9月6日 晴れ 時々 雨


にゃんぱちはゆです♪





9月6日、良く晴れたこの日、
自然生態園で園内の草刈作業が行われましたヽ(≧▽≦)ノ



ここでは「選択的草刈が行われます。

a0059328_2239921.jpg


はて?選択的草刈って何?」って思われた方のために説明を。

普通の草刈の場合、
草地に草が生えた「雑草を草を刈る事」が目的ですよね?
つまり、極端な話、雑草を刈ることが出来るなら、丸坊主にしちゃっても良い。
草刈機でぶぃ~~~~~んってな感じで刈り飛ばしちゃえばokな訳です。

しかし、自然生態園のこの場所では、
希少種及び在来種の内、繁殖能力の低い固体を守ると言う場所。
そういったものの総称を仮に「保全種」とし、
保全種を保護する事を目的としています。

・・・では、実際にどうするのか?

a0059328_2222983.jpg


まず、植生をチェックして保全種と駆除種を簡単に識別します。
この草地では駆除種として次の種類があげられます。

 ・セイタカアワダチソウ(外来種)
   → 根っこから引き抜きます。
 ・メリケンカルカヤ(外来種)
   → 根っこにカマか剪定バサミを根際の土中に差し込んで根っこを切ります。
 ・タカサゴユリ(外来種)
   → 根っこから引き抜きます。
 ・ヒメムカシヨモギ(外来種)
   → 根っこから引き抜きます。
 ・ススキ(繁茂種)
   → カマで刈ります。

・・・といった感じで狙った獲物のみを刈り取って行きます。





2枚目の写真では青いワイヤーが地面に埋まっているのが見えますか?
あのワイヤーのある場所には保全種が。
それは「芽生え」だったり、「固体」だったりするのですが、
保全種を守りながら、駆除種を刈るのが本当に大変なんです。

例えば、駆除するセイタカアワダチソウの葉と
保全するノコンギクの葉は慣れるまで見間違いそうになります・・・(・ω・;)ヾ





a0059328_2238218.jpg






選択的な草刈を行うわけですから、
普通に草刈をする事と比べたら非常に効率が悪いです。





a0059328_2311227.gif





一日掛かりで、これだけ・・・。

















やっぱり、この効率の悪さを見ると、
そんなまどろっこしい作業はやってられない」なんて人もいます。
でも、最初にも少し書きましたが、
飽く迄、「草を刈る事」が目的ではなく、「保全種を守る(増やす)事」が目的ですから。

また、「昔の里山はそんな風にしなくてもちゃんと種は残っていた
なんて事を言う人もいます。
もちろん、そうかもしれませんが、
ここで行っている「選択的草刈」は
保全種を効率よく守る(増やす)事に適していたりします。

このバランスが非常に難しかったりもするのですが・・・





次回は、この作業中に見られた子たちをのんびり紹介していきましょうか♪

















そうそう・・・
8月~9月の記事を見ていて気づいた人いますでしょうか?
実はすべて携帯電話のカメラでした。

と言うのも、Nikonのデジカメが故障していたのです。
修理にだしてようやく返ってきたので
今回の記事からNikonのカメラで撮影出来ているのですが・・・

修理代がたかいんじゃぁ―――    (ノ ゜△゜)ノ ==== ┻━━┻
by mikenekohanten | 2008-09-06 20:17
6月25日 はれ


にゃんぱち はゆです♪




以前、ジュンサイの可愛らしいお花を記事にした時に、
チラッとジュンサイの間引き作業のお話をしました(≧▽≦)

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ジュンサイ】

ジュンサイは場所によっては貴重な植物でもあるのですが、
自然生態園では間引きの対象とされているのです。

















自然生態園では守りたい植物と言うのがいくつかあります。
基本は在来種。
その中で、希少種や数が少なくなりつつある植物などを重点的に保全されます。

ジュンサイなども、場所によっては貴重視される植物ですが、
自然生態園の"逆様池"ではご覧の通り、びっしりと蔓延ってしまいます。
逆様池の環境が、ジュンサイが育つための環境にピッタリなんでしょうね。

しかしながら、逆様池では守りたい植物が他にもあるため、
その植物を圧迫し得るジュンサイは間引きの対象となるのです。





a0059328_240227.jpg






ジュンサイが繁茂するとイロイロな変化が逆様池で起こると考えられます。

例えば一例ですが、
ジュンサイは浮葉を持っています。
上記の写真では一面に蔓延っているのがそれですね。
池の上で浮葉が蔓延ると水面で光が遮断されるため、
水中にまで光が届きません。
水中内で光合成を必用とする植物は衰退傾向になりますし、
水温も光が遮断された状態とそうでない状態では変化が現れます。

また、多くの浮葉があるということは、
冬に枯れたときに池底に蓄積する葉も多いということになります。
結果水深の上昇やヘドロ化、ガス発生などにも繋がります。
そう言った環境を好む植物が現れる事もありますし、
逆に、そう言った環境が苦手な植物も多くあります。

