12月5日 雨

にゃんぱち はゆです♪



出雲にお出かけの巻 その4です♪

 初めから読むにはこちらから
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲にお出かけ・・・】 その1
















さて、前回までの石見銀山の観光。
続いて出雲大社まで車を走らせます。
日本海の横をずずずいっと走っていたのですが、中々の強風。

物凄い風と、白波が見えます。
やや走り抜けた先で車を駐車できるちょっとしたスペースを見つけたので、
車を止めて日本海を見る事に・・・。



a0059328_23581145.jpg

風が轟々と響きます。
髪の毛は乱れ、吹き飛ばれそうな勢い・・・

そんな中で広場に目をやると何やら鐘のオブジェ・・・



a0059328_23553190.jpg

どうやらカップルで訪れて、2人でこの鐘を鳴らせば結ばれる・・・
・・・と言う良くある仕掛けのようです♪

 →道の駅キララ多伎施設紹介 : キララ多伎

愛の鐘と幸せの鐘の2つがあり、
カップルで手を繋いで互いのベルを鳴らすそうです♪

これはどうやら私には無縁の代物のよう。( ̄△ ̄;)ゞ



a0059328_05158.jpg

物凄い風に揺られるカラス(?)。
流石にこの風は辛そう・・・。



a0059328_065680.jpg

振り返ると風力発電の風車かな?
さすが風が強い事だけはあります♪
太陽を背に雄大に、その存在を見てつけていました(*´▽`*)
















さて、愛と幸せの鐘を後にして、車をどんどんと走らせます。
石見銀山を出て、約1時間半ほど経ったでしょうか・・・

ようやく、出雲大社の駐車場に到着したのですが・・・
時計を見ると13時になろうとしていました。
ここは先に食事をしようと立ったのです(`・ω・´)





まず、お蕎麦屋さんの老舗として、お友達から紹介されたお店・・・
それは荒木屋。
心ウキウキと、お店の近くまで通りかかると・・・

水曜日・定休日と電信柱の広告・・・

荒木屋、今日休みや―――→。゚(゚つ△T゚)゚。

これを見た友達全員が電信柱の広告に唖然としたものです。



ただ、目的が出雲大社であったため、
近くでお蕎麦を食べようということで、選んだのがそば処・田中屋でした♪



a0059328_0155391.jpg

入り口は中々お洒落な感じ。
中もキレイなモダン和風と言った感じで、若い子向けのレイアウト。
あっさりと入りやすいお店のつくりでした(*´▽`*)

 →そば処 田中屋/ホットペッパー.jp



a0059328_0171558.jpg

はゆさんのお友達は三色割子蕎麦。
う~んっ!!!
割子蕎麦もおいしそだなぁ―――ッ!!!!



a0059328_0183484.jpg

出雲蕎麦といえば三色割子蕎麦ですが、
はゆさんは定番を頼まずに、とろろ蕎麦の温を頂きました(`・ω・´)
理由は2つ。
蕎麦は温の方がすきという事と、
風が強かったので身体を温めておきたかったのです( ̄△ ̄;)ゞ

温は、香川県のうどんで言うところの「釜揚げ」状態。
どんぶりに蕎麦と蕎麦湯。
横の小さな徳利には甘目濃い口のそばつゆが入っていて、
この釜揚げの"蕎麦湯"の上から好みで適量をかけていただきます(*´▽`*)

出雲蕎麦にしては麺が細い感じがしましたが、
つゆとの相性は良いようで、これが中々の美味♪
蕎麦は茹ですぎず、丁度良く歯ごたえもあって若い子に受けそうな味わいでした♪





こうやって昼食を食べ、栄養を取ったところで、
今回の目的である出雲大社へと向かいます・・・





って事で、次回は"出雲大社"へブッコミだッ!!!
出雲におでかけの巻 その5へ続くっ!!!

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲にお出かけ・・・】 その5
by mikenekohanten | 2007-12-05 04:00 | 雑談
12月5日 雨
にゃんぱち はゆです♪



出雲にお出かけの巻 その3です♪

 初めから読むにはこちらから
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲にお出かけ・・・】 その1










さて、石見銀山の出口からどんどんと降りてきて、道もアスファルトになり、
民家の数がどんどんと増えてくるようになります。



a0059328_23341269.jpg

私の子供の頃は、私の家の周りもこんな感じでした♪
なんだか、凄く懐かしい記憶が蘇ります。
現場で歩いていたときはそうでもなかったのですが、
こうやって写真にしてみると余計にそう言う記憶が蘇りますね(`・ω・´)



a0059328_2033284.jpg

町の中で、見えてきたのが「ごまどうふのお店」でした♪
一緒に旅行していたお友達の1人が「結構有名なお店だよ」というので
寄り道して購入する事に♪
ごまどうふはなまものですが、そこはほら、日帰りの強みですっ!!!
(でも、一応発泡スチロールの箱にドライアイスを入れてもらいました)

