばらくしては鳴り、しばらくしては鳴りを繰り返していました。
やがて、一緒に作業をしていた方もその音に気付き・・・
一緒に作業されていた方は音の鳴る方に近寄り・・・
薮の中をゴソゴソっと開いて見ました・・・

















そして目に飛び込んできた光景・・・


















a0059328_074610.jpg



 【オオカマキリ】大蟷螂・大螳螂
  日本全土で生息が確認されている大型カマキリの仲間。
  背丈の高い草が多く生える草地を好む。
  体の色は褐色から緑色まで個体差がある。

  似た種にチョウセンカマキリがある。
  オオカマキリの内羽根の色は紫かかっているのに対し、
  チョウセンカマキリの内羽根の色が透明なので区別が付き、
  オオカマキは前足の付け根の間が黄色をしているのに対し、
  チョウセンカマキリは前足(鎌)の付け根の間の赤色が濃い点で識別できる。

  名前の由来はその鎌の形状から
  "鎌を持つキリギリス"と言う意味でカマキリと呼ばれ
  本種はその中でも、日本最大級のカマキリであるため、
  大きいカマキリという意味でオオカマキリと呼ばれる。

  カマキリ科
  学名:Tenodera aridifolia
  活期:夏~秋


















妙な音の正体はシュレーゲルアオガエルの悲痛な鳴き声・・・
凄く衝撃的な瞬間でした・・・

後日Webで調べてみると、
カナヘビや小鳥を食べることもある、このオオカマキリ。
あまりにも衝撃的で、1年以上経った今でも鮮明にあの時の光景を思い出せます・・・
# by mikenekohanten | 2005-09-28 23:31 | 昆虫・生き物他
# by mikenekohanten | 2001-01-02 21:48
ここは管理人・はゆのお気に入り&大切なお友達のリンク集です♪



【お友達リンク】
 ふしぎ探険隊
   :"自然観察から始まる自然保護"そんな合言葉を胸に
    ステキな髭のおじ様のしじゅうからさんが
    香川県の自然観察会にみんなを連れ出してくれます♪

 満濃雑木林クラブ
   :自然との共存を目指しながら、里山と言う文化を勉強する。
    そう言った目標を掲げて活動を行なっている団体。
    自然の光景をずばり一句に認めた、さっさんギャラリーがお勧め♪

 あなぐま君は食べて掘る
   :はゆが尊敬するあなぐま先生のブログ。
    難しく真面目な内容のお話から、とっても面白い雑談まで、
    イロイロな雑学が身に付くブログサイトです♪

 三パパ日記
   :ブログのタイトルの通り、3人のお子様を持つパパさんの日記。
    日々のことを楽しい視点から日記されています。
    なんでもないような写真と添えられるコメントが楽しいブログです♪
    
 あそ美工房
   :お友達のあそ美さんが行なっているあそ美工房のブログです。
    パーソナルカラー診断や草木染、蔓細工に山野草料理・・・
    里山を楽しめる、あそ美工房さんに是非遊びにいらしてくださいっ!!!



【ブログ友達リンク】
 かめなりと歩まなければうさぎ超ゆ
   :はゆがブログ界で初めてお友達になったさんのブログ。
    気持ちの良い凹みっぷりとズバッとした世間の切り口がすっごく楽しいです♪

 徒然閑話
   :カメラがご趣味のマクおじさまのブログ。
    ご趣味の思わず見入ってしまう写真をUPしてる他、
    日々時事を独自の視点からぶった切る面白いブログです♪

 Lettre @ LaLa Soleil
   :綺麗な写真を撮られる、ララ・ソレイユさんのブログ。
    綺麗な写真と、一緒に綴る素敵な一言コメントが
    優しい気分に浸れるほんわかなブログです♪

 バイク、車で旅をしよう
   :旅が大好きな高松市民のてのひらサイズさんのブログ。
    カテゴリーの量を見れば旅好きだと言う事が解ります★
    そしてさらに、グルメリポーターでもある一面をもっています♪(ウソ

 週末日和
   :写真に自転車に車に音楽。実に多彩多趣味なcajonさんのブログ。
    週末日和のブログと、とっても感慨深い写真の世界が素敵♪

 すまいる~自然の散歩道
   :mornbellさんのお庭に遊びにやってくる、チョウや昆虫さんを紹介するブログ♪
    自然の散歩道でどんな自然に出会えるか、一緒に勉強させてもらっていますっ!!!

 tanu☆room 別館
   :綺麗な風景とカワイイ"ハナヒヨコ"ちゃんたちの写真の数々♪
    写真勉強中とは思えないTanuさんの写真の記録ブログです★
    本館"自然大好き あちこちそといこ!"の撮影作品も見ごたえアリですっ!!!