自然生態園の逆様池では
そう言った環境が苦手な植物などの中に守りたい植物が居るため、
ジュンサイを間引く作業を行っているのです。





a0059328_2495054.jpg






さて・・・ジュンサイの間引き作業ですが、
写真のように池にボートを浮かべてジュンサイを腕に絡めて抜き取ります。

この作業が中々の重労働。
腕に絡めたら、根っこが非常に頑丈で、ジュンサイ特有のニュるニュる・・・
抜こうとすると腕を締め付けます。
頑張って引き抜いても、中々根っこから抜き取る事が出来ず途中でプッツリ・・・。

本来であれば、根っこから抜き取るのが一番良いのでしょうが、
それでも、間引く事により起こる当面の効果は保たれていると言えます。





a0059328_3345122.jpg






自然生態園ではこう言った作業によって「固体保護」を行なっています。

通常、自然と言うものは変化します。
例えば、池を自然に任せて放置していれば
長い年月をかけて池底に多くの物が蓄積しやがて湿地となります。
湿地を自然に任せて放置すれば、また長い年月をかけて陸地化します。
そんな中で、地震や山崩れなどが起こったとき、
窪みに水が溜まったり湧き出たりする事で新たに池が出来ることもあります。
こう言った状態を遷移と言います。
上では池を例に出しましたが、これは一般的に湿生遷移と呼ばれます。

こう言った長い年月をかけて自然の環境は移り変わっていくのですが、
この"遷移"を"自然"であると言う人もあれば、
"遷移"の途中の過程を切り取り、その切り取った部分を"自然"とする人も居て
間々、その間で議論される話を聞く事があります。
まぁ、私個人の意見としては「どちらも自然」にしか見えないのですが・・・。

結果、何を守りたいのか?によって考え方は変わってしまうんですよね。

そして、自然生態園では守りたい植物を守る作業として
このような作業を行っているのです。

ただし、稀にそれをもって
「自然を守る」と言う人がいらっしゃいますが、基本的にそれは間違いです。
それは決して自然保護でなどではなく、
個体保護でしか無い事をしっかり胸に留めておかなければなりません。
by mikenekohanten | 2007-06-25 02:35 | イベント
5月7日 はれ


にゃんぱち はゆです♪



先の5月7日の記事で田んぼで見られる生き物をいくつか紹介してきました。

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【トノサマガエル】
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【シュレーゲルアオガエル】
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【ケラ】





このときの画像を見てピンと来た方は鋭いですね♪
全ての写真で水面が濁っているのが解かります♪

実は、これらの撮影を行なった場所は田んぼなのですが、
田んぼが濁る作業を行なっていたのです(`・ω・´)
















a0059328_23171332.jpg

自然生態園の田んぼは基本的に不耕起栽培を行なっています。
田んぼを耕さない農法として、近年開発された新しい農法です。
他の生き物との共栄も一つの考え方としてあります。

けれど、一応、苗代では苗が元気に育つように少しだけ手を入れます( ̄△ ̄;)ゞ





a0059328_23172662.jpg

自然生態園の田んぼはそれほど広くないので、
小さな面で苗床を作っていきます。





a0059328_23174910.jpg

ボランティアさん達は手馴れた様子でどんどんと形を作っていきます。
やがて、畦を塗り固めて一度休憩。
と言っても、のんびりやっているわけでは無く、
畦がちゃんと乾かないと、畦の塗り付けの先が出来ないのです。





a0059328_2318475.jpg

畦の塗りつけも終わり、苗床も完成したら播種作業。
事前に少しだけ芽出しを行なっておいた籾を苗床に撒いていきます。
多すぎず、少なすぎず、均等にゆっくりと播種を行います。





a0059328_23181918.jpg

そして、その播種された上から覆土をして、苗代作業終了です。

















この後に大切になってくるのは水の量。
苗床面より水が多すぎると、籾が流れる恐れもあり、
また、籾から出た根が地面の下にもぐらず、空に向けて伸びたりします。
逆に水が少なすぎると、籾が上手く育たない他、
スズメなどが籾を見つけて食べちゃいます。

この微妙な水の感覚。
その日の天気などを見て毎日のように頻繁に調整します。
昔ながらの方法で水戸を調整して管理していきます・・・。

















こんな作業をしていて、田んぼに水を居れ、
その田んぼをクワで掘り返したりしていたものだから、
シュレーゲルやトノサマ、オケラなどが水面に慌てて出てきちゃったのですね( ̄△ ̄;)ゞ

驚かせて申し訳ない(*゜―゜)ヾ
by mikenekohanten | 2007-05-07 22:46 | イベント
5月5日 はれ


にゃんぱち はゆです♪





前回、2月25日に行なったフトイ刈りのレポートを書いたのですが、
今回は枯れたフトイを撤去した後がどのようになったのか?
その後のレポですっ!!!