お店の人のお話で「私が来る数時間前に有名人が来ていた」そうです。
TVの取材だったようですが、残念ながらあうことは叶わず。
もう少し早く降りてきていれば( ̄△ ̄;)ゞ

 →中田商店



a0059328_239238.jpg

世界遺産に認定されてから作られたであろう大きな駐車場の中央には
石見銀山の辺りの立体的な地図がありました。

・・・今、どの道を通って降りてきたんだ?



a0059328_23111752.jpg

アスファルトの道にこんなものまで埋め込まれていた。



a0059328_23123314.jpg

こちらは自動販売機。
恐らくは周りの景観を壊さないようにと
自動販売機をこうやって囲っちゃってるんだろうけど、逆に目新しい感じですよね。
これ、ジュース補充員さん、大変だろうなぁ・・・( ̄△ ̄;)ゞ



a0059328_23141893.jpg

こちらは「手紙屋」です。
群言堂と言うお店の正面にあり、手紙や封筒などを販売しているのですが、
このショーウィンドウ・・・気になりますよね(*´▽`*)
実はこれ・・・普段、キムチさんが寝ている寝床だったりするんです♪



a0059328_2329177.jpg

行き成り、キムチさんて言われても困りますよね?
群言堂と言うお店の看板猫だったりします♪
残念ながら私たちが訪れたときはそこに居ませんでした。
群言堂の方にお出かけしてたのかな?
ちょっと残念でした・・・(ФωФ)

 →石見銀山生活文化研究所:群言堂



a0059328_2337760.jpg

町並みをのんびりと歩く。
写真を撮りながら・・・。
こう言う1日も捨てたのもじゃないですね(≧▽≦)



a0059328_2339499.jpg

こちらは旧大森区裁判所
名前につられて入り口まで入ると、
中で地区の子供たちの展示会が行なわれていたようだった。
本当は中を覗いてみたかったのだけど、
ややお友達からオイテケボリを喰らい、時間的にもギリギリと言うことで断念。

ちょっと残念・・・



a0059328_2342917.jpg

いい風景ばっかりで
どこをとっても絵になると言った所。

ごまどうふも美味しかったし、キムチさんには会えなかったし、
機会があれば、石見大森、また遊びに行きたい場所になっちゃいました(*´▽`*)





さて、次回は"しあわせの鐘"から"イズモソバ"???
出雲におでかけの巻 その4へ続くっ!!!

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲にお出かけ・・・】 その4
by mikenekohanten | 2007-12-05 03:00
12月5日 雨


にゃんぱち はゆです♪



出雲にお出かけの巻 その2です♪

 その1はこちらから
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲にお出かけ・・・】 その1






石見銀山から抜け出たら山の谷間だったりします。
そこから山間をくだり、石見の町並みを見ながら
最初のバス乗り場まで歩いて下るルートが一般的。

実は個人的には石見銀山より、
この谷間下り&町並みの方がテンションが上がりました♪

a0059328_2052049.jpg

友達と一緒に行っていたのですが、
こう言う山道を歩くと、ついつい植物とか撮影しちゃいます♪
それで、オイテケボリ喰らうんですが( ̄△ ̄;)ゞ

山間はやや管理が放棄された山の風景をし、竹が多く見られました。
けれど、その竹を伐採して並べている光景を目にしたので
世界遺産に登録された事もあり、再び里山の環境を戻そうとしている様子。



a0059328_19564295.jpg

とは言うものの、この谷間の風景。
山の植物と空気感にあわせて、
人が住んでいたり利用していたりする風景には目を奪われます。



a0059328_20104282.jpg

木で出来た電信柱。
演出で残してあるのか、それとも撤去できないのか。
中々面白いものです♪



a0059328_2012537.jpg

所々にこういった風景を見る事があります。
山の中の石段には魔力があります。
日本人の心を思わずくすぐるような・・・・風景ですよね♪



a0059328_20235927.jpg

降りてくる途中で民家もあったのですが、気になったのは田んぼがない事。
各家庭に小さな畑は見られたのですが、田んぼがありません。
もちろん、こういった谷間は大抵迫田で難しいと言うのもあるのでしょうが・・・
時代背景から考えると、銀山工としてこの地に永住した人たちだから、
田を作るより、銀を掘り続けたということでしょうか。



a0059328_20184826.jpg

前回の記事では「石見銀山でお客が殆ど居ない」としましたが、
この銀山下りルートに入った頃からチラチラと観光客のような方とすれ違います。
始めに乗ったバスにも数回すれ違いましたが、中にはお客様で一杯♪

朝一番だったからこそ、人が居無かったと言うわけですね(*´▽`*)
(実は元のバス停乗り場まで戻る頃にはとんでもない行列が出来ていました)










さて、次回は石見大森の町並みのご紹介っ!!!
出雲におでかけの巻 その3に続くっ!!!



