【ミズオオバコ】

8月2日 はれ


にゃんぱち はゆです♪




さて、やってきましたっ!!!
自然生態園の田んぼで見られる水田雑草紹介のコーナ(≧▽≦)ノ
第3回目となる今回の植物はミズオオバコです♪


ちなみに、過去の水田雑草紹介コーナはこちらっ
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【キカシグサ】
 →自然生態園へ行こう の ブログ : 【キクモ】
















a0059328_23382632.jpg


 【ミズオオバコ】水大葉子
  昔の水田などでは多く見られた一年草。
  水中に透明感のあるオオバコのような大きな葉を広げる。  
  つぼみは水面に出て、淡い薄紅色の花を咲かせる。
  花は1日で枯れてしまい、次につぼみが出てくるまでに時間がかかるため、
  タイミングを逃すと見られないこともある。

  似た種にオオミズオオバコと呼ばれる種があるが、
  これは生息環境による変動であり
  別段区別する必要は無いと言うのが一般的のようである。

  名前の由来は、大きな葉を広げる草という意味のオオバコに似た
  大きな葉っぱを水の中で広げるため、ミズオオバコと名づけられた。

  トチカガミ科
  学名:Ottelia alismoides
  花期:夏

a0059328_2349148.jpg

















お友達のさっさんに
「田んぼにいっぱいミズオオバコが出てきたねぇ」と教えていただきました♪
花が咲いていたことを聞き、翌日カメラを持って出かけると・・・





花が咲いてないっ!?





それもそのはず、ミズオオバコは一日花で一日咲くと枯れてしまうのです。
植物や昆虫を撮影するのには"タイミング"があり、
やっぱりそのタイミングを脱がすと撮影できないと言う事をマジマジと経験しました。
(結構頻繁に経験しますが・・・( ̄▽ ̄;)ヾ)

写真は次の機会に花を咲かせたものを撮影しました。
田んぼと田んぼの隙間にこっそり花を見せていますねっ!!!
凄く可憐な花を咲かせます♪

はゆさん的には、
この花も綺麗なのですが、ミズオオバコの葉が凄くすきだったりします。
薄~く透き通り、透明感がある不思議な葉っぱなのです(≧▽≦)
ご近所にある場合は是非観察して見てください♪





ちなみに、
はゆさんのご近所の溝の中にも巨大なミズオオバコが
葉を広げていたりします・・・
状態が合えば、場所はあまり選ばないのかな・・・( ̄▽ ̄;)ヾ





ちなみのちなみに。
一般的なオオバコはこちら♪

 参照
  →自然生態園へ行こう の ブログ : 【オオバコ】