 Toni's photo note
 Toni's photo diary “Chapter Ⅱ”
    野鳥の美しい写真と美味しそうなお料理の写真が並ぶ、とにさんのブログ♪
    本館も別館も濃密な写真が並んでいて堪能できちゃいますっ!!!



【お気に入り&素材リンク】
 Aatys-アーティーズ-
   :アーティさんが経営するアーティズショップの従業員さんたちのブログ。
    店長? のアーティさんを始め、森くまちゃん、ダンク君、など、
    楽しいメンバーのブログが読めちゃいます♪

 緑水庵
   :日本人が忘れかけている大切な日本の心をお茶と言う点から学べる場所。
    ファラワーアレンジメント等のお花もとっても綺麗です。
    また、ryokusuianさん、Hanaさんのブログもとても楽しいですよ♪

 アウトドアカフェビッグフット GreenMind/さぬき香川県まんのう町
   :香川県のまんのう町にある激安アウトドア&カフェのお店♪
    HPは読んでいる時間を忘れちゃうほどにのんびり出来ちゃいますっ
    もちろん、お店はもっとのんびり出来ちゃうはずですよ★

 **萌萌可愛字體あくび印**
   :すっごいカワイイフォント♪
    はゆも利用しております!!!
    (はゆさんのブログ内の顔隠しパンダはこちらのフォントを利用しています♪)

 [ S R H ]
   :すごくカワイイフォント第二弾ッ!!!
    はゆも利用しておりますっ♪

 Yahoo!天気情報 - 満濃町の天気
   :満濃町の天気がわかっちゃうYahooさんの天気予報です。
    まんのう公園、自然生態園にお越しの際は天気もチェックですよ♪

 アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]
   :はゆが現在利用しているアクセス解析サイトさま。
    最近、海外からのエッチなブログのTBが多くて困っているのです・・・。
以下のURLは当ブログとは一切関係ありません。
また、URLには未成年者に適さない内容を含むものもありますので
未成年者はURLに飛ばないようにお願いいたします。
当ブログで迷惑トラックバックとしたものです。
 URLから飛ばないようにお願いします。


