9月5日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



春の頃に、ヤハズエンドウと言う種類の植物を紹介しました。

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヤハズエンドウ】
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ホソバヤハズエンドウ】

覚えていますでしょうか?

ヤハゾウエンドウは一般的にはカラスノエンドウと呼ばれていますね。

この時のあえて"ヤハズ"と言う単語を使って植物を紹介した訳ですが、
今回は同様の理由で"ヤハズ"と言う名前が付けられた
ヤハズソウと呼ばれる植物です♪

















a0059328_002240.jpg



【ヤハズソウ】矢筈草
 日本全土に分布が確認されているマメ科の一年草。
 畦道や荒地などの背の低い植物が生える草地を好む。
 葉は3小葉からなり、平行の脈がハッキリと診られる。
 花は薄紅色をし、葉の腋に1個から2個付ける。
 
 似た種にマルバヤハズソウと呼ばれる種があるが、
 本種に比べ、マルバヤハズソウは葉に丸みを帯び、
 葉の先がやや凹む傾向にある。
 また、茎に生える毛は上を向く点で識別できる。

 名前の由来はその特性から。
 葉の先を葉脈に沿って爪を立てて引っ張ると、
 残った葉の形が矢筈に見えるため、ヤハズソウと呼ばれる。

 マメ科
 学名:Kummerovia striata
 花期:夏



a0059328_011491.jpg

















以前紹介した、ヤハズエンドウと比べてみても、良く似た植物ですよね♪
同じマメ科ですから、似ていて当たり前と言えば当たり前なのでしょうが♪(*´▽`*)

a0059328_031649.jpg


これが名前の由来となる、葉の特徴。
弓矢で使われる、""はご存知ですよね。
その"のお尻の部分。
弓の弦の部分に引っ掛けるところを""と言います。
つまり、窪みで作った引っ掛けを""と言い、
矢のお尻にある筈で"矢筈"となる訳ですね。

この"筈"は日本語でも良く使いますよね。
●●になる筈だ。」と言ったときに使う""も
矢筈が弓の弦にぴったりと合う事から、
「当たり前に起こりえる」と言う意味合いで使われています♪

a0059328_0175257.jpg


爪で形を入れると簡単に、この形状に千切れます。
(キレイに千切るのは難しいのだけど・・・)
もし、道端で見つけたら、是非やってみてください(*´▽`*)





a0059328_23125998.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
9月5日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



前回までにマメ科の植物をいくつか紹介してきましたが、
今回もマメ科の植物だったりします・・・

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヤハズソウ】
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ネコハギ】

前回までに紹介したのが、薄紅色の花を持つヤハズソウ
白色の花を持つネコハギですが、
今回紹介するマメ科の植物は黄色い花の色をしたヤブツルアズキです♪

















a0059328_21234111.jpg



【ヤブツルアズキ】ヤブツルアズキ
 本州から九州にまで分布が確認されているマメ科の一年草。
 やや薄暗い草地を好む
 花は黄色で2cm程度。
 茎はつる状になり、黄褐色の毛が見られる。
 葉は3小葉からなり、黄褐色の毛が見られる。
 果実は鞘状で無毛。
 5~10cmほどに真っ直ぐ伸び、熟すると黒くなり、2つに裂ける。

 食用に栽培されているアズキの原種と言われ、
 本種の豆もまた食用になると言う。
 豆はアズキより黒ずみ斑で、やや小さい。

 似た種にノアズキと呼ばれる種があるが、
 ノアズキは花の中央に見られる竜骨弁に翼弁は被らず上辺に伸び、
 葉はクズを小型にしたような形をし、3裂せず、
 果実はサヤエンドウのような扁平の豆果をつけるのに対し、
 本種は花の中央部分の竜骨弁に翼弁が覆い被さり、
 葉は一部、3裂に亀裂し、
 果実は筒状になり、長く延びる点で識別できる。

 名前の由来はその生育地から。
 豆を食用にする事からアズキと呼ばれる食用品があり、
 本種はその原種であり、つる性で藪を好むことから、
 ヤブツルアズキと呼ばれる。

