苔の花
                              はゆ


一つ聞いても良いかな?
君は何故そんなに薄暗いところで座っているんだい?
太陽がどんなに楽しそうに微笑んでも、
その笑顔を見て見ぬフリをして。

一つ教えてくれないかな?
君は何故そんなに不安そうに空を見ているんだい?
雨が流した大粒の涙もさえも、
全て自分で背負い込んで。

一つ答えてくれないかな?
君は何故そんなふうに一人でいられるんだい?
風のか細い囁きすらも、
まるで我関せずの表情で。


話したくないなら、話す必要はないよ。

その代わりにもう少しだけ、
君の美しい花を見せてくれないかな。

a0059328_22144797.jpg

















苔の花・・・
俳句を嗜む方ならピンとくるかもしれませんね。(・`ω´・)
6月の季語として利用されます。

しかし、それは"文学上"のお話。

生態上、コケにはお花は咲きません。
以前、コケの詩を書いたときにも少し書きましたが、
一見花に見えているのは実は苔の胞子嚢と呼ばれるもの。

a0059328_22355787.jpg


でも、こうやって見てみると、お花畑みたいで綺麗ですよね(≧▽≦)

同定はできていませんが、
写真のコケは恐らく、【コスギゴケ】だと思われます
by mikenekohanten | 2006-04-28 22:15 | 詩種
4月1日・くもり



a0059328_2036462.jpg


そこは小さな王国。
誰もがそこに住みたいと願う王国。
目と鼻の先にある、近未来の楽園。
立ち並ぶ建造物は天を目指し、空は寛大にも広がり続ける。


ふと、私は手のひらを見た。
熱い血潮を感じ、生きている事を確信する。
そして空を見上げた。
ただ広がる空があるだけである。


そこは小さな王国。
誰もがそこに住む事を許された王国。
目と鼻の先にある、古代の楽園。




















2006.4月21日追記文
 調べて見た結果、
 写真のコケは「ハリガネゴケ」と呼ばれる種だと思われます
 (自信ありません( ̄▽ ̄;)ヾ)
by mikenekohanten | 2006-04-01 00:00 | 詩種
にゃぽんち、はゆです♪

今日はちょっと珍しいコケの紹介です。
コケとは、説明の必要がないと思うけど、
じめじめした場所にうっそうと広がるアレ。

コケと言われれば「どこにでもあるもの」なんてイメージが強いですが、
そのコケの中にも絶滅の危険にさらされている種も存在します。

【オオミズゴケ】
レッドデータブック環境省カテゴリー絶滅危惧I類
(香川県レッドデータブックには記載されていませんが、年々数を減らしているそうです)

a0059328_0211227.jpg



香川県の某所に生息していた【オオミズゴケ】です。

ところが、ここ数年、なぜかこの【オオミズゴケ】の生息地に
"笹"が大量に出てくるようになりました。
【オオミズゴケ】の生息地である湿地が乾燥してきたのかもしれません。
笹が大量に出てくることで
笹が影を作り、【オオミズゴケ】の発育の妨げになっています。

そこで、笹を刈り取り日の光が入るようにしてあげることで、
この【オオミズゴケ】を守ろうと言う事になり、
早速、付近を覆っていた笹を刈り取りました。
これで少しでも【オオミズゴケ】が守れたら良いんだけど(・`ω´・)

a0059328_1113856.jpg


アップにしてみると凄く綺麗な幾何学? 的な模様をしていますね♪


さて、
この絶滅危惧されている【オオミズゴケ】の理由として
大きく言われているのは3つだそうです。

ひとつめ。
低地の湿地に主に生息していたこの【オオミズゴケ】は
湿地開発により生息地を減らしてきたそうです。
これが大きな理由だと思われます。

ふたつめ。
【オオミズゴケ】は非常に保水性に優れていて腐りにくく、
園芸などのコンポストに利用されているそうです。
コンポストって言うのは「園芸用培養土。配合土」
最近では"ガーデニング"というものが流行っているけど、
絶滅危惧の恐れのあるものを無理に使わなくても・・・( ̄▽ ̄;)ヾ
自生種、絶滅危惧種を守る上でも、
自然な環境で生息している【オオミズゴケ】は使わないであげてください・・・
(園芸店などでは海外種や栽培されたものを販売したりしているそうです)

みっつめ
最近の環境の変化により、湿地帯の乾燥化が進み、
生息地にダメージをあたえて順々に数を減らしているそうです。
湿地帯の乾燥化・・・?
原因はいろいろありそうだけど、
やっぱり温暖化が原因なのかな・・・(´・ω・`)



この3つの原因を考えてみても、
オオミズゴケも他の絶滅危惧種の例に洩れず、
人間の開発や行動によって数を減らしているという事ですね・・・
by mikenekohanten | 2005-12-05 00:00 | 雑談