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【フトイ刈り・撤去作業】
















a0059328_2164645.jpg


フトイがキレイに芽生えて、伸びてきて、沢山広がって
5月の始めには美しい新緑を見せてくれますね(≧▽≦)



さて、前回の記事では実験を行なっていました。

枯れたフトイが一面の田んぼを半分に割って、
半分は枯れたフトイを刈り取ります。
半分は枯れたフトイを刈り取らずに放置します・・・

これにより、刈り取る場合と刈り取らない場合の違いを観察するのが目的でしたが・・・


その、結果はっ!?
















2月25日 刈り取り終わった風景
a0059328_23191294.jpg


5月5日 その後の状態
a0059328_21184280.jpg






半分から向こう(奥)は刈り残し、
半分からこちら(手前)は刈り取り。

刈り取った部分と残した部分で、明らかに芽生えに違いが見られます。

要因はイロイロあるでしょうが、
普通に考えると、刈り取る事で地面に沢山の光が入ります。
フトイは多年草なので根っこが残っていますから、
刈られた方は新しく芽生えようとする力が強くはたらくのでしょうね。

















a0059328_2153525.jpg


この角度から見ると、色栄えが一目瞭然ですね♪
人が手を入れることでここまでキレイに芽生えます。

人が手を入れた自然、人が手を入れない自然。
イロイロな考え方がありますが、
自然生態園では多くのお客様が訪れ、
自然を見て回る場所と考えると、
やはり、新緑が目に飛び込んでくるほうがキレイですよね(≧▽≦)
by mikenekohanten | 2007-05-05 21:00 | イベント
2月25日 くもり


にゃんぱち はゆです♪





2月25日、曇りの日。
自然生態園ではインタープリターボランティアさんの手によって
フトイ田の枯れたフトイの刈り取り、撤去作業が行なわれました(`・ω・´)

自然生態園が開園した当初はたった数株しか確認されなかったフトイですが、
開園から約6年間たち、
今では北の谷の休耕田の1枚を埋め尽くすほど繁殖しています。
これが初夏の頃に田んぼ一面のキレイなフトイ田を見せてくれるのですが・・・





これまでは放置していたこのフトイ田。
しかし、良く見ると枯れたフトイが随分と蓄積しているのが解かります。

その田を見てインタープリターボランティアさんの1人が
枯れたフトイを刈り取って撤去した方が、
 その後の芽生えがキレイに見られるんじゃないかな?
」と提案し、
今回、その枯れたフトイの刈り取りと撤去作業を行う事になったのです(`・ω・´)
















a0059328_2302975.jpg


田んぼから立ち上がった、やや枯れた植物。
田んぼ一面に見えて居ますが、これ、ほぼ全てフトイが枯れたもの。
これを刈り取っていきます。

・・・と言っても、全部を刈り取るわけではありません。

今回の作業・・・実は実験も兼ねていたりします。
実験内容はどういったものかというと、
非常にシンプルなもので、
田んぼの半分をノコガマを刈り取ります。
残りの半分は刈り取らずに、そのまま放置します(`・ω・´)

つまり、刈り取る部分と刈り取らない部分を作る事で、
その後の環境の経過を観察し、
どのような違いが出るかをチェックするのが目的だったりします♪

















a0059328_236838.jpg


刈り取りを終えると畦直しなども行ないます。
これまでフトイが生えたい放題になっていた環境ですから、
枯れたフトイは必然的に田んぼに蓄積していきます。

すると、田んぼの中で遷移が進み、
田んぼの底が徐々に浅くなっていくんですね。

そうすると畦が崩れ易くなり、
休耕田になっている水田も徐々に陸地化されてきて、
湿生の植物が姿を消してしまうので、
畦を手直しし、少しだけ深くしてあげる必要もあります。

















a0059328_23104472.jpg


刈り取り途中で見つけたのはコレ。
枯れたフトイで作った鞠のような物体。
恐らくはカヤネズミの巣であると思われます。

古い巣で中身はカラッポ。
繁殖期は暖かい地方で初夏と秋と2回あるそうですが、
コレは去年の秋の巣かな?

フトイの影に隠れるようにして巣を作って、子育てしていたんでしょうね(≧▽≦)

















a0059328_23102432.jpg


刈り取られたフトイは見ての通り、リヤカーに山盛り♪
こう言うのを見ると「仕事した――――――っ!!!」って気になりませんか?

















a0059328_23191294.jpg


コレが刈り取り後の風景♪
田んぼを半分に割って、半分を刈り取り、
半分は枯れたフトイをそのまま残しています・・・

コレが、初夏の頃の芽生えでどのような変化になるのか・・・
報告は次回っ!!!
by mikenekohanten | 2007-02-25 22:40 | イベント