 マメ科
 学名:Azukia angularis var. nipponensis
 花期:夏



a0059328_2225680.jpg

















似た種のノアズキとは、花が酷似し、
この2種は見分けが困難と言われています。
ただ果実(豆果)は明らかに違いがあるようです。
果実がなっていたら、一発で見分けが付きそうです(*´▽`*)

a0059328_2282259.jpg


これがヤブツルアズキの果実になります。
ノアズキはまだ見た事がありませんので、
発見したら、その花の形状などを比較したいですね♪





同じ日に3種のマメ科を見つけちゃいました♪
しかも、赤、白、黄色と三色っ
マメ科の1つを取っても、いろいろな種類がありますね(*´▽`*)






a0059328_22333070.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
9月5日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



自然生態園を歩いていて、マメ科の葉をし、丸みを帯びた植物を発見しました。
最初見たときはマルバヤハズソウかと思ったのです。

a0059328_169274.jpg


前回ヤハズソウをご紹介したと思うのですが、
その植物に似て、葉が丸い固体で、
私個人が見つかればいいなぁ~ と思いながら探していた個体だったからです♪

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヤハズソウ】

しかし、花が咲いているのを見つけてみると・・・
この固体の植物は白い色の花をつけていました。
逆にマルバヤハズソウヤハズソウ同様に
赤色~紫色の花を付けるため違和感があるのです・・・

そこで図鑑をペラペラとめくってみると・・・

















a0059328_16132498.jpg



【ネコハギ】猫萩
 本州から九州にまで分布が確認されるマメ科の多年草。
 日当たりの良い、やや乾いた草地を好む。
 茎は地面を這って広がり、
 葉は楕円形の3小葉を付け、対生となる。
 茎、葉共に柔らかい毛が多く見られる。
 花は白色をして根元がやや紅色付き、葉の腋から4~5個の花を付ける。
 また、上辺に付く花は主に閉鎖花になり、蕾になるが咲かない。

 名前の由来はイヌハギに似ている事から。
 同じマメ科ハギ属で白い花を付ける植物に、
 小ぶりで園芸に向かない事から「犬(要ぬ)萩」と呼ばれる植物があり、
 本種はそのイヌハギに比べ、更に小型であることから
 犬に対して猫を結び、ネコハギと呼ばれる。

 マメ科
 学名:Lespedeza pilosa
 花期:夏



a0059328_16344020.jpg

















ネコハギ
中々美しいマメ科の植物です。

名前の由来にはいくつかあるようで、上に述べた由来以外にも
毛が多く生えて手触りがネコを想像させることから
ネコハギと呼ばれた説もあるようです。

上に述べられた「犬(要ぬ)萩」より更に小型で「猫萩」・・・
ちょっと名前の由来は悲しいですね( ̄△ ̄;)ゞ
こんなに可愛らしい清楚な花を付けるのに・・・






a0059328_2226928.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
8月24日 はれ


にゃんぱち はゆです♪




夏の真っ只中になり、当ブログでも何度か取り上げ、
自然生態園でもお馴染みとなりました
ヌスビトハギが美しい花を咲かせていたので、レポですヽ(*゜▽゜)ノ

















a0059328_23393347.jpg



【ヌスビトハギ】盗人萩
 日本全土で分布が確認されているマメ科の多年草。
 やや薄暗い山野の茂みを好む。
 花は小さく、薄い紅色をする。
 葉は三小葉から形成され毛があり、葉は茎全体に散生される。
 熟した実はマジックテープの原理のヒントともなる構造をしており、
 近くを通りかかった動物などにくっ付いて運ばれる。

 似た種にヤブハギ、ケヤブハギ、フジカンゾウ
             マルバヌスビトハギ、オオヌスビトハギなどがある。
 ヤブハギ・ケヤブハギは葉が茎の下部に集中して生える点、
 フジカンゾウは小葉が5~7枚の奇数羽状複葉になる点、
 マルバヌスビトハギは頂小葉の最広部が先端よりである点、
 オオヌスビトハギは葉の葉脈が葉の縁に届かない点で識別できる。

 名前の由来にはいくつか説があり、
 実の形が"忍足"に似ていることから、
 盗人がはく忍足に似た実を付けるハギと言う説や、
 荒地をこっそり歩いてきた盗人の服にこっそりと実を付けるという説や、
 気がついたら服に付いていて「こっそりと仕事をする」と言う説もある。