 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲にお出かけ・・・】 その3
by mikenekohanten | 2007-12-05 02:00 | 雑談
12月5日 雨


にゃんぱち はゆです♪



今回は個人的な記事のお話♪
以前、イズモソバの記事を書いたと思います♪

 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【イズモソバ】

実はこの時、イズモソバを食べただけではありませんでした♪
しっかり日帰り小旅行してきていたのです(*´▽`*)
今回はその小旅行を日を、写真を追ってご紹介しようかと♪





なんと言っても日帰り旅行っ!!!
お友達数人と一緒に行ったのですが、
香川県を出たのが深夜3時っ!!!
ぶっ倒れないように頑張りながらのスタートでした(`・ω・´)

a0059328_22491580.jpg


始めに目指したのは石見銀山っ!!!
道の駅などで休憩を取りつつ、車を走らせますっ

 →【みずほ(瑞穂)スタイル】
 (道の駅・瑞穂・田所駅)

a0059328_22521979.jpg


世界遺産登録された場所で、
石見銀山までの道の途中にはこんなものまで( ̄△ ̄;)ゞ

a0059328_22535311.jpg


石見銀山の麓に車をつけると、そこからは路線バスに乗ります。
昔は石見銀山の入り口付近まで車で付ける事が出来たらしいのだけど、
世界遺産に登録されてからは車では入れず、足はこの路線バスとなります。

そう言えばこんなバスに乗ったの、すっごい久しぶり・・・
細~い山間の道をバスがゆっくりと走ること30分ほど。

 →石見銀山|島根県大田市

a0059328_22564855.jpg


石見銀山入り口に到着。
入り口ではチケットを購入・・・

中は間歩と呼ばれる人工的に山をくりぬいたような・・・
人が1人通れるくらいの細い洞穴になっています。

a0059328_2334193.jpg


中はなんと写真撮影okッ!!!
しかも、お客様が他にいないと言う、ほぼ貸切状態で
中で数枚撮影させていただいたのです(*´▽`*)

a0059328_235622.jpg


洞穴を抜けた辺りには、
銀山の歴史がわかり易くパネルにされていました。

洞穴の中は意外とあっさり。
ものの15分もあればすらっと抜け出れるぐらいの大きさ・・・
最初は、これで世界遺産っ!? って感じもしたのだけど、
後からいろいろと聞いてみると、
この付近の山にはこんな"間歩"がいたるところに開いていて
その山全体、町全体を一つの世界遺産として認定されているのだとか・・・
(観光で入れるのはその1部と言うことですね)

なるほど・・・世界遺産、奥が深しっ!!!(`・ω・´)










出雲におでかけの巻・・・ その2に続くっ!!!!!
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【出雲におでかけ・・・】その2
by mikenekohanten | 2007-12-05 01:00 | 雑談
12月5日 雨


にゃげろっちぇん はゆです♪



今日、ご紹介するのはイズモソバです(≧▽≦)

・・・って、あえてカタカナで書いてみるφ(._.*)





実はですね・・・
先日から、数人のお友達のブログサイトなどで
「お蕎麦のお店」が紹介されていたり、
リアルのお友達とも、何人か美味しいお蕎麦屋さんの話題で盛り上がったりして、
すっごく口の中が「お蕎麦食べたい症」になってしまったのです♪




そこで、お友達と一緒に美味しいお蕎麦屋さんに食べに行くことにしたのです♪

















まず、お蕎麦屋さんの老舗として、お友達から紹介されたお店・・・
それは荒木屋
心ウキウキと、お店の近くまで通りかかると・・・

水曜日・定休日と電信柱の広告・・・

荒木屋、今日休みや―――→。゚(゚つ△T゚)゚。

















って事で、荒木屋は縁が無かったと言うことで、また次回に・・・。

その次にお勧めのお店はこちら♪
そば処・田中屋

a0059328_19414375.jpg


入り口を見て思ったこと・・・
香川県坂出市で育った私としては、
この田中屋のお店のマークが鎌田醤油のマークに見えて仕方がなくって・・・( ̄△ ̄;)ゞ
 →寛政元年創業 鎌田醤油
なんで、同じマークなのっ!?!?!?