また、何らかの理由で誤って
TB禁止となっているブログサイト様が御座いましたら、コメントにて報告を下さい。
内容を確認し、TB拒否を解除いたします。

http://pettosougi.e-sangyou.com/
http://pettoreien.e-sangyou.com/
http://nodatekanban.e-sangyou.com/
http://www.keikei-project.com/
http://yuuka409.cocolog-nifty.com/
http://kimono.e-risaikuru.com/
http://maruta.be/butudannkounyuu
http://anaunsu.cocolog-nifty.com/
http://ventvert.sakura.ne.jp/
http://makky8ten8ten.cocolog-nifty.com/
http://diet-moderu.seesaa.net/
http://suzanu0331.cocolog-nifty.com
http://rentarusouko.e-kankyou.com/
http://syutusan.blog.shinobi.jp/
http://satomi326.cocolog-nifty.com/
http://maruta.be/kodomonamae
http://fukakyon0311.cocolog-nifty.com/
http://onecallway123.blogspot.com/
http://shibaji.seesaa.net/
http://konitankitao.cocolog-nifty.com/
http://sizenhogo.simasho.com/
http://www.s-kyujin-jhoho.com/
http://sante99.net/blowjob/
http://rakuzoa.gosyuugi.com/
http://pores.asia-reflect.net/
http://rina020902.cocolog-nifty.com/
http://url.ms/
http://mumuyuyu.web.fc2.com/
http://kitanoki.cocolog-nifty.com/
http://miko.zz.tc/
http://kensaku1.cocolog-nifty.com/
http://blog.livedoor.jp/kfkgggkfk/
http://norika19710618.seesaa.net/
http://www.lasikcare.org/
http://doll.diorer.net/
http://www.onabe-daisuki.com/
http://tomoyaqwe.cocolog-nifty.com/
http://otakaraeizoukan.cocolog-nifty.com
http://jyosianatousatu123.cocolog-nifty.com/
http://blog.oricon.co.jp/siawasenarennai/
http://ma5.gifu-net.com/
http://yosiokojima.blog.shinobi.jp/
http://ettinaokusamakouyu.blog36.fc2.com/
http://gyj.omake.biz/
http://www.yukiyama-kozou.com/
http://ssana.blog.shinobi.jp/
http://pppzui.pupuka.net/
http://opjgioprw1109.cocolog-nifty.com/
http://irohg9uhwoiw1101.cocolog-nifty.com/
http://jdsguifdshio1104.cocolog-nifty.com/
http://gwheauer1105.cocolog-nifty.com/
http://jlkghlgl.cocolog-nifty.com/
http://okayama007.blog.shinobi.jp/
http://ukondiary.seesaa.net/
http://www.inusuki-daisuki.com/
http://www.info1oku.com/
http://jyouhoumorimori.blog104.fc2.com/
http://www.sumai-kurashi.com/
http://uudhfy253.blog.drecom.jp/
http://yaxtuterannnee99.cocolog-nifty.com/
http://mihiki50.cocolog-nifty.com/
http://d.hatena.ne.jp/
http://vtvt20xix1003.cocolog-nifty.com/
http://sawajiriranking.cocolog-nifty.com/
http://sawajirihukigentube.cocolog-nifty.com/
http://sopqios992hjihaios8.cocolog-nifty.com
http://azusa20xix103.cocolog-nifty.com/
http://ameblo.jp/
http://yukireikf.cocolog-nifty.com/
http://asakauthnf.cocolog-nifty.com/
http://matsumotoytgr.cocolog-nifty.com/
http://ero-max.biz/
http://1pondo.paro2.net/?e
http://1pondo.paro2.net/
http://manamifkrgf.cocolog-nifty.com/
http://www.kirei-biyou.com/
http://eroootukaero.cocolog-nifty.com/
http://plaza.rakuten.co.jp/eroerouhauha/
http://ameblo.jp/hizu09141id
http://vanessahdue.cocolog-nifty.com
http://blog.livedoor.jp/shigezshop/
http://sarasageege.cocolog-nifty.com/
http://www.manabu2-coco.com/
http://www.deaisuki.com/
http://esmakiko.cocolog-nifty.com
http://seven-anal.cocolog-nifty.com
http://plaza.rakuten.co.jp/avryoukaikayo/
http://eroenkouer.cocolog-nifty.com/
http://www.maniamov.com/
http://blog.livedoor.jp/aiaiuouo33/
http://humiedajiep.cocolog-nifty.com/
http://ameblo.jp/you0825a/
http://beyobeyo827.cocolog-nifty.com/
http://yaplog.jp/makemake3026/
http://makemake3026.cocolog-nifty.com/
http://ameblo.jp/gall0826/
http://yaplog.jp/gall0826/
http://ameblo.jp/sksy826
http://ameblo.jp/makemake3026
http://yaplog.jp/sksy826/
http://asao0826sigo.cocolog-nifty.com/
http://yaplog.jp/rarapa817/
http://ameblo.jp/rarapa817/
http://uno.data07.info/
http://www.manabu-coco.com/
http://mutukijyanken.blog98.fc2.com/
http://ameblo.jp/ddt0811/
http://kiechanmuhuhu.cocolog-nifty.com/
http://plaza.rakuten.co.jp/saorin08096/
http://sharara.press9.net/
http://ebityan0808.cocolog-nifty.com/
http://mimido022.cocolog-nifty.com