 マメ科
 学名:Desmodium oxyphyllum
 花期:夏



a0059328_23565083.jpg

















名前の由来は去年の記事にしましたね♪

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ヌスビトハギ】の種

これが中々面白い形状と名前の由来の一つ(*´▽`*)







a0059328_07673.jpg









自然生態園では同じ種の仲間としてアレチヌスビトハギがあります。

ヌスビトハギは在来種ですが、アレチヌスビトハギは外来種。

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【アレチヌスビトハギ】

近年、国内で数を増やしている固体。
色が艶やかで、ヌスビトハギに比べ、大型の花。
そんなアレチヌスビトハギも色合もキレイですが
やはりは私は、ヌスビトハギの方が日本的な控えめな美しさが好きです♪




あなたはどちらが好きですか(≧▽≦)






a0059328_23254831.jpg

ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
6月18日 はれ


にゃんぱち はゆです♪





自然生態園をのんびり歩いていると、
園路からニョッキリとはみ出した植物を発見っ(☆▽☆)
マメ科特有の花を咲かせた可愛らしい子ですね♪

















a0059328_23501762.jpg



【コマツナギ】駒繋
 本州から九州にまで分布が確認されている、マメ科の落葉低木。
 日当たりの良い草地や河川の土手などを好む。
 葉は奇数羽状複葉になり、小葉は4~5対付く。
 葉腋から総状の薄紅色の花を花序に付ける。

 名前の由来は、その植物の特性から。
 根をしっかり張り、茎も強く、
 引っ張っても中々抜けたり切れたりしないことから
 馬も繋いでおく事が出来そうな木と言う意味で、駒繋ぎと呼ばれる。

 マメ科
 学名:Indigofera pseudo-tinctoria
 花期:夏



a0059328_024257.jpg


















私が見つけたこの子は膝の高さぐらいでした♪
大きくなっても、1m程度だそうで、見た目はどう見ても草ですよね(*´▽`*)

始めに見つけたときは、遠くから見ていたこともあったのかもしれませんが、
「夏咲きのヤマハギ!?」なんて思っちゃいました・・・
もちろん、近くで見ると、花の形状が違うので、
ヤマハギでは無い事が解かったのですが。

a0059328_075356.jpg


凄く可愛い色合の花ですが、見た目に似合わず凄く強い子です。
園路から随分とはみ出していた子で、
園路際の草を抜こうとした従業員さんが頑張っても引っこ抜けず、
最終的にノコガマのようなもので刈っていたぐらいでした( ̄△ ̄;)ゞ

本当は刈るのも勿体無い、可哀想なぐらいにキレイな花ですが、
園路を歩いているとやっぱり、躓いたりとか歩きづらかったり、
人が歩く事を目的としている事を優先とするなら切るのも仕方無いのかもしれません。

でも、ノコガマで刈ったということは、来年には萌芽更新するんでしょうか?
まさか、コマツナギの狙いはそこにあるのかな?( ̄△ ̄;)ゞ





a0059328_23355923.jpg
ハガキサイズの用紙に印刷して、ファイルに閉じて、フィールド図鑑に活用しよう♪
*商用の利用は禁止です
5月12日はれ


にゃんぱち はゆです♪




ふと、高いところに白く、ウネウネと咲く花を発見。
どうやら樹木の花のようで、妙に大降りで、気になって撮影(*゜―)■*

後から、木の幹を見て、すぐに何か解かりました(≧▽≦)
















a0059328_22453413.jpg



 【ニセアカシア】針槐
  日本全土に生息が確認されている北米原産外来種のマメ科の落葉高木。
  明るい場所で過湿な土地を好む。
  高木で20mほどになり、初夏の頃に白い花を総状花序状に下げる。
  別名に代表されるように茎にはトゲが見られる。

  日本へは明治の頃に持ち込まれたと言われ、
  成長が早く、痩せた土壌にも適応し、大型の花を付けることから、
  街路樹や砂防の緑化などに植栽されたのが野生化したといわれる。
  ただし、横風などで折れ易く、茎には針が見られる事から嫌われる事もあり、
  強い生命力から他の在来種を圧倒し、
  外来生物法にある要注意外来生物リストにも記される。
  完全な駆除は難しいとされる。