中に入ってみると、和な感じだけど、若い子向けのレイアウトで
あっさりと入りやすいお店のつくりでした(*´▽`*)

出雲蕎麦といえば三色割子蕎麦ですが、
はゆさんは定番を頼まずに、とろろ蕎麦の温を頂きました(`・ω・´)

a0059328_2015584.jpg


温は、香川県のうどんで言うところの「釜揚げ」状態。
どんぶりに蕎麦と蕎麦湯。
横の小さな徳利には甘目濃い口のそばつゆが入っていて、
この釜揚げの"蕎麦湯"の上から好みで適量をかけていただきます(*´▽`*)

出雲蕎麦にしては麺が細い感じがしましたが、
つゆとの相性は良いようで、これが中々の美味♪
蕎麦は茹ですぎず、丁度良く歯ごたえもあって若い子に受けそうな味わいでした♪

















続いて2件目は・・・
本家 大梶

a0059328_2017655.jpg

 注)写真は駐車場です

お店は小さく、大衆食堂のような雰囲気を出しています。
香川県でうどんを食べている私としては、こう言うお店って凄くスキ♪
お昼の時間を過ぎていた為か、平日だった為か、
お店には誰も居なくって、独占状態♪
店から出てきたおばちゃんとおっちゃんはちょっと無愛想な感じでしたが、
「そうそう、コレコレ、これで不味かったら、机ヒックリ返したるっ!!!」と言うノリ(≧▽≦)

メニューを見て、即注文♪
頼んだのは、やはり三色割子ではなく・・・温♪
今回は月見そばです(≧▽≦)

a0059328_20291977.jpg


これに、甘目濃い口のそばつゆをかけて、卵を潰してかき混ぜて食するっ!!!
蕎麦はやっぱり少し細いと感じるものの凄く蕎麦の風味が強くって、
卵と甘目濃口のそばつゆの相性がバツグン♪
谷川米穀店の釜玉を彷彿とさせる美味しさです(*´▽`*)

麺好きのはゆさんとしては、もう満足ですっ!!!

いやぁ~
うどんも良いけど、蕎麦も良いですよね(*´▽`*)
ちょっと、お値段が「讃岐のうどん」って訳には行きませんが・・・
この味なら満足の2件でしたっ★





あっ、
この今日の記事は「雑談」ですヽ(*゜▽゜)ノ
by mikenekohanten | 2007-12-05 00:00 | 雑談
3月14日 くもり


にゃんぱち はゆです♪





突然ですが、次の写真を見てください。

















a0059328_2151897.jpg

















茶色く変色した水溜りが見えます。
この色を見て「キレイ」と思いますか?
それとも、この色を見て「汚れている」と思いますか?

















実はこれ、自然生態園にある田んぼの1つです。

色だけ見ると、とてもじゃないですが「キレイ」には見えませんよね。
私も、この水を見るたびに、
「何でこんなに汚れているんだろう?」なんて思っていました。
もちろん、ここは自然生態園の中ですので、
汚水が大量に流れてくることは、まず何か問題が無い限りありえません。
なので、地質の中の何かが作用しているのだろうとは思っていたのですが、
それでもやっぱりキレイには見えないんですよね。



でも、見た目に騙されてはいけません。
この水はキレイなんですっ!!!





実は、はゆさんが尊敬する先生の中の一人、あなぐま先生
人が飲める飲めないは別として、この水は非常にキレイである」と言うのです。

















a0059328_2205031.jpg

















実はこの水、流水では無く、止水に当たる場所の水溜りです。
つまり新しい水が それほど流れ込んでこない場所にあります。

すると、その水の中に居る微生物が水の栄養を食べて食べて食べて食べて
食べつくしていき、水の中の栄養素が殆ど無い状態になっているのです。

自然生態園の中の水は金気が強いため、
微生物が食べることの出来ない鉄分の要素が残り茶色く変色し、
水は栄養を食べつくされた為、俗に言う「貧栄養」の状態になっています。



野草が好むキレイな水とされるのが「貧栄養(混ざり物が少ない)」であることから、
この水は「人間が飲める飲めないは別」として
非常にキレイな水だと言えるのです!!!
















まさに目から鱗・・・
見た目(印象)で騙されてはいけないと言う典型かも知れません。

自然の中にはこう言う面白い現象があり、
調べてみると、想像していたものと違う結果が出る事があるということですね(`・ω・´)
非常に勉強になりました(≧▽≦)


















お友達のNekocchiさんのブログにはもっと詳しく金気水の説明がありますっ!!

 →そよ風の旅路 : 緑紅の道<赤い小川・金気水(かなけみず)>
by mikenekohanten | 2007-03-14 02:06 | 雑談