http://plaza.rakuten.co.jp/kumatyan0808/
http://yuzukithina00.cocolog-nifty.com/
http://iwse.net/blg0151/index.php
http://iwse.net/blg0151/
http://iwse.net/blg0143/index.php
http://iwse.net/blg0143/
http://iwse.net/blg0138/index.php
http://iwse.net/blg0138/
http://chinalifeguide.blog112.fc2.com/
http://yaplog.jp/apaman0804/
http://apaman0804.cocolog-nifty.com/
http://www.knewer.net/
http://www.hdouga.tv/mesubuta/
http://musashi-aminosan.seesaa.net/
http://xn--pck0a5jb9f.stopdaka.biz/
http://www.the-sporty.com/
http://sonar-k.net/
http://whiteday-whiteday.seesaa.net/
http://zyosikousei0717.cocolog-nifty.com/
http://www.stablishing.com/
http://cowcow1700.blog.drecom.jp
http://ayaseharuka.justblog.jp/
http://cowcow1700.cocolog-nifty.com
http://newcon3016.cocolog-nifty.com
http://yaplog.jp/necon3016/
http://necon3016.cocolog-nifty.com/
http://yaplog.jp/ffjk772/
http://ameblo.jp/ffjk772/
http://ffjk772.justblog.jp/
http://newdown1500.justblog.jp/
http://ameblo.jp/cci773/
http://matter1500.tvblog.jp
http://yaplog.jp/fjk772
http://matter1500.cocolog-nifty.com
http://yaplog.jp/matter1500/
http://fjk772.cocolog-nifty.com/
http://yaplog.jp/nemonew3014/
http://www.duki.net/ruga/
http://ameblo.jp/uwasanonews/
http://neco3010.justblog.jp/
http://maruta.be/neco3010
http://maruta.be/neco3010/1
http://neco30.cocolog-nifty.com/
http://neconeco3005.cocolog-nifty.com/
http://cacchao.net/k/
http://www.kokunairyokoguide.com/
http://www.hokkaidoareaguide.com/
http://moemaid.blog106.fc2.com/
http://www.kumamoto-areaguide.com/
http://ameblo.jp/tatsushi06042/
http://kaigaisinsyutsu.com/
http://www.business-navi0.com/
http://www.gkjsndj6rk6a.com/
http://www.g9wra6fg27ei.com/
http://www.yoyakuguide.com/
http://www.yakyunavi.com/
http://xn--tck3bvg8a.sblo.jp/
http://www.shikakunet.com/
http://www.jyouhou-navi.com/
http://www.mie-areaguide.com/
http://www.kitaku-areaguide.com/
http://www.chubuchintainavi.com/
http://www.kouchi-areaguide.com/
http://www.minatoku-areaguide.com/
http://www.gunmaareaguide.com/
http://www.owari-areaguide.com/
http://www.kyoto-areaguide.com/
http://xn--dckb2dwc9eyb4e.keyword365.com/
http://hikonyan402.at.webry.info/
http://www.nagoya-areaguide.com/
http://www.nagano-areaguide.com/
http://hokkaido.sefure-find.com/
http://www.hyougo-areaguide.com/
http://www.tochigiareaguide.com/
http://potikin.cocolog-nifty.com/
http://www.fukushimaareaguide.com/
http://yuriand.net/m/xn--1752-uq9ft6gpv5ckcx/
http://www.edogawaku-areaguide.com/
http://xn--b5t888d.seesaa.net/
http://utun.jp/4s
http://www.tamashi-navi.com
http://www.ootaku-areaguide.com/
http://www.shinagawaku-areaguide.com
http://www.meguroku-areaguide.com
http://www.hikakurankingnavi.com
http://www.miyagiareaguide.com/
http://www.am-nofrontera.com/
http://harite58.at.webry.info/
http://www.chuoku-areaguide.com/
http://www.chiba-areaguide.com
http://www.ibaragi-areaguide.com/
http://www.pgup20.net/
http://e24-japan.chicappa.jp/
http://www.cep-act.com/
http://plaza.rakuten.co.jp/mb0428/
http://masaminagasawa01.blog.shinobi.jp/
http://www.wakayama-areaguide.com/
http://oboesyosiki.seesaa.net/
http://www.oosaka-areaguide.com
http://www.akitaareaguide.com
http://www.ishikawa-areaguide.com
http://www.iwateareanavi.com/
http://yamasashi787.blogspot.com/
http://www.fuuzoku-navi.com/
http://www.saitama-areaguide.com/
http://www.aomoriareaguide.com/
http://www.toyama-areaguide.com/
http://catbom.net/
http://www.q-zin.com
http://www.yamagataareaguide.com
http://www.oyadonavi.com/
# by mikenekohanten | 2001-01-01 00:00

http://
7112886
ブログの持ち主だけに見える非公開コメント
エログ
副収入
Incest
# by mikenekohanten | 2001-01-01 00:00 | お知らせ
H20.1.11
a0059328_0102592.jpg

人口28人。
家がキレイになって、道が一部舗装されました。


H20.1.1
a0059328_23231128.jpg



H19.12.31
a0059328_2145435.jpg

# by mikenekohanten | 2001-01-01 00:00