  また、樹皮には毒があると言われ、
  樹皮を食べた馬などが中毒症状を出す事もあると言う。

  名前の由来はその花の形状から。
  アカシアに良く似たマメ科の花を付けるが、
  アカシアには茎にトゲが無いのに本種には茎にトゲがあることから
  偽者のアカシアという意味のニセアカシアと呼ばれる。
  また、ハリエンジュの名前の由来も同様に
  エンジュに良く似た形状をするが、茎にトゲが見られる事から、
  トゲのあるエンジュということでハリエンジュと呼ばれる。
  漢字で針槐と書くが、これは中国の漢名より当てられた。

  マメ科
  学名:Robinia pseudo-acacia
  別名:針槐(はりえんじゅ)、禿山縛(はげやましばり)、禿縛(はげしばり)
  花期:夏



a0059328_23125639.jpg

















最初見たときは、花の大きさにビックリしましたが、
調べてみるとやっぱりマメ科。
マメ科の特徴的な花を付けていますね。





そんなニセアカシアですが、どうにも繁殖力が強いようです。

まず、マメ科の特徴である窒素を地中に溜め込む性質を持っています。
田んぼの肥えにするためにゲンゲの種を撒いたりするのも同じ理由ですが、
その空中の窒素を閉じ込める事で、痩せた土地でも優先的に成長するようです。

しかも、成長が早く、芽生えから1年で2mほどまで成長し、
あたりの木々が大きくなるより早く大きくなり、
すぐに日陰を作り、他の植物を圧倒して追いやってしまうようです・・・

しかも、折れ易い性質がある所為か、萌芽更新に強い植物のようで、
駆除するのも非常に難しいと言われています(`・ω・´)





ここでもまた外来種問題。
自然生態園でも結構な数のニセアカシアを見ますので、
かなりの注意が必要な子かも知れません・・・
5月10日 はれ


にゃんぱち はゆです♪






自然生態園の逆様池の周りをのんびり歩いていると、
石垣のところで、フジの花のように小さな花をたくさんつけた植物がありました♪
た~くさんの花がとても綺麗だったので写真にパシャリ(*゜―)■*

そういえば、去年もこの植物を撮影した事があります♪
群生している姿がとってもキレイ(≧▽≦)
















a0059328_21155169.jpg



 【ナヨクサフジ】弱草藤
  日本全土に分布が確認されているヨーロッパ原産帰化植物の越年草。
  やや湿度のある、日当たりの良い場所を好む。
  秋の頃に芽生え、年を越えて春の終わりごろに赤紫の花を咲かせる。
  飼料・緑肥用に日本に持ち込まれたものが野生化したと言われる。

  似た種にクサフジやビロードクサフジと呼ばれる種がある。
  在来種のクサフジは花の胴が短く、花柄が萼の先に付くのに対し、
  本種はクサフジに比べ、花の胴が長く、花柄が花の横に付く。
  また、ビロードクサフジは茎が太くて毛が多く見られるため見分けが付く。

  名前の由来は、その花の形状から。
  藤の花に似た花を付ける草であることからクサフジと呼ばれ、
  本種は茎が細いために"弱いクサフジ"と言う意味でナヨクサフジと呼ばれる。

  マメ科
  学名:Vicia villosa
  別名:ヘアリーベッチ
  花期:夏



a0059328_21262174.jpg

















相変わらず群生していますね。
群生すると、その色合がとっても美しいのですが、
海外からの帰化植物だったりします。

a0059328_21273040.jpg


ゲンゲの種を田に撒いて作るゲンゲ畑同様に、
このナヨクサフジの種を他に撒いて作るナヨクサフジ畑もあるそうです。
同じくマメの仲間ですから、田んぼに良いということですね(≧▽≦)
4月26日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



前回紹介した、シロツメグサの別名はハナゲンゲ

では、今日は花では無いゲンゲの紹介です(゜∇゜)!?
















と言うのはウソで、ゲンゲの紹介です(*´▽`*)
















a0059328_21161874.jpg



 【ゲンゲ】紫雲英
  日本全土に分布が確認されている中国原産、マメ科の越年草。
  やや日当たりの比較的良い周りに背の高い草の少ない草地などを好む。
  春の頃に淡い紫色の花を一列に輪生して咲かせる。  

  マメ科の植物には空中窒素の固定能力を持つ。
  これは根に根粒細菌を強制させているためで、
  また大豆などにも言えるようにタンパク質も豊富であり、
  こういった特性からその昔は緑肥として利用されていた。
  田んぼなどにゲンゲが一面に咲き誇るのは、
  そう言った利用目的で秋の頃に種を撒いていた為であり、
  近年そう言った田んぼが少なくなったのはゲンゲに変わる化学肥料が
  より多く利用されるようになってきたためと言われる。

  名前の由来は諸説があるのだが、
  一般的に言われているのは花の形状から。
  花が連なって咲く姿から蓮を想像するため、
  "蓮華"と呼ばれるようになったといわれる説がある。
  また、漢名としてある翹揺を音読みでゲンゲと読んだという説も残る。
  漢字では紫雲英と書くが、ゲンゲ畑の姿を紫色の雲に見立てて
  "紫の雲の花(英)"と言う漢字が当てられている。

  マメ科
  学名:Astragalus sinicus
  別名:蓮華草(れんげそう)
  花期:春  



a0059328_21281635.jpg

















標準和名では一般的にゲンゲと呼ばれています(`・ω・´)
これは漢名である"翹揺"の音読みからだと言われますが、
別名の蓮華草とも音が似ていますね。

どちらが先に言われ始めたことか解かりませんが、
翹揺 → (音読みで)ゲンゲ → (訛って)レンゲ → レンゲソウと変化したと
そう考えた方が自然に感じますね。

a0059328_21345437.jpg


ゲンゲは花が一列に輪生するわけですが、
シロツメグサはそれが何重にも花が咲いていきます。
花の形も同じマメ科なので、良く似ています。

なるほど、シロツメグサの別名がハナゲンゲと言うのも良く解かりますね(*´▽`*)
4月26日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



春に花を咲かせる植物で白い植物の代表といえば
やっぱり、ホワイトクローバーと呼ばれるシロツメグサですよね(*´▽`*)

前回紹介しました、ジシバリなどと似た草地を好み、
どちらも同じように群生しようと広がりますが、
二つが混生している姿はあまり見かけない気がします・・・なんでだろう?(´・ω・`)
















a0059328_19253850.jpg



 【シロツメグサ】白詰草
  日本全土に分布が確認されているヨーロッパ原産、マメ科の多年草。
  やや日当たりの良い背の高い草の少ない草地を好む他、
  葉の背が小さく、すぐに成長する事から、
  定期的に刈り取られている草地に多い。

  日本に持ち込まれた手法経緯にはいくつか言われており、
  江戸時代にオランダからガラスを輸入するときに、
  衝撃を吸収するための緩衝材として使われてたものの種が逃げた説や
  明治時代に家畜の飼料として撒かれた種が広がった説がある。

  名前の由来はその利用方法から。
  先に述べたように江戸時代にオランダからガラスを輸入するときに、
  衝撃を吸収するための緩衝材として使われてた事から、
  箱に詰める草としてツメクサと呼ばれ、
  本種はその仲間のうち、白い花を咲かせるためにシロツメクサと呼ばれる。

  マメ科
  学名:Trifolium repens
  別名:ホワイトクローバー、花翹揺(はなげんげ)
  花期:春~秋



a0059328_19415331.jpg

















さて、学名のTrifolium repens
匍匐する3枚の葉と言うのが語源ですが、
稀に見られるのが 四葉のクローバ(≧▽≦)
幸せの四葉と言われるヤツですね。

キリスト教などでは四葉を十字架に見立てることから、
幸せの四葉と言う話が今に残っているそうです♪

1本、四葉の葉を見つけると、その付近には他にも四葉を見ることが出来るそうで、
逆に三つ葉しかない場所はどれだけ探してもまず見つからないそうです。

・・・と言うのにも理由があるそうで、
遺伝子的に四葉になり易い固体が居るんだそうです。

そこでとある方が四葉と四葉を掛け合わせて成長を見てみたところ、
その種から生まれてきた葉もまた四葉になりやすい事が解かったそうです。
更に掛け合わせることによって18枚葉までになった固体もあるとか・・・
そちらはギネスに申請し、公式記録を残しているそうですが・・・

4枚でも滅多に見つからない(見つけられる人は一目で見つかるそうですが)のに
18枚葉とか・・・ありえませんね( ̄△ ̄;)ゞ




随分昔に、四葉は成長途中の葉が踏みつけなどによって傷付き、
そのまま成長して出来た奇形・・・なんて話を聞いた事がありますが、
こういった研究成果が出ていると言うことは
やはり遺伝的なものなんでしょうか(*´